Webコンテンツを作成する上で最も重要なこととは?

Webコンテンツを作成する上で最も重要なこととは?

今やWebコンテンツの作成は、Webサイトを運用する企業にとってなくてはならないものとなりました。ところが、自社サイトやサービスにユーザーを効率よく集客し顧客化できるWebコンテンツを継続的に作成できている企業は、実際にはそれほど多くありません。Webコンテンツは、ただ闇雲に作成していてもなかなか効果が上がらないため、いくつかのポイントを押さえる必要があるのです。

そこで今回は、Webコンテンツを作成する上で最も重要なことが何なのか説明し、おすすめサービスも紹介します。Webサイトの集客に課題がある企業の担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

Webコンテンツの基本

最初に「Webコンテンツ」がどのようなものなのか、基本的な部分を再確認しておきましょう。「コンテンツ(Content)」とは、直訳すると「中身」という意味であることから、Webコンテンツは「Webの中身」といえる非常にあいまいなものです。そのため、媒体となるWebサイトが扱う内容やターゲットの属性に応じて、Webコンテンツの内容も大きく変容します。

 

Webコンテンツとは?

「Webコンテンツ」は、Webサイト上のテキストや画像、動画といったユーザーに訴求する情報全般を指すことが一般的となっています。「コンテンツ」という言葉を聞くと、画像や動画をイメージされる方も多いのですが、Webサイト上で公開されている記事もコンテンツのひとつです。

近年では、この記事コンテンツを活用して集客する企業が増えつつあります。

 

なぜ、Webコンテンツを作成したほうがいいいのか?

Webコンテンツを作成するべき理由は、「ユーザーがWebコンテンツを求めているから」です。ニュースサイトであれば最新ニュース、ミュージシャンのホームページであればアーティスト情報やMV動画といった具合に、ユーザーは最新のWebコンテンツを求めてサイトに来訪しています。

したがって、ユーザーにとって有益なWebコンテンツが豊富で更新頻度が高いWebサイトであれば、一定の来訪者数を稼ぐことが可能というわけです。

しかし、逆に「コンテンツが少ない」、「更新頻度が低い」Webサイトには、当然ながらユーザーの獲得は難しいでしょう。実際に「Webサイトのアクセス数が少ない」という課題を抱える弊社のお客様のWebサイトは、ページが数枚程度でコンテンツ数も少なく、ほとんど更新されていないというケースが多くなっています。 

つまり、Webサイトの集客効果を上げるためには、質の高いWebコンテンツを定期的に発信していく必要があるのです。

 

Webコンテンツを作成する上で最も重要なことは?

Webコンテンツを作成する上で最も重要なことは、「良質なコンテンツを作成しユーザーにとって有益な情報を発信すること」です。良質なWebコンテンツを定期的に発信することで、以下のようなメリットにつながります。

 

SEOに効果的(検索エンジンに評価される)

良質なWebコンテンツがたくさん提供されているWebサイトの特徴は、「Google」や「Yahoo!」といった検索エンジン経由の集客効果が高いことです。 

現在GoogleやYahoo!では、良質で情報量の多いWebサイトが高い評価を得てランキング上位に表示される傾向にあります。特に他にはないオリジナリティのあるWebコンテンツが大量にあるWebサイトほど、ランキング上位表示される可能性が高いのが特徴です。以前までは、細かなSEO施策が施されたWebサイトがランキング上位表示されていた時代もありましたが、ユーザーにとって有益ではないサイトがランキング上位に乱立したことから、Googleのアルゴリズムが変更になり現在のようなルールになったようです。なお「SEO」とは英語の「Search Engine Optimization」の略語で、直訳すると「検索エンジン最適化」となります。簡単に説明すると、ユーザーがGoogleやYahoo!といった検索エンジンに特定のキーワードを入力した際にランキング上位表示されるための取り組みです。 

したがって、良質なWebコンテンツの提供さえできていれば、それがそのままGoogleやYahoo!のSEO対策につながります。つまり、企業側にSEOの特別な知識がなくても、検索エンジンのランキング上位表示が可能になるというわけです。SEO対策はWebサイトのアクセス数を決める重要な要素であるため、運営する企業側にとってWebコンテンツの作成は必須といえるでしょう。

