【サテライトサイト】を続々とBtoB企業が構築している理由とは?

【サテライトサイト】を続々とBtoB企業が構築している理由とは?

近年、サテライトサイトを構築する企業が増えています。特にBtoBのサービスや商品を扱う企業では、Webマーケティング戦略のひとつとして力を入れている企業も多いです。

本稿では、なぜサテライトサイトが続々と構築されているのか、どんな効果がありどのように成果に繋がるのかくわしく解説します。これからサテライトサイトを構築しようとお考えの企業経営者、担当者の方はぜひ参考にしてください。  

サテライトサイトについて

サテライトサイトとはどのようなものでしょうか。まずは基本から解説します。

サテライトサイトとは?

サテライトサイトとは、メインサイトの集客やSEO施策のために運営するサイトです。サテライトサイトの形式はいろいろありますが、メインサイトと別のドメインを取得しているものや、あえてメインサイトとのつながりを一見しただけではわからなくしているものを「サテライトサイト」ということが多いです。

サテライトサイトを構築する目的

サテライトサイトを構築する具体的な目的は、おもに2つあります。

1つめは、被リンクを増やすことです。検索順位を上げるためには、検索エンジンに「このサイトはユーザにとって有益な情報が掲載されている」と判断されなければなりません。その判断材料のひとつが「被リンクの数」です。被リンクは、「このサイトは参考になる」ということを示し、記事のクオリティを証明することになります。

近年、検索エンジンの評価は「ユーザにとって有益か」を非常に精度高く評価し、検索順位に反映させています。SEO施策として、サテライトサイトからリンクを張ることで、メインサイトの評価を上げることができます。

2つめは、「見込み客へのアプローチ」です。メインサイトは、自社の商品・サービスに興味がある人や、自社の商品・サービスで解決できる悩みや不満を抱えている人といった、「購買行動に近い層」がターゲットとなっています。

対して、サテライトサイトでは、「これから購買意欲を掘り起こせる可能性のある層」いわゆる見込み客に対してのアプローチができます。メインサイトとあわせて、ターゲットをより広く設定できるのが、サテライトサイトを持つ強みといえます。

なぜBtoB企業が続々とサテライトサイトを構築している?

サテライトサイトを構築している企業は多いですが、特にBtoBのサービス・商品を扱っている企業では、その動きが顕著です。

たとえばBtoC企業の場合、メインサイトの情報を増やし、サイトそのものの厚みを出すことは、比較的容易にできます。BtoC企業では、随時商品が増えていきますし、商品レビューの掲載もしやすいからです。扱う商品の数が多く、多様であればあるほど、サイトの情報が増え、検索エンジンからの評価もされやすくなります。

一方BtoB企業では、自社の商品やサービスが毎月増えていくという状況にはならないことが多いため、メインサイトの情報を随時更新し増やしていくことは難しいです。そのため、サイトの情報量を増やし厚みを出すためにコンテンツマーケティングに力を入れるBtoB企業が多いのです。

コンテンツマーケティングでは、自社のサービス・商品の詳しい解説や、関連情報をコンテンツ化していくオウンドメディアを構築するのが主流です。そのオウンドメディアを成功させるための方法としてサテライトサイトの構築が選ばれています。

では、BtoB企業のマーケティング戦略として、サテライトサイトが選ばれている具体的な理由を3つのポイントにわけて解説します。

情報提供の代わりに新規リードを獲得できる

サテライトサイトでは、メインのサイトから少しずらしたターゲットをペルソナに想定します。その分、ターゲットが広くなり、メインだけではリーチ出来なかった層にも、アプローチできます。

サテライトサイトの一番のポイントは「情報提供」です。ユーザは、自分の欲しい情報や、困りごとを解決するためのヒントを探し、そのキーワードで検索します。コンテンツマーケティングでは、その検索されたキーワードから、ユーザの欲しい情報や困りごとを具体的に予測し、マッチした答えを用意する必要があります。ユーザが意識していない、潜在的な困りごとまで予測して、先回りした解説ができればより評価が高まります。

