【SEO対策の費用は?】web集客の効果を最大化する方法もご紹介

【SEO対策の費用は?】web集客の効果を最大化する方法もご紹介

SEO対策をどのように行えばよいのか、どうすれば効果的なのかと頭を抱えているマーケティング担当者は多いです。それだけSEO対策は多様で、結果を出すのが難しいといえます。「どれだけ経費をつかってもよいからSEO対策を」という恵まれた環境ではない限り、費用に見合うWeb集客ができるかどうか、見極めることも重要です。

この記事では、SEO対策費用の相場や、web集客の効果を最大化する方法を紹介します。ぜひ御社のwebマーケティングに役立てて下さい。

 

SEO対策について

まずは、今必要なSEO対策について、過去のSEO対策と比較しながら解説します。

 

SEO対策とは

SEO対策とは、「Search Engine Optimization」の頭文字をとったもので、「検索エンジン最適化」ともいいます。ユーザが検索エンジンで検索したときに、自社のサイトやサービス・商品のサイトをより上位に表示させるための施策全般を指します。

日本で利用されている検索エンジンは、GoogleとYahoo!があわせて9割のシェアを誇っています。Yahoo!はGoogleの検索結果を利用しているため、SEO対策=Google対策を意味します。Googleに評価してもらい、より上位に表示されるようさまざまなアプローチを行うのです。

Googleが公開している「ガイドライン」に乗っ取った、ユーザにとって有益で誠実なサイト作りがもっとも重要です。

 

過去のSEO対策

過去のSEO対策には、「ブラックハットSEO」とよばれる、「ガイドライン」に沿っていないモラルに反するものも多くありました。Googleがどのように評価しているか、アルゴリズムの抜け穴を利用し、不正な方法で検索順位を上げていたのです。

一番行われていたブラックハットSEOは、「不正な被リンク取得」です。Googleでは「被リンク」が評価の対象になっています。他のサイトで引用されていたり、紹介されていたりするサイトは、その情報が「有益である」証拠ととらえているからです。

「ブラックハットSEO」では、Googleで評価される「被リンクの数」を稼ぐために、被リンクの購入や、被リンクのためだけのサイト作成を行いました。当時はクローラーとよばれる、Webの情報を集めてGoogleのデータベースに登録するプログラムの精度が、現在ほど高くなかったため、不正な手段で稼いだ被リンクも評価の対象となり、検索順位が上がったのです。

ほかにも、ユーザが見るページとは別に、クローラーに提供するためだけのページを用意する「クローキング」や、キーワードを大量にいれて自動生成された不自然な文章「ワードサラダ」などがありました。

ブラックハットSEOの手法は、Googleが掲げる「ユーザの利益」からかけ離れています。現在はクローラーの精度が上がり、これらの手法はSEO対策として効果がないばかりか、Googleからペナルティを受けるリスクもあります。Googleがユーザの利益を守るため、クローラーの精度を上げた結果、撲滅に成功したといえるでしょう。

 

モバイル中心のSEO対策

現在のSEO対策は「モバイル中心」です。Googleはユーザの利益を常に最優先し、アップデートを繰り返してきました。以前は、インターネットを利用する端末はパソコン中心でしたが、現在はモバイル、特にスマートフォン中心になっています。

総務省が令和元年5月31日に公表した、最新の「通信利用動向調査」(平成30年調査)によると、端末別のインターネット利用率はパソコンが48.2%、スマートフォンが59.5%です。スマートフォン利用率が、パソコン利用率を大きく上回っており、この差は年々開いています。Googleの評価基準は、近年のスマートフォン利用者の増加を受け、大きく変わってきています。

以前のGoogleの検索順位は、パソコンからの見やすさが評価されていました。スマートフォンからアクセスすると、レイアウトが崩れていたり表示されなかったりしても問題なかったのです。

しかし、2015年4月にモバイルフレンドリーアップデートが行われ、モバイルからどれだけ見やすく、わかりやすいかも評価基準に加わりました。2018年にはさらに「モバイルファーストインデックス」がスタート。評価の対象がPC版からモバイル版にかわり、SEO対策はまさに「モバイル中心」になったのです。

 

