【記事制作の代行を依頼するメリットは?】おすすめ代行サービスもご紹介!

【記事制作の代行を依頼するメリットは?】おすすめ代行サービスもご紹介!

マーケティング先進国のアメリカでは、BtoBの企業の93%がコンテンツマーケティングに取り組んでいるといわれています。

コンテンツマーケティングを始めることになったが、「記事制作のスキルを持っている社員もいなければ、時間もない」とお悩みの方もいるかと思います。そんな悩みをお持ちの方には、1度に大量の記事制作を依頼できる「記事制作代行サービス」がおすすめです。

 

記事制作代行サービスを利用するメリットから、おすすめの代行サービスまでご紹介していきます。

そもそもコンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングは2000年頃にアメリカで生まれたマーケティングの考え方です。日本では、2014年頃から浸透し始めました。

コンテンツマーケティングでは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを制作し発信することで、ユーザーのニーズを育成します。そしてユーザーは商品・サービスを購買し、そのユーザーはファン化するといった一連の流れをモデルとするマーケティング手法です。コンテンツマーケティングでは、ニーズが顕在化したユーザーをターゲットとするリスティング広告などと違い、ニーズがまだ顕在化していない潜在層のユーザーをターゲットとすることが特徴です。

また、コンテンツマーケティングはサテライトサイトやSNSなど単一の手法を表すのではなく、「コンテンツを通してユーザーに商品・サービスを知ってもらう」「ユーザーのニーズを育てる」「ユーザーが商品・サービスを購入する」「ユーザーがファン化する」という一連のプロセスのことを指します。

本稿では、オウンドメディアやサテライトサイト上でコンテンツとして「記事」を活用して、マーケティングを行うことに注目します。

コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

コンテンツマーケティングを行う上で知っておきたいメリット・デメリットとは何でしょうか。

メリット

コンテンツマーケティングを行うメリットは以下の通りです。

  • 導入時のハードルが低い
  • コンテンツを資産として蓄積できる
  • SNSとの相性がいい

まず、コンテンツマーケティングに必要なものはユーザーにとってためになるコンテンツと、そのコンテンツを発信する場所の2つだけです。

成果を出すためには、それだけ良質なコンテンツや戦略的なターゲティングが必要ですが、広告に比べると発生する費用も少なく導入のハードルが低いといえます。

またコンテンツを一度発信すると、そのコンテンツはサイト上に一生残るため資産となります。その資産の積み重ねが、サイトの評価を引き上げることにもつながります。サイトの評価が上がると、ユーザーとの接触頻度も上がり商品・サービスの購買につながるといった流れが完成します。

コンテンツマーケティングとSNSの相性は抜群です。例えば、動画やブログ記事で発信された情報がSNSを通して拡散される、つまり「バズる」ことがあります。バズることに成功すると、何千何万という数のユーザーの目にとまり、多くの成果を生み出す可能性があります。

デメリット

コンテンツマーケティングのデメリットは以下の通りです。

  • すぐに成果が見えない
  • コンテンツは継続的に発信する必要

コンテンツマーケティングでは、潜在層のユーザーをターゲットのニーズを育成するマーケティング手法のため、すぐに成果が見えません。成果につながるまでに、一定の時間を要します。すぐに成果を出したいというユーザーにはコンテンツマーケティングは不向きかもしれません。

また、コンテンツマーケティングでは、コンテンツを継続的に発信する必要があります。ユーザーに忘れられないように、継続的に新しい情報を発信しなくてはいけません。

継続的にコンテンツを発信するために、社内の組織を整えておく必要もあります。組織を整えておかないと、他の業務で埋もれてコンテンツの発信が後回しになってしまう可能性があります。

記事制作代行サービスとは?

記事制作代行とはその名の通り、自社の代わりに記事の制作業務を遂行してくれるサービスのことです。

近年、コンテンツマーケティングの浸透により、コンテンツを充実させるため記事制作業務を必要とする企業が増えてきました。しかし、SEOに強くわかりやすい記事を制作しようとすると、それなりのスキルや経験、時間が必要になります。

そこで、記事制作代行サービスが注目されるようになりました。記事制作代行サービスでは、外部のライターが記事制作を代行してくれるため、手間も時間もかからず、効率的にコンテンツマーケティングを行うことができます。

 

記事制作代行サービス利用の流れは、以下の通りです。

 

<1>記事制作代行サービス会社と打ち合わせ

記事制作代行会社のヒアリングのもと、どんな記事を書いてほしいのか明確にします。

このとき、記事に書いてほしいことや、記事の構成を明確にしておくと、認識のズレが生じにくく、希望する記事の品質に近づきます

また、自社の製品・サービスをよく理解してもらうことも大切です。製品・サービスを理解してもらうことで、より内容が濃い、読み応えのある記事に仕上がることが期待できます。

この打ち合わせの内容を基に、ライター向けのマニュアルが作成されます。場合によっては、記事を校閲するスタッフ向けのマニュアルも作成されます。マニュアルに間違った内容が記載されないように、また漏れがないように、記事制作におけるルールは明確にしておきましょう。

