SEOに効果的なカテゴリ分け|設定のポイントと注意点を解説!

SEOに効果的なカテゴリ分け|設定のポイントと注意点を解説!

みなさんは、Webサイトを構築する上で、SEO対策としてカテゴリ作成の重要性を意識したことはありますか? 一見「コンテンツを分類しているだけ」に見えるカテゴリ分けですが、実はWebサイトを検索結果上位に表示させるのに重要な働きをしているのです。

適切なカテゴリ分けがなされていれば、検索エンジンから評価され、検索結果でも上位化しやすいという傾向があります。

本記事では、SEO効果を上げるカテゴリ分けについて、以下4つのポイントから解説します。

・カテゴリがSEOに影響を与える理由
・SEOに効果的なカテゴリ
・カテゴリ分けをしたあとにすること
・高い効果を期待できるサイトの構築するためには

すでにカテゴリ分けをSEO戦略の観点で作成している方にも、役立つ情報です。上記に挙げた点でお悩みの方はぜひお読みください!

 

なぜカテゴリがSEOに影響を与えるのか?

まずここでは、なぜカテゴリがSEOに影響を与えるのか、ご説明していきます。

理由その1:検索エンジンから見た分かりやすさ

カテゴリがSEOに影響を与えるのは、検索エンジンがWebサイトをクローリングする際に、サイト構造(階層)がわかりやすくなるためです。つまり、カテゴリ分けがWebサイトの構造に影響を与えるのです。

Webサイトは、ユーザーにとって「どれだけ見やすいか(使いやすいか)」が重要になります。使いやすさ、すなわちユーザビリティが不十分だと、検索エンジンロボットおよび訪問ユーザー両者から低評価を受けかねません。また、ユーザーのサイト滞在時間もユーザビリティの低さに応じて短くなる傾向があります。

この傾向も、SEO対策としても看過できないでしょう。

 

理由その2:カテゴリ分けがよくされている

カテゴリ分けが明確、かつWebコンテンツに応じて正しくなされていれば、検索エンジンで高い評価を得られます。さらに、カテゴリ分けは、ユーザーが目的のページ(見たいWebページ)にすぐに辿り着く上で大変重要です。良質なカテゴリ分けはユーザーに好印象を与え、再アクセスされやすくなります。そして、アクセス数が増えれば、さらに良質なサイトと判断されやすくなり、上位化が期待できるのです。

このように、カテゴリ分けはSEO対策としては大きな成果になります。ただ、反対にカテゴリ分けがよくされていないと、低い評価につながってしまいます。カテゴリ分けが不十分な場合、たとえコンテンツが良くても、サイト内の関係性や重要性が正確に認知されなくなってしまうのです。その結果、大量のコンテンツを扱っているWebサイトはユーザーにとって「どこに何があるかわからない」状態になります。

 

理由その3:クローラーが論理的にWebサイトを巡回する際の助けになる

基本的に、検索クローラーは論理的にWebサイトをクローリングします。ユーザーの検索キーワードからインターネット上の膨大なデータベースにアクセスして、キーワードに一致したもの(サイト)を引き出しています。

ここでカテゴリ分けが重要になります。検索対象となるWebサイトのカテゴリ分けがWebページを把握できるようなものでない場合、検索ロボットが何にアクセスしているか正確に判断できなくなってしまうのです。その結果、検索結果の上位に表示されない場合があります。SEO戦略としては、このような結果はかなりの痛手になってしまいます。

 

SEOに効果的なカテゴリとは?

ここでは、SEOに効果的なカテゴリとは何かを解説していきます。

論理的に分類する

では、SEOに高い効果が期待できるカテゴリ分けとはどのようなものでしょうか?一つは「論理的に分類」することにポイントがあります。論理的な分類とは、階層構造を意識したカテゴリづくりのことです。

特徴は、

・1テーマに特化したブログやWebサイトづくりで、専門性を高める
・サイト運営者自身や訪問者から見ても、納得できるカテゴリ分け行なう
・カテゴリに、関係性のないテーマが混入しないようにする

論理的なカテゴリ構成にすることで、サイト内の関連性の強いWebページ同士やカテゴリ内における各グループの関連性が高まります。また、閲覧してもらいたいWebページへの内部リンクもクリック率が上がります。結果としてWebサイト全体の価値が上がり、SEO戦略で成功しやすくなるのです。

 