SEO対策の具体的手法

現在のSEO対策は、Googleの意向にそって、ユーザにどれだけ有益なサイトにするかがもっとも重要です。

Googleは、その利益の多くが広告収入です。「Googleは自分に必要で有益なサイトを正確に教えてくれる」という信頼を得て、より多くのユーザに利用してもらうことがGoogleの広告収入を増やし、利益を増やすことにつながります。

そのために、評価の精度を上げ続けているため、もうごまかすことはできません。Googleの評価を得るためには、Googleの意向にそって「ユーザの利益」を第一に考え誠実に向き合うことが大切なのです。

SEO対策として、一番に上げられるのは高品質なコンテンツを増やすことです。ユーザが検索するのは何か「困りごと」があったときです。ユーザが解決したいこと、知りたいことは何なのか、その検索キーワードから推定し、「役に立った」「知りたかったのはまさにこれ」と思ってもらえる有益なコンテンツを多く作ることがGoogleの評価に繋がります。まさに「ユーザの利益」になるかどうかが大切です。

そのためには、ユーザの「困りごと」に誠心誠意むきあったコンテンツ作りが必要になります。コピーコンテンツや根拠のない情報、事実と異なる情報などは誠意があるとはいえず、評価に繋がらないでしょう。

また内容そのものではなく、ページスピードを上げることも大切です。Googleは評価基準の一つとして表示速度をあげていますし、表示速度が少しでも遅くなると、アクセス数やコンバージョン率などに影響を及ぼす調査結果も複数あります。

ほかにもURLの正規化や、適切な内部リンクの構築などSEO対策は多岐にわたります。SEO対策はさまざまな施策の「積み重ね」が結果に繋がるため、それぞれについての知見が必要です。

 

SEO対策は代行サービスに依頼すべき?

SEO対策は、専門的なスキルと経験があってこそ、結果を出せます。たとえば電話営業なら、100件かけるより1000件かけた方が成果を出せるでしょう。しかしSEO対策は、手間や時間をかければかけるほど結果が出るわけではありません。

知識や経験のないまま、手だけを動かしても作業量に見合う成果を得ることは難しいです。どのようにすればGoogleに評価されるか理解し、度重なるアップデートにも対応、自社のサービスの顧客となりえる層にリーチするキーワードの選定など、専門的知識がなければ適切な対応はできません。作業量=予算ですので、ただただ結果の出ないものに予算をつぎ込むことになります。

また、最も難易度が高いのが「良質なコンテンツ」を定期的に増やすことです。専門的で正確な知識だけではなく、読みやすさ、わかりやすさも大切です。すべてを兼ね備えたコンテンツを社内で定期的に作成するのは、非常にハードルが高いです。

そこで、多くの企業が利用しているのが代行サービスです。代行サービスは、いわばSEOのプロ集団です。SEO対策の専門知識をもち、御社のサービスや商品の見込み客となりえるユーザに的確にリーチするコンテンツを揃え、検索上位に表示させるためのスキルと経験の蓄積があります。

代行サービスへの依頼は、社内で対応した場合に必要とする、膨大な作業量を削減するメリットもあり、SEO対策で結果をだす最善の選択といえるでしょう。

また、ゆくゆくは社内でSEO対策ができるようにしたい場合も、代行サービスを利用しながら専門的知識と経験を蓄積していくことができます。自社にあった利用方法を選べるのも、代行サービスの大きなメリットです。

 

SEO対策にかかる費用は?

では、SEO対策で代行サービスに依頼した場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか。サービスや料金体系もさまざまなので一概にはいえませんが、大まかな目安を把握しておくことはできます。

通常、料金体系は以下の3通りです。

  • 月額固定費用型…サイトの総合的コンサル、コンテンツの定期的な納入、外部SEO対策など
  • 一括支払い型…サイト設計、コンテンツの納入、内部SEO対策など
  • 成功報酬型…外部SEO対策など

これらは一般的な分類で、業者やサービスによっては、オプションや2つ以上の料金体系を組み合わせるなどさまざまです。契約の際には、多岐にわたるSEO対策のなかで、どこまでが含まれていて、どこまでが含まれていないか(自社で対応するのか)しっかりと確認する必要があります。

