《コンテンツSEOとは?》取り組むメリットから進め方まで徹底解説!

《コンテンツSEOとは?》取り組むメリットから進め方まで徹底解説!

Webマーケティングのさまざまな施策の中で、重要な位置を占めるのが「コンテンツSEO」です。Googleに評価され、検索順位を上げることで成果を出すSEO施策は、多くの要素があり、ひとつひとつの積み重ねで結果が出るものです。

SEO施策のなかでも「コンテンツSEO」は効率よく結果につながるため、多くの企業のマーケティング施策の中で比重を大きくしています。この記事では、コンテンツSEOとはどんなものなのか、取り組むメリットや進め方まで具体的に解説します。

ぜひ御社の、Webマーケティング施策強化のためにお役立てください。

 

「コンテンツSEO」とは?

コンテンツSEO」は、数多くある「SEO施策」のひとつです。役に立つコンテンツを公開することで、ユーザーを自社のサイトに誘導します。通常、企業の公式サイト内や、新たに立ち上げたメディアで、コンテンツの充実をはかります。

これまでも企業の公式サイト内で、自社の商品やサービスに関する紹介記事などのコンテンツは存在しました。しかし、「コンテンツSEO」が大きく違うのは、直接的に自社の商品やサービスに関わらなくても、ターゲットとするユーザーが「知りたい情報」を的確に提供するコンテンツを広く公開するということです。

より多くのユーザーにサイトを訪問してもらうためには、Googleの検索結果で上位に表示される必要があります。Googleの評価を上げるため、さまざまな要素を組み合わせて、コンテンツSEOの施策を実施していきます。

 

コンテンツSEOのメリット

多くの企業が、Webマーケティングの中核を担う施策として「コンテンツSEO」を重要視しているのは、メリットが大きいからです。主なメリットは次の3つです。

1.コストパフォーマンスがいい
2.コンテンツは資産となる
3.安定した集客につながる

では、それぞれどういうことなのか詳しく解説していきます。

 

コストパフォーマンスがいい

「コンテンツSEO」のもっとも大きなメリットは、コストパフォーマンスのよさです。これまで、Web集客の方法として多く行われていたのは、リスティング広告をはじめとする「Web広告」でした。

広告は、出稿したときに成果が出やすいといった「瞬発力」がありますが、逆に広告を出さなくなると、一切効果が望めません。一定期間、効果を出し続けるためには広告費が継続して投資する必要があります。またリスティング広告の場合は、クリック単価が変動しやすく、費用の見通しが難しい、競争の激しいジャンルでは単価が高額になりやすいなどのデメリットが大きいことも実情です。

コンテンツSEOでは、費用がかかるのは最初の制作時のみで、継続して費用が発生することはありません。しかし、成果は継続して見込めます。中長期的にとらえると、コンテンツSEOはコストパフォーマンスの面で非常に優れているといえるでしょう。

 

コンテンツは資産となる

コンテンツSEOの基本は、定期的にコンテンツを追加し充実させることです。本数を増やしていくことで、ユーザーのさまざまなニーズに応えるコンテンツがサイトに揃っていきます。各コンテンツは、それぞれでユーザーとの接点となるため、サイトへの集客効果が期待できます。

また、先述した通り、広告は費用を投じなくなると接点がなくなりますが、コンテンツは費用を投じなくても、コンテンツの価値が失われない限りユーザーと接点を持ち、集客効果を発揮し続けます。

つまり、コンテンツSEOは資産として蓄積され、蓄積されるほど効果が大きくなっていくメリットがあります。

 

安定した集客につながる

コンテンツSEOは、成果が出始めると集客が安定することが多いです。コンテンツが充実して、Googleの検索結果で上位になるコンテンツが増えると、「ユーザーにとって有益なコンテンツがあるサイト」としてGoogleに認識されます。

Googleにサイトそのものが評価されると、「信用できるサイトのコンテンツ」として、これまで上位表示されなかったコンテンツも、検索順位が上がっていきます。その結果、訪問するユーザーが増え、さらにGoogleの評価が高まるという高循環ができあがり、集客が安定していきます。