<2>記事制作

記事制作代行会社との認識のすり合わせができたら、早速記事制作に移ります。

記事の内容や、発注記事の本数にもよりますが、制作に1カ月程期間を要する場合もあるため、余裕を持って依頼するようにしましょう。

<3>記事確認

記事が完成したら、記事の仕上がりを確認します。

このとき、誤字脱字や接続詞に違和感がないかの確認とあわせて、記事内の情報に間違いがないか、よく確認しましょう。記事内の情報に間違いがあり、ユーザーに間違った情報を提供してしまった場合、信用を失うことになりかねないので注意してください。

もし修正点があった場合、記事制作代行会社に対して修正依頼をしましょう。基本的に、記事制作代行会社に落ち度がある場合、無料で修正してもらうことができますが、依頼側の要望であると、修正が有料になってしまうことがあります。修正点を最低限に抑えるためにも、記事内容のすり合わせは、丁寧に行いましょう

<4>納品

修正が完了し、内容に問題がなければ納品となります。

納品された記事のアップロード作業が完了すると、記事が公開されます。

 

記事制作を代行してもらうメリット3つ

コンテンツマーケティングの浸透により、需要が高まっている「記事制作代行サービス」ですが、記事制作を代行してもらうことのメリットとは、何でしょうか。3つに分けてご紹介します。

短期間で多くの記事を制作することができる

記事制作代行サービスを利用することで、短期間で多くの記事を制作することができます。

特に、「これからオウンドメディアを構築するため、初めにアップロードする記事が複数欲しい」という方や、「コンテンツ内容が充実していなく、アップロードする記事を数多く欲しい」という方におすすめです。

 

コンテンツの数が多いことは、検索エンジンから「信用できる良いサイト」と評価される判断材料になるといわれています。しかし、量だけではなく質が大切なので、闇雲にコンテンツ量を増やすことはやめましょう。

ライティングの専門スキルがいらない

SEOを意識した記事制作をするとなると、自社である程度スキルと経験を持った社員が必要になります。スキルがある社員がいなく、1からライティングの勉強を始めるとなると、時間も費用もかかりとても困難です。

記事制作代行サービスを利用することで、そういったスキルは必要なくなります。スキルと経験を兼ね備えたライターが記事制作を代行してくれることは、大きなメリットになりますね。

他の業務に専念できる

前の章でもご紹介した通り、自社で記事制作を行おうとすると、スキルや時間が必要で、自らの業務が手つかずになってしまう可能性があります。

記事制作代行サービスを利用することで、自らの強みである業務に集中することができ、効率的に仕事を回すことができます。

もし、自社にライティングスキルがある社員がいる場合は、編集の部分だけ代行サービスに依頼するといった手もあります。

安定したクオリティを維持できる

記事制作代行サービスに依頼することで、一定の記事のクオリティを維持しやすくなります。

特に、自社の製品・サービスの専門性が高い場合、自社の社員だけで記事制作を行うと他の業務もある関係で一定のクオリティを維持することが非常に難しいといえます。また、一定のクオリティを維持しながら、コンスタントに記事を公開することは社員にとって大きな負担となってしまいます。

記事制作代行サービスを利用することで、経験のあるライターがクオリティを維持しつつコンスタントに記事を公開することが可能になります。

安定した記事のクオリティを維持するためにも、自社の社員に負担をかけないためにも記事制作代行サービスの利用をおすすめします。

記事制作代行サービスにデメリットはある?

記事制作代行サービスを利用して得られるものとして、メリットがほとんどですがデメリットがあることも把握しておきましょう。デメリットは以下の2つです。

記事制作に費用がかかる

当たり前のことですが、記事制作代行サービスを利用すると費用が発生します。記事の文字数が多かったり、品質にこだわると費用がかさむことがあります。

しかし費用がかかるといっても、自社記事を制作した際にかかる工数がなくなることを考えると、依頼する費用対効果はしっかり得ることができるでしょう。

期待通りの記事に仕上がらない可能性がある

制作依頼した記事が、期待通りの内容にや品質にならない可能性はゼロだといえません。サービス側との認識のズレであったり、ライターのスキルレベルによって不満が生じることがあります。

しかしこれは、先ほど説明したサービス側とはじめに行う打ち合わせを丁寧に行うことによって防ぐことができます。どんなに細かい要望でも、サービス側にしっかり伝えてください。「ここまで伝えなくても大丈夫だったかな」と不安を残したまま記事制作に移ることは絶対にNGです。

また、記事制作中は細かにコミュニケーションをとり、進捗を報告してもらうことで期待と現実の差を縮めることが可能です。

 

【注意点】記事制作代行サービスを利用する前に…。

記事制作代行サービスを利用する前に、注意点をいくつか確認しておきましょう。

以下の注意点は、期待する記事を制作してもらうために必要なことです。

 

