【サテライトサイトのSEO効果とは?】最新SEO事情までご紹介

【サテライトサイトのSEO効果とは?】最新SEO事情までご紹介

サテライトサイト」とよく聞くが実際はどんなものなのか、SEO効果はあるのか、あるとすればどの程度期待できるのか、とお悩みの方もいるでしょう。

サテライトサイトは以前からあった手法ですが、近年その意味合いは大きく変わりつつあります。またSEO事情そのものも、その時々により大きく変換していくものです。そのため、最新の動向を常にチェックする必要があります。

この記事では、サテライトサイト構築を検討中の経営者の方や、マーケティング担当者の方に向けて、サテライトサイトにSEO効果があるのか、どうすれば効果が得られるのか、なぜサテライトサイトが必要なのかについて、詳しく解説します。 

あわせて2019年最新のSEO事情のポイントも紹介しています。サテライトサイトの基本から、最新情報までぜひこの記事でチェックして下さい。

 

サテライトサイトとは

サテライトサイトとは「衛星サイト」ともいわれ、メインサイトの効果促進を目的に作られるサイトの総称です。厳密な定義はありませんが、一般的にメインサイトと別ドメインで立ち上げたものを「サテライトサイト」とよぶことが多いです。

「オウンドメディア」と「サテライトサイト」は似て非なるもので、そもそもカテゴライズする視点が違います。

「オウンドメディア」は「自社で運営しているメディア」のことです。もともとは、パンフレットや、自社で発行する会員向け情報誌なども含めますが、通常web上で運営している「Webマガジン」や「ブログ」など「コンテンツの集合体」のことを指します。

サテライトサイト」はメインサイトの効果促進のために作られます。そのメインサイトは企業のコーポレートサイトや、メインの「オウンドメディア」です。サテライトサイトは通常オウンドメディアなので、

  • メインサイト…コーポレートサイト  サテライトサイト…オウンドメディア
  • メインサイト…オウンドメディア  サテライトサイト…オウンドメディア

という2パターンのいずれかの関係になります。メインのオウンドメディアは、コーポレートサイトと同じドメインで作成し、自社との関係をオープンにして運営されるものもありますが、サテライトサイトは基本的にクローズして、関係がわからないように運営します。

 

サテライトサイトはSEOに効果的?

サテライトサイトは「メインサイト」のSEO対策に効果的です。そのため以前は、「ブラックハットSEO」といわれ質の低いサテライトサイトが乱立していたこともありました。しかし現在は、質のよいサテライトサイトしかSEO対策になりません。逆にいえば、良質なサテライトサイトは、十分SEO対策になります。

SEO対策はさまざまな方法を組み合わせることで、最大限の効果を発揮するので、サテライトサイトも積極的に検討する価値があります。

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」と訳されています。ユーザが検索エンジンで検索したときに、できるだけ上位に表示されるように行うさまざまな施策です。

ユーザが検索した後、その検索結果のURLをクリックする確率は、当然上位表示の方が高くなります。より多くの人にメインサイトのURLをクリックしてもらえるかどうかは、どれだけ上位に表示されるかにかかっています。日本で利用されている検索エンジンは、GoogleとYahoo!で9割を超え、Yahoo!の検索結果はGoogleのものを利用しているので、Googleの対策を行います。

Googleは、「クローラー」と呼ばれるロボットでWebサイトを巡回し、その情報をデータとして記録します。その記録されたデータを「インデックス」といいます。Googleはこのインデックスをもとに、検索順位を決定します。

この検索順位決定までの流れや、評価に影響する要素を理解し、ひとつひとつ対策を積み重ねていくのがSEOです。

本サイトの被リンクを増やすことができる

サテライトサイトが、メインサイトのSEOに大きく貢献する理由は「被リンク」です。Googleの評価のひとつに「被リンクの数」があります。被リンクは外部のWebサイトが自社のサイトへのリンクを張ってくれることです。