 

 

コンテンツSEOのデメリット

コンテンツSEOは非常にメリットの多いSEO施策とはいえ、デメリットもあります。デメリットを理解した上で運営を始めると、より効率的に進めることができます。おさえておきたいデメリットは以下の2つです。

1.効果が出るまでに時間がかかる
2.コンテンツの制作に労力がかかる

以上2つに絞って詳しく解説します。

 

効果が出るまでに時間がかかる

コンテンツSEOは、効果が出るまでに少なくとも6ヶ月以上かかると認識しておく必要があります。コンテンツSEOの効果を得るためには、Googleの検索順位を上げることが必須です。有益なコンテンツを多く公開しても、Googleの検索順位に反映されるには時間がかかります。

広告出稿などと比べると、なかなか効果が出ずもどかしく感じる期間があるのは事実です。また、「これだけの労力・予算をかければ、これくらいの結果は出るであろう」という予測が非常に難しい側面もあります。

そのため、社内の理解を得られずコンテンツSEOを始められない、または始めても効果が出るまで待てずコンテンツの追加をやめてしまうという例も多くあります。「コンテンツSEOの効果が出るまでに時間がかかる」という認識を社内全体の共通認識にしなければ、継続するのが難しくなることもあるでしょう。

 

コンテンツの制作に労力がかかる

コンテンツSEOが登場した当初は、クオリティに関わらず、「キーワードが多く入っているか」「外部リンクの数が多いか」などの単純な要素をおさえたコンテンツが、Googleの検索上位に入ることが可能でした

しかし現在は、Googleの評価基準が上がり、どれだけユーザーの利益となるコンテンツかどうか、内容が正確でわかりやすいかなどの「クオリティ重視」になっています。

このクオリティを重視したコンテンツを制作するためには、多くの労力とスキルが必要です。1本制作するだけでも、ユーザーのニーズの分析、ニーズに見合ったキーワードの選定、見出しの制作、コンテンツ執筆、事実確認など、多くのタスクが発生します。また、コンテンツSEOは1本では成果を得られず、継続的に制作しなければならないため、そのタスクは膨大です。

コンテンツを社内で制作する場合、既存の業務を圧迫することになりかねません。健全なコンテンツSEOを行うためには、コンテンツ作成を外部に依頼するなどの対策が必要です。

 

コンテンツSEOに取り組む前に…

コンテンツSEOを成功させるためには、闇雲にはじめるのではなく、しっかりと準備をして始めることが大切です。実際にコンテンツSEOに取り組む際、事前にどんな準備が必要なのか具体的に解説します。

 

コンテンツSEOに取り組む目的を明確にする

まず、「なぜコンテンツSEOに取り組むのか」という目的を明確にしましょう。コンテンツSEOの目的は、主に以下の3つに分けられます。

<PV数を増やしたい>
今、顧客ではなくても、将来的に顧客になり得る層に広くアプローチしたい。

<コンバージョン数を増やしたい>
問い合わせ・資料請求・申し込み・購入など、顧客にアプローチし自社の商品やサービスをおすすめしたい。

<ブランディングしたい>
自社のサービスや商品に関するビッグキーワードで検索結果上位に表示し、認知拡大をはかり業界のイニシアチブをとりたい。

この3つの目的は分断されているのではなく、コンテンツSEOの成果が出始めると、お互いに関連性を持ちながら成長していきます。しかし、現状の課題を洗い出しこの3つの目的のどこに一番重点を置くか明確にしておくことで、コンテンツSEOの方向性を正確に見極めることができるでしょう。

 

ターゲットを明確にする

一番重点を置くコンテンツSEOの目的を決めたら、次はターゲットを明確にします。ここで大切なのは、自社のサービスや商品に「興味を持っているユーザー」だけではなく、「興味を持ちそうなユーザー」を設定することです。

コンテンツSEOの目的は、ユーザーを育てることにもあります。これからユーザーになりそうな層はどんな層なのか分析し、性別や年齢層、職業、趣味など細かく設定していきます。