 

競合他社と差別化できる

Webコンテンツを作成する場合には、オリジナリティのある内容であることが非常に重要です。しかし、競合他社と差別化できるものは、オリジナルコンテンツの作成だけではありません。他社と扱っているコンテンツ内容が同じ場合でも、別の切り口で解説や紹介をしたり、逐次最新の情報にアップデートしたりすることでも差別化を図ることが可能です。またランキング上位サイトが展開しているWebコンテンツを参考にして、自社サイトのコンテンツ内容や表現をアップデートしてみるのもよいでしょう。 

良質なWebコンテンツを定期的に提供していくことでWebサイトの来訪数が増え、「〇〇のサイトは情報が早い」、「●●の企業サイトは便利」といった評判が得られれば、競合他社との大きな差別化につながります。Webコンテンツを有効活用することでユーザーとのエンゲージメント強化を図り、収益拡大を目指しましょう。

 

安定した集客が実現する

一度公開したWebコンテンツは、Webサイトが存在する限りずっと公開され続けることになります。したがって、検索エンジンでランキング上位表示をキープできれば、Webサイトを運用する企業は定常的な集客導線が確保できるわけです。一方、TV-CMやWeb広告は出稿期間中のみの掲載となるため、長期間掲載したい場合にはその分のコストが発生します。 

良質なWebコンテンツを掲載しているWebサイトの中には、1年以上前に公開したコンテンツでも400~600人/月程度の集客を行っている事例も多数あります。しかし、TV-CMやWeb広告の場合は、1ヶ月程度経過すると集客効果がほぼゼロになるケースも少なくありません。 

良質なWebコンテンツであれば、公開から2~3年経過しても一定数の顧客を流入させられるものもあるでしょう。ただし、WebコンテンツにはTV-CMやWeb広告のような爆発力はないため、即効性に乏しくなる点には注意が必要です。

 

SNSでバズる可能性

WebコンテンツをTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSと連携させることでうまく情報が拡散できれば、「即効性が乏しい」という弱点をカバーすることができます。さらに、良質なコンテンツを作成してSNSでバズれば、爆発的な顧客流入によって大きな収益が得られる可能性もあるでしょう。 

またSNSから流入する顧客は、SEO対策で流入してきた顧客と属性が異なる点もポイントです。SEO対策で獲得できる顧客は、検索時にキーワードを入力していることからも自社商品やサービスへのニーズを自覚している方といえます。一方、SNS対策で獲得できる顧客は、友人や知人、芸能人などが紹介した情報を介して来訪する特性上、自社商品やサービスへのニーズをまだ自覚していない潜在的な顧客といえるでしょう。さらに、SNS経由で訪れた顧客は、自分がつながっている人からの情報提供がきっかけになっているため、商品やサービスに対する信頼度が高く購買行動が発生しやすくなる点もメリットです。

 

Webコンテンツで重要なのは「質」だけではない?

Webコンテンツで重要なのが「質」であることには違いありませんが、Webサイト上に数本程度の記事を公開した程度では大きな効果は得られません。良質なWebコンテンツを数多く作成することで、はじめてWebサイトへの流入効果が期待できるようになるのです。良質なWebコンテンツを発信し続けることで検索エンジンの評価が上りますので、さらなる顧客流入が可能になります。 

しかし、たくさんの良質なWebコンテンツを自社で継続的に制作していくのは、容易なことではありません。また実施できるだけのリソースやノウハウを持つ企業は、それほど多くはないでしょう。そこでおすすめしたいのが、Webコンテンツの外注です。次章でおすすめのサービスを紹介します

 

ジャックアンドビーンズの記事作成サービス

弊社ジャックアンドビーンズの記事作成サービスは、確かな知見を持つライターがSEO効果の高い良質な記事を作成します。また作成後の記事に対して入念な品質チェックを行っています。