被リンクは通常、

  • サイトの内容を引用している。
  • 明らかに特定のサイトの記述を参考にしている。
  • Webサイトそのものや、コンテンツを紹介している。

などの場合に設置されます。これはいずれも「よいサイト・参考になるコンテンツ・有益な情報」であることを、Web上で支持されている証拠です。Googleはユーザにとって有益なサイトを上位表示するという大前提があるので、「被リンク数が多い」→「多くの人に支持されている」→「ユーザにとって有益な証拠」となり、順位上昇の要素となるのです。

サテライトサイトが、メインとは別のドメインで作成されるのは「外部のWebサイト」からのリンクしか、被リンクとして認められないからです。本来の意味での外部サイトで被リンクを獲得するのが理想ですが、特にメインサイトの立ち上げ時や、認知度が低い場合、良質なコンテンツだとしても目に触れる機会が少なく、被リンクの獲得は困難です。

サテライトサイトがメインサイトの被リンクを設置し、Googleの評価の底上げに貢献することで、ユーザの目にとまる機会を増やし、コンテンツが良質であれば自然な被リンク獲得にも繋がるでしょう。

 

<最新版>SEO対策向きのサテライトサイトを構築するには

ではどのようなサテライトサイトがGoogleに「良質」と認められ、SEO対策として成果をあげるのでしょうか。最新情報を交え、具体的なポイントを3つ解説します。

モバイル版の重要性が高まっている

Googleは2015年4月に「モバイルフレンドリーアップデート」を行いました。これは、モバイルでのインターネット利用率増加を受けたものです。モバイルという小さなスクリーンでも、ユーザが見やすくわかりやすい「モバイルフレンドリー」を評価に組み入れ、「モバイルからの検索に関しての順位」に影響するようになりました。

そして2018年3月に「モバイルファーストインデックス」がスタートしています。これまでおもにPC版のコンテンツをクロールし、インデックスを行って評価に繋がっていました。しかし2018年3月からは、モバイル版のページをインデックスや評価に使用することになったのです。

モバイルからの見やすさは、

  • 2015年…「モバイルからの検索結果」のみに影響するようになる
  • 2018年…PCからの検索結果、つまり大元の「検索順位」に影響するようになる

と、その重要度が年々高まっています。

総務省が令和元年5月31日に公表した、最新の「通信利用動向調査」(平成30年調査)によると、端末別のインターネット利用率はパソコンが48.2%、スマートフォンが59.5%です。前年(平成29年)に行われた調査で、はじめてスマートフォンの利用率がパソコンの利用率を上回り話題となりましたが、今回の調査ではその差をさらに広げています。

このことからも、今後ますますスマートフォンからアクセスするモバイル版の重要性が高まっていくのは間違いないでしょう。

(出典:総務省 平成30年 通信利用動向調査の結果

被リンクで信頼性の獲得が必要

被リンク獲得の意味はすでに述べましたが、被リンクで信頼を獲得することの重要度はますます高まっています。以前は単純に「被リンクの数」が評価されていたため、「被リンクのためだけのサイト」が多く作成されていました。

ですが、そのほとんどが内容のないもの、つまりユーザにとっての有益性がないもので、Googleが掲げる「ユーザファースト」からかけ離れるものです。そのため現在では、「被リンク元のサイト」の評価も必要になっています。

つまりサテライトサイトそのものを、質のよいサイトにし評価されなければ、メインサイトの被リンクも評価されないのです。その分「質のよいサイトからの被リンク」は価値が高まったともいえます。

定期的な更新が必要

サテライトサイトを良質なサイトと評価してもらうためには、定期的にコンテンツを更新することが大前提です。どんなに良質なコンテンツであっても1つしかなければ、Googleに評価されることはありません。

毎月定期的にコンテンツを追加し更新することは、ユーザの信頼度の獲得にもつながります。もし、検索でたどり着いたページが数ヶ月更新していなければ、コンテンツを読む前にユーザの信頼度が下がり離脱してしまうことさえあります。

またコンテンツを増やすことで、検索流入のキーワードを増やすことにもつながりWebサイト合計のPV(ペーパービュー)増加に大きく貢献します。「多くのユーザに見られている」=「多くのユーザにとって有益なサイト」と評価され、SEO対策になります。

ただ、コンテンツの数を増やせば良いというわけではありません。あくまでも「ユーザにとって有益」となる良質なコンテンツである必要があります。自社で定期的に良質なコンテンツを更新し続けるのが難しい場合は、記事制作代行サービスの利用が有効です。

 

<更新頻度を安定>記事制作代行サービスがおすすめ!