適切なカテゴリ数にする

SEO対策で有効なカテゴリづくりでは、その数も重要です。カテゴリは、多すぎても少なすぎても高い効果を発揮することができません。

閲覧したいページに行く際、ユーザーはカテゴリの階層をたどっていくことになります。この時にあまりにも階層が深いと、ユーザーは目的のWebページにたどり着くまでに、何度もクリックしなければならなくなります。そうなると、ユーザーはしびれを切らしてサイトそのものから離れてしまう恐れがあるのです。

 

カテゴリ名に対策キーワードを含める

カテゴリ名を考えるもう一つのポイントとして、SEO対策キーワードを入れましょう。それにより、ユーザーが検索するキーワードとの関係性を高められます。

対策キーワードは、検索結果で上位表示させたいキーワードのことです。記事名にこのキーワードを含め、またカテゴリのリンク一覧ページにも同じくキーワードを入れましょう。これらの対策により、カテゴリページが検索結果トップに浮上するSEO効果を期待できます。

 

カテゴリ分けを行ったら…?

カテゴリ作成が一通り完了したあと、次に行うことはカテゴリに沿ったコンテンツページの振り分けです。カテゴリタイトルと関係性のあるページを振り分けます。

以下は、一例です。

「SEOサイトのカテゴリ分けについて」というページ → カテゴリ「SEO対策」

それぞれのページを振り分けたら、中身が良質なコンテンツがどうかを確認しましょう。その基準は、サイト閲覧者にとって使いやすいよう細やかな気配りがされていることです。

 

カテゴリごとにページを作成する

次に、カテゴリのテーマに合わせてWebページを作成します。

その際は、キーワードに関連する内容のオリジナルテキストを追加します。これは、競合他社のサイトと差別化するために重要です。注意点として、サイトマップはWebページのコンテンツが1ページ目で掲載できる数を上回ると、次ページに表示されるようになります。そのため、上位表示させたいオリジナルの文章は2ページ目以降に載せないようにしましょう。また、2ページ以降に、1ページ目に表示させたコンテンツは含まないようにしてください。

 

パンくずリストを設置する

カテゴリに沿ったWebページが完成したら、パンくずリストを設けます。パンくずリストは、一般的にWebページ上のナビゲーションバー直下に位置しています。その機能としては、ユーザーが現在閲覧中のWebページの位置を教えてくれるものです。

パンくずリストのメリットは、たとえ複雑なカテゴリ階層であっても、ユーザーがどのカテゴリのどのコンテンツを見ているのかを一目で把握できることです。たとえカテゴリが10近くあるWebサイトで下層に位置するページを閲覧していても、現在地の確認ができ、迷うことがありません。サイト全体の階層がリンクとして表示されているので、ホームにもすぐ戻ることが可能です。

また、パンくずリストは、SEO対策としても効果があります。サイト階層に表示されているWebページには、それぞれ内部リンクが貼られています。それにより、検索ロボットがサイト内をモニタリングしやすくなるのです。

パンくずリストの設置により、Webサイトも評価されやすいという傾向があります。

 

より効果の期待できるサイトを構築するには…?

カテゴリを作るうえで、その基礎となるサイトづくりはとても重要です。SEO効果を向上させるためにも欠かせないポイントです。

しかし、場合によっては以下のような点でお困りかもしれません。

・既存のメディアでカテゴリの収集を実践したいが、マンパワーが足りない
・SEO戦略が不十分で、検索結果で上位に表示されな
・集客において、広告以外の手段での成功例がない

その場合、コンテンツマーケティング支援サービスの、ジャックアンドビーンズのSEO対策サービスが役立つかもしれません。当サービスは、メディア構築から運用までワンストップで支援するサービスであることが特徴です。

ジャックアンドビーンズでは、BtoB関連のライティングを特に得意としています。たとえ専門性の高いテーマであっても、その分野に詳しいライターがしっかり対応しています。また、完全なライティングシステムにより、高品質な記事コンテンツを低価格で提供することが可能となっています。

 

まとめ

カテゴリ分けは、Webサイトの構造を決定するので、SEO対策で重要です。SEOに効果的なカテゴリ分けを行なう際は、以下のポイントを意識すると成功しやすくなります

・階層構造を意識したカテゴリづくりを行なう
・カテゴリ数はWebサイトが掲げる理念や方針などに合わせて、関連するカテゴリを増やす
・カテゴリ名にSEOキーワードを入れる
・カテゴリタイトルと関係性のあるWebページを振り分ける
・パンくずリストは、ユーザーが「どの階層のどのWebページにいるのか」把握するのに役立つ

本記事が、SEO対策におけるカテゴリ分けに役立てば幸いです。


SEO対策カテゴリの最新記事