価値の高い情報を提供することは、ユーザからの信頼を得ることができ、サイトを訪問しただけのユーザから、新規リード(見込み客)へと一歩進めることができるのです。価値の高い情報を提供し続けることは簡単ではありませんが、その分、新規リードの獲得という大きな成果を得られます。

LTV(顧客生涯価値)を最大化できる

LTVとは、Life Time Value(ライフ タイム バリュー)の略で、顧客生涯価値とも言われます。その顧客が生涯で自社のサービスや商品に使ってくれるお金の総額を表しています。

昔から、商売繁盛にお得意様はつきものです。新規で顧客を開拓することも大切ですが、お得意様である「リピーター」の多さが、収益安定に繋がるのは周知の事実です。サテライトサイトでは、さまざまな価値ある情報を提供することで、「顧客のファン化」を進め、「お得意様=リピーター」とより長くお付き合いをすることができます。その結果、LTVが最大化するのです。

顧客ロイヤリティを高められる

顧客がファンになってくれることは「顧客ロイヤリティ」を高められることでもあります。

「商品やサービスに対する満足度が高ければ、継続的に購買してくれる」という単純な構図ではないのが、顧客満足度調査からわかっています。商品やサービスのよさだけではなく、購入のプロセスや、購入後のサポート体制など、次の購買や継続利用にかかわる要素は多くあるのです。

顧客ロイヤリティは、企業や商品・サービスに対する信頼感や愛着をさします。この顧客ロイヤリティを高めることが、次の購買やサービス継続に繋がります。はじめは、ひとつひとつ慎重に精査して購入や契約に至っていた顧客も、信頼や愛着が強まると、「この企業のサービスなら」「今使っているサービスの関連サービスなら」と、信頼に基づいてスムーズに選んでくれるようになります。

さらに顧客ロイヤリティが高まると、口コミ効果が期待できます。顧客ロイヤリティには「心理」と「行動」の2段階あり、信頼や愛着といった感情の「心理ロイヤリティ」から、リピートしてくれる「行動ロイヤリティ」に進むと、自らの購買行動だけではなく、知人や友人に勧めてくれるようになります。結果的に、サテライトサイトの構築は、口コミをうながす効果まで得られるといえるでしょう。

こんなサテライトサイトはNG!

サテライトサイトは、数を作れば成果がでるわけではありません。ポイントをおさえた運営をしなければ、成果が出ないばかりか、検索エンジンからペナルティを受けてしまうことさえあります。

ペナルティを受けることは、サイト全体の重大な損失にも繋がります。次に挙げる2つのポイントをおさえた運営を行いましょう。

サイトの中身がない

メインのサイトでコンテンツが充実している場合、サテライトサイトのコンテンツに手が回らないことがあります。メインのサイトより軽視されがちですが、サテライトサイトも立ち上げる以上、ユーザに役立ち利益となるコンテンツを揃えることが重要です。

またサテライトサイトだけを見たときに、内容が充実しているようにみえても、メインのサイトと内容が重複しているのなら「中身がない」といえます。メインのサイトと差別化し、オリジナリティとクオリティの担保がなければ、サテライトサイトとして意味を持ちません。メインサイトと違うターゲットへのアプローチができないばかりか、検索エンジンからの評価を得ることもできないからです。

サテライトサイトもメインサイト同様にターゲットを明確にして、コンテンツの充実をはかりましょう。

サイトの内容がリンク中心になっている

サテライトサイトのコンテンツが、メインサイトへのリンク中心になっている場合があります。これはメインサイトの被リンクを増やすことを目的に行われています。確かに、被リンクが増えると検索エンジンの評価が上がり、検索上位に入ることが望めます。検索エンジンが、被リンクの多さによって「このサイトが参考になると支持されている」と判断するからです。