ターゲットとするユーザーを設定したら、次はそのユーザーが「どんなときに、何を検索するか」考えます。ユーザーが検索するのは、何か困ったときです。どんなときに困って、どんな情報を提供すれば役立つのか想定します。
Googleの評価基準はあくまでも「ユーザーファースト」です。どれだけ、ユーザーに寄り添うコンテンツにできるかどうかが成果を大きく左右します。そういった意味でも、ターゲットを明確にするのは重要なのです。

 

コンテンツSEOの進め方

ターゲットを明確にしたあと、いよいよコンテンツの制作です。コンテンツSEOは、コンテンツを公開するメディアの構築やユーザーファーストのUX・UIなど、さまざまな要素がありますが、ここではコンテンツの制作に絞って一般的な進め方を解説します。

 

キーワードを選定する

まず、どんなコンテンツを作成するかキーワードを選定します。すでに明確にしたターゲットが、どんなキーワードで検索するか想定しましょう。
キーワードの候補はたくさん考案し、次にそのキーワード候補の検索ボリュームを調べてください。検索ボリュームは、Googleのキーワードプランナーなど無料ツールで簡単に調べることができます。

検索数が0のキーワードであれば、そのコンテンツがユーザーの目にとまることは少ないと考えられます。かといって検索数1万以上のビッグキーワードをいきなり選んでも、検索上位は競合ばかりで、なかなか順位を向上できないということが考えられます。最初は、「10~100」「100~1000」「1000~1万」くらいの検索数のキーワードを選定し、検索数が少なくても上位表示させることを狙いましょう。

 

コンテンツの執筆

キーワードが決まったら、コンテンツの執筆です。キーワードをもとに、検索したユーザーがどんな情報を望んでいるか想定して見出しを作成します。見出しを作成する際には、選定したキーワードとよく一緒に検索されている関連キーワードも参考にしましょう。

見出しを作成したあと、その見出しに沿って具体的に執筆していきます。

 

コンテンツの公開

コンテンツが完成したら、誤字脱字はないか、日本語の間違いはないかチェックします。見過ごされがちなのは、事実確認です。記事執筆者の主観や思い込みがないか、きちんと事実に沿っているか確認しましょう。事実誤認があった場合は、自社の信用にもかかわるため慎重にチェックします。

チェックをクリアしたコンテンツは、いよいよ公開です。これを繰り返し、コンテンツを定期的に増やしながら成果が出るのを待ちましょう。

 

まとめ

コンテンツSEOは、メリットが大きく非常に有効な手段です。実際に、コンテンツSEOを行っている企業は業種を問わず多く、Webマーケティングの中でも必須の施策となっています。

社内でコンテンツを制作するには、多くのリソースとスキルを必要としますが、記事作成代行サービスに依頼することで解決するでしょう。

おすすめは「ジャックアンドビーンズ」の記事作成サービスです。ジャックアンドビーンズでは、これまで500社以上のリスティング広告運用のノウハウをもとに記事の制作を行います。その価値あるノウハウを活用しているため、より成果につながりやすい効果的な記事を制作することができます。また、クライアントごとに、専門知識があり経験豊富なディレクターがつくため、安心して制作を任せることができるでしょう。

ジャックアンドビーンズでは、徹底的に無駄な工数やコストを削減し、価格を抑えつつハイクオリティな記事を提供し続けているのも大きな特徴です。コンテンツSEOに多くの予算を割くことができないという企業にとっては、うれしいポイントですね。

今なら、毎月先着5社限定で記事制作が1本無料になるキャンペーンも実施中で、とてもお得です。 コンテンツSEOを行うか検討している、すでにコンテンツSEOに取り組んでいるが、記事制作のリソースを確保することができていないという企業は、ぜひお問い合わせください。

ジャックアンドビーンズへのお問い合わせはこちら

 

氏名(必須)

会社名/団体名(必須)

電話番号(必須)
- -

メールアドレス(必須)


コンテンツマーケティングカテゴリの最新記事