SEO対策のためにはサテライトサイトのコンテンツを、定期的にかつ安定した本数で更新しなければなりません。サテライトサイトだけではなく、メインサイトの更新ももちろん必要になるでしょう。それを社内ですべて行うのは現実的には難しく、実際に多くの企業が記事制作代行サービスを利用し、サテライトサイトを運営しています。

記事制作代行サービスとは

記事制作代行サービスとはその名の通り、サテライトサイトのコンテンツを依頼できるサービスです。サテライトサイトに限らず、メインサイトがオウンドメディアの場合も多く利用されています。

記事制作代行サービスのメリット

記事制作代行サービスを利用するメリットは多くありますが、その中でも特に大きなメリットを2つ紹介します。

サテライトサイト運営のための人員を削減できる

サテライトサイト運営のためには、多くの人員が必要です。最初のサイト構築を業者に依頼したとしても、定期的な更新のための人員を常に確保しなくてはなりません。適切な人員確保ができないと、ほかの業務の妨げとなる場合もあり、特定の部署だけの問題にとどまらない事態におちいる可能性もあります。

記事制作代行サービスに依頼すれば、社内の人員確保を最小限にとどめ、円滑に業務を進めることができます。人員を最小限にすることは、方針などを共有しやすいというメリットもあります。

プロの知見でサテライトサイトを運用できる

記事制作代行サービスには、さまざまなサイトを運営してきたスキルと経験が蓄積されています。社内で蓄積しようとすると何年もかかる知見を、すぐに利用できるのです。

サテライトサイトの運営には、コンテンツ追加のほかに

  • どのようなテーマをもったサイトにするか
  • 自社のサービスにあったターゲットを想定
  • 想定したターゲットの集客に役立つキーワードの選定
  • ユーザにわかりやすくすることでGoogleの評価につなげるデザイン、UI/UXの設定
  • 適切なモバイル端末対応   etc.

など、膨大な業務が発生し、その多くがスキルや経験を必要とします。記事制作代行サービスの中には、コンテンツだけではなく自社に足りないものをカスタマイズして追加できるサービスもあります。

知見を蓄積するために、社内で試行錯誤するというのも一つの方法ですが、結果を出すためには少なくとも数年かかります。また何年たっても結果が出ず、閉鎖に追い込まれるサイトも多くあるのが実情です。サテライトサイトにかけた人員や経費を無駄にしないためにも、記事制作代行サービスは有効といえるでしょう。

 

サテライトサイトを活用してSEO対策!

いまやSEO対策は、マーケティングの中で最重要施策のひとつといっても過言ではありません。良質で適切なサテライトサイトを運営し、メインサイトの検索順位アップに貢献しましょう。

ぜひ、記事制作代行サービスを利用して、効果的なサイト運営を行って下さい。

記事制作サービスでおすすめが、「ジャックアンドビーンズ」のサービスです。ジャックアンドビーンズでは、500社以上のリスティング広告運用ノウハウを活用し、より数的な考えで記事制作を行います。また、ジャックアンドビーンズでは経験豊富な専属のライターが執筆を行うため、記事の品質にも自信があります。「記事の品質が高い=費用も高い」と思われがちですが、ジャックアンドビーンズでは無駄なコストを徹底的に省くことで、価格を抑えた記事制作を行っています。もちろん、SEO対策を意識した記事制作を行っています。

さらに、今なら記事制作1本無料キャンペーン中なので、気になった方はぜひ下記フォームまたはサービスサイトよりお問い合わせください!

ジャックアンドビーンズへのお問い合わせはこちら


サテライトサイトカテゴリの最新記事