しかし、ここ数年で検索エンジンの評価に対する精度が上がり、リンクを貼っている側のサイトのクオリティも問われるようになりました。「被リンクの数」だけを目的に、コンテンツを作成すると、被リンクとして認められないばかりか、悪質ととられた場合はペナルティを受ける危険もあります。

検索エンジンからのペナルティを受けると、検索結果の順位を大幅に下げられたり、最悪の場合、検索結果に表示されなくなったりと重大な損失を招きます。コンテンツは「ユーザにとって役立つ情報」という基本を忘れず、有益でクオリティの高いものになっているか、必ず確認しましょう。

サテライトサイトを構築したいなら?

コンテンツマーケティングを成功に導くためにサテライトサイトを構築するなら、運営するための体制を整えなくてはなりません。メインサイトとサテライトサイトをどう住み分けるかといった戦略、狙うターゲット層、記事作成や更新のためのリソース確保などやることは山積みです。

社内での人員を確保するのは難しい、既存の業務を圧迫してしまうといった場合には、サテライトサイト構築の代行を依頼する方法があります。

サテライトサイト構築を代行してもらいましょう!

サテライトサイトを構築し成果を出すためには、高度な専門知識とスキルが必要です。社内で構築を完結させようとすると、専門知識やスキルの習得、蓄積に多くの時間を必要とします。当然、それに見合う人員も確保しなければなりません。

代行サービスに依頼することで、専門知識やスキルをカバーできるほか、社内で必要とするリソースも大幅に削減でき、サテライトサイト構築のハードルが一気に下がります。確実に成果を出すためには、専門家の知見が必要ともいえるでしょう。 

サテライトサイト構築の代行先の選び方

サテライトサイト構築を代行サービスに依頼する場合、どこに依頼するかが重要です。コンテンツマーケティングが、Webマーケティングの中心となってきた時代を背景に、多くの代行サービスが登場しています。

サービスの内容もさまざまで、金額にも幅があります。代行サービスを選ぶのが難しいのは、金額が高いからといって、クオリティがともなうとは限らないところです。

逆に、価格が他社より手頃でも、しっかりとした成果に繋がるサービスもあります。見分けるポイントは「実績」です。単純に、サテライトサイトを構築した件数だけを確認するのではなく、サテライトサイトにどれだけの期間、どのようなコンテンツを投入し、その結果、サテライトサイト・メインサイトともにどれだけの成果に繋がったか、という具体的な実績を確認しましょう。

また、ディレクターはつくのか、コンテンツを制作するライターのレベルはどれくらいか、制作期間はどの程度かかるのか、といった制作に関しての手順も確認しておくと安心です。

一般的に、ディレクターがつくサービスは、記事を一括で管理するため統一感がありクオリティも保たれます。単純に金額だけで比較するのではなく、諸条件も必ず確認しましょう。

サテライトサイト構築で成果獲得を目指しましょう!

 サテライトサイトを構築することは、コンテンツマーケティングで成果を獲得するための近道です。まずは、ユーザにとって価値あるコンテンツを提供し、サテライトサイトそのものの価値を上げる。そして、メインサイトへの集客へとつなげる。良質なサテライトサイトの構築は、「ユーザに価値を提供する」という、コンテンツマーケティングの本来の価値を余すところなく発揮できる場所でもあります。

ユーザに喜ばれるサテライトサイトを構築し、メインサイトの集客につなげて成果を獲得してください。

 

サテライトサイトを構築するなら、「ジャックアンドビーンズ」がおすすめです!

「ジャックアンドビーンズ」では、500社以上のリスティング広告運用で培ったノウハウを利用し、検索ユーザーの検索行動を考えより効果を期待できるサテライトサイト構築が可能です。気になった方は、下記フォームまたはサービスサイトよりお問い合わせください。

ジャックアンドビーンズへのお問い合わせはこちら


サテライトサイトカテゴリの最新記事