たとえば同じ「コンテンツ作成」であっても、キーワード選定が含まれるか、ディレクター(編集者)はつくのか、修正依頼は対応可能か、1記事の文字数はどれくらいか、発注から納品までの期間はどれくらいかなど、細かい条件は業者やサービスによって違います。

特に相見積もりで業者を比較する場合は、「1本あたりの金額はこちらが安い」など単純に比較せず、細かい点まで確認し比較しましょう。

 

内部SEO対策の費用

内部SEO対策は、URL正規化・htmlなどタグの最適化・内部リンクの最適化など、サイトの内部構造をGoogleに評価されやすく改善する施策です。基本的には一度で済むので一括支払い型が多いです。

 

内部SEO対策費用相場…10~20万円一括

 

外部SEO対策の費用

外部SEO対策は、外部から行うサイトの評価を高めるための施策、おもに「被リンク獲得」です。以前は、ブラックハットSEOが席巻し頻繁に行われていましたが、今はほとんどありません。

現在の「被リンク獲得」対策は、コンテンツSEOに力をいれ、Googleのガイドラインにそった形で行うのが常識です。そういった意味では、外部SEO対策は後述するコンテンツSEO対策に集約されているといえるでしょう。

 

総合的コンサルティングの費用

総合的コンサルティングとはその名の通り、サイトの立ち上げからコンテンツ作成まで総合的に依頼するものです。前述した内部SEO対策なども含まれます。

最初からプロに任せることで、社内の作業量の大幅な削減になりますし、専門的スキルがなくても、健全で有効なサイト運営をすることができます。ですがその分、他のサービスに比べると費用は高額になる傾向があります。また、継続してSEO対策を行わなければ成果につながらないため、目安として6ヶ月以上の契約は必要でしょう。

 

総合的コンサルティングの費用相場…1か月あたり10~50万円(サイトの規模によってはそれ以上)

 

設計コンサルティングの費用

設計コンサルティングは、おもにサイト立ち上げ時に依頼するものです。サイトを立ち上げるために必要な、調査や分析、それを元にした企画立案も含まれます。まずは、適切なサイトを制作したい場合に依頼します。

 

設計コンサルティングの費用相場…10~100万円一括(サイトの規模によってはそれ以上)

 

コンテンツSEO対策の費用

コンテンツSEO対策は、今行われているSEO対策の中でもっとも重要で、一番成果をあげることができる対策です。コンテンツSEO対策の依頼は、「コンテンツ作成」そのものを依頼することになります。

コンテンツSEO対策の成果が得られるまでには、定期的な更新と、まとまった記事の本数が必要なため、月額固定費用型で、「月○本×○ヶ月」の形で契約することが多いです。柔軟に本数を調整したい場合には、一括支払い型のサービスもあります。

 

コンテンツSEO対策の費用相場…1記事あたり数千円~10万円×本数。

 

SEO対策の費用対効果を最大化するには

SEO対策を行っているサービスや業者は多く存在します。そのなかから、うまく自社にあったサービスを見つけるためには、「何をしたいか」という目的と、「何ができるか」という現状認識が重要です。

目的にみあったSEO対策は何か整理し、その中でどこまで自社で対応できるか、予算はどの程度用意できるか検証しましょう。今、SEO対策で費用対効果が高いとされているのは、コンテンツSEOです。自社のコンテンツSEOを強化しながら、ほかの施策を行い、SEO対策の質を高めていきましょう。

 

まとめ

マーケティングの手法は、その時代にあわせた的確な施策を行うことが成果への近道です。SEO対策は、現在のマーケティング手法の中で、最も重要な施策です。ぜひ的確なSEO対策を行い、御社の業績アップにつなげて下さい。

 

SEO対策で代行サービスを利用しようとしているなら、「ジャックアンドビーンズ」がおすすめです。ジャックアンドビーンズでは、500社以上のリスティング広告の運用ノウハウを持つ広告会社です。

SEOの高い知識を持った社員が、クライアント様のサイトのSEO対策をお手伝いをします。さらに、代行サービスを利用する上で気になる費用ですが、ジャックアンドビーンズでは無駄なコストを徹底的に抑えているため、費用の安さに自信があります。

気になった方は、下記のフォームかサービスサイトよりお問い合わせください。


コンテンツマーケティングカテゴリの最新記事