弊社サービスは、

「社内で良質な記事を大量に作成するなんて無理」
「SEOの担当者がいないので、ランキング上位を獲得できない……」

 といったお悩みを持つ多くの企業様に、ジャックアンドビーンズの記事作成サービスを利用いただいております。 

ジャックアンドビーンズでは、過去500社以上におよぶ「リスティング広告(ユーザーが検索エンジンに入力したキーワードに連動して掲載される広告)」の運用実績で培ったノウハウを活用して記事を作成しています。これにより、商品やサービスに興味がある顧客に効果的なアピールができる記事の作成が可能です。またジャックアンドビーンズには「お客様の成長をお手伝いしたい」という理念があり、コストを抑えできるだけ低価格に記事を作成しています。 

したがって、記事の作成に多くのリソースやコストがかけられないが良質な記事を作成したいという企業には、ジャックアンドビーンズの記事作成サービスが最適といえるでしょう。 

以下で、ジャックアンドビーンズが記事作成を行ったWebサイトの事例を紹介します。

A社:営業支援ツール販売企業

A社はもともとWebサイトを持っていなかったため、弊社がサイト構築までお手伝いさせていただきました。Webコンテンツを有効活用することで、自社サービスへのリードを増やすことがA社の目的でした。 

スタート当初は20本/月の記事を作成し、その後10本/月のペースで更新を続けた結果、約半年で月に数件程度の購買行動が見られるまでに成長。その後も10本/月の記事作成を継続したことで、現在は数十件/月の顧客獲得に成功しています。 

B社:業務効率化ツール販売企業

自社でWebサイトを運営していたB社ですが、集客効果がなかなか上がらないという課題がありました。そこで、ジャックアンドビーンズの記事作成サービスを利用することで、Webコンテンツの質を上げる対策に乗り出したのです。B社はもともと20本/月の記事を作成して公開していました。ジャックアンドビーンズが追加で30本の記事作成とSEO対策を実施した結果、Webサイトのセッション数が約3倍になり、コンバージョン数も約10倍という大きな成功を収めることができたのです。

C社:ITツール販売企業

C社はすでに多くのWebコンテンツを保有していましたが、Webサイトへの集客に苦戦していました。そこで、Webサイトの強化を図るため、ジャックアンドビーンズの記事作成サービスを利用して、既存記事に足りない情報や最新情報の追記を行いました。記事内で展開している情報の網羅化と最新情報へのアップデートにより、検索ランキング上位を獲得し高いコンバージョン数の獲得に成功しました。 

このようにジャックアンドビーンズの記事作成サービスを利用すれば、良質な記事の継続的な作成により、コンテンツマーケティングに貢献することが可能です。興味を持たれた方は、『ジャックアンドビーンズ』までお気軽にお問い合わせください。 

なお記事作成サービスの具体的な流れについて以下で紹介しますので、ぜひご覧ください。

 

記事作成の流れ

ここでは、記事完成までの流れをご紹介します。

  御社の目的や課題をヒアリング

まず、お問い合わせフォーム、またはお電話(03-6455-1866)で、記事作成に関するお問い合わせをいただきます。弊社担当者が、御社の課題や記事作成の目的についてヒアリングさせていただき、最適なプランをご提案いたします。ヒアリングは弊社までお越しいただくか、Webミーティングで実施可能です。 

②ご提案

500社以上のリスティング広告運用で得た知見を活かし、SEO対策用キーワードの選定や記事タイトル、見出し案に至るまで詳細な設計を行いお客様への提案書を作成いたします。提案内容を御社にご確認いただき、問題なければ記事の作成がスタートです。

③記事作成

確かな知見と経験を持つ専属ライターが、御社の顧客ニーズを満たす記事を作成いたします。

④校正・最終チェック

記事の作成後、弊社校正スタッフにより誤字脱字や誤りがないか入念にチェックを行います。最終チェックでOKが出た原稿のみ、御社に納品させていただきます。

 

まとめ

本記事では、Webコンテンツを制作する上で重要なことをご紹介しました。

Webコンテンツを制作するにおいて、「質の良いコンテンツを定期的に追加していくこと」が大切ですが、これにはある程度リソースを確保する必要があります。人手不足が深刻化する現在、リソースを確保することが難しいというケースも多いでしょう。そういった場合は、ぜひジャックアンドビーンズの記事制作サービスの利用をご検討ください!

>>ジャックアンドビーンズへのお問い合わせはこちら


コンテンツマーケティングカテゴリの最新記事