コミュニケーションをしっかりとる

記事制作の期間中は、記事制作代行会社と密にコミュニケーションをとりましょう

細かにコミュニケーションをとることで、記事制作の進捗を理解でき、また無駄な修正点をなくすことができます。

記事制作代行サービスに制作を丸投げするのではなく、自ら積極的に記事制作に関わる姿勢でいましょう。

コミュニケーションをとることを怠り、結果記事の内容が満足のいかなかったとき、修正に費用が発生することがあります。記事制作代行サービスは、誤字・脱字や接続詞の違和感など、サービス側に落ち度があった場合のみ無料で修正を引き受けてくれます。記事の内容や表現の仕方の変更など、依頼側の要望である場合は修正を有料としていることが多いです。無駄な費用を発生させないためにも、記事制作の期間中はこまめにコミュニケーションをとるように心がけてください。

 

目的・目標を明確にしてから依頼する

記事制作代行サービスへの依頼は、なぜ記事を制作するのか目的を明確にしてからするようにしてください。

目的の例は以下の通りです。

  • 短期間でコンテンツの量を増やしたい
  • 専門性の高いコンテンツを制作したい
  • 業務を効率化したい  など

特に目的も決まっていなく、何となく記事制作代行サービスを利用するのでは、費用の無駄になりかねません。

目標を決めずに記事制作代行サービスを利用するということは、ゴールがないことと変わりないのです。

目的とあわせて、目標も明確にしましょう。

記事を通して、どのようなユーザーをどのくらい集客したいのか具体的に決めるようにしてください。の目標を参考に、記事の本数や内容の方向性が変わってきます。

目標設定が難しいという方は、記事制作代行サービスと相談しながら決めるといいでしょう。

 

使える予算を確認する

記事制作代行サービスに依頼する前に、記事制作に使える予算を確認するようにしましょう。

この後ご紹介しますが、記事制作代行サービスの形態によって記事制作の費用が大きく変わります。自社の予算に合った記事制作代行サービスに依頼するようにしましょう。

予算を多く使えるという企業は、サイトの構築や記事のアップロードまで代行してくれるコンサルティング型のサービス、少ない予算で記事制作を依頼したいという企業は、記事の制作だけ行うサービスに依頼するといいでしょう。

記事制作代行サービス選びのポイント

前の章では、記事制作代行サービスに依頼するメリットをご紹介しました。

いざ、記事制作代行サービスに依頼するとなったら、どのサービスを選べばいいのでしょうか。コンテンツマーケティングの浸透で増加した、記事制作代行サービスを選ぶときのポイントをご紹介していきます。

制作実績の分野は確認する

制作実績の分野は確認が必要です。

記事制作代行サービスによって、得意・不得意のジャンルがあります。依頼を検討しているサービスは、自社の製品・サービスのジャンルを得意としているか、過去に制作実績はあるかをよく確認しましょう。

例えば、BtoB向け業務効率化ツールの記事制作を依頼したいA社があるとします。A社は過去に多数のITツールの記事制作実績があるサービスBと、CtoC向け商材の記事制作実績は業界NO.1だが、ITツールなどBtoB向け商材の制作実績はほとんどないサービスCのどちらに記事制作を依頼すべきでしょうか?

この場合、サービスBに依頼すべきです。サービスの規模よりも、自社の商材ジャンルを得意としているサービスに依頼したほうが過去のデータなどを参考に、より成果を期待できる記事制作をしてくれるでしょう。

ライターのスキルを確認する

記事制作代行サービスのライタースキルを確認することも大切です。

記事制作代行会社と記事内容のすり合わせが完璧でも、ライターのスキルが伴っていなければ、期待する記事の完成は期待できません。

 

過去の制作実績から記事を読んでみたり、トライアル記事を制作してもらうことで、ライターのスキルをある程度、把握することができます。

ライターのスキルを確認するときに、注意して見るポイントは以下の通りです。

 

  • 文章の「、」「。」の数は適切か
  • 接続詞(を、が、に)に違和感はないか
  • 文章の構成は適切か
  • 例を挙げていたり、わかりやすく説明しようと工夫しているか など

 

句読点や接続詞など、文章を書く上で基本のスキルから、文章の構成や情報をわかりやすく説明することを、ライターが意識しているか確認しましょう。

文章の構成は、記事を始めから読み進めていき、説明の流れに違和感がないか確認してください。また、自社の製品・サービス内容が難しいものである場合、記事中で例を挙げると理解の手助けになり、わかりやすい記事が完成します。ライターのスキルを確認する際に重視してみてはいかがでしょうか。

 

さらに上記のポイントに加えて、SEO対策を意識した記事制作ができるライターかということも確認してください。

そもそもSEOとは、”Search Engine Optimization”の略で「検索エンジン最適化」を表します。SEO対策とは、掲載結果をなるべく上位に表示させるための施策を表します。掲載結果で上位に表示されると、それだけ多くのユーザーの流入を期待できます。

SEO対策を意識したライティングとは、何でしょうか。SEOの評価ルール(アルゴリズム)は日々変化をしています。そのため、「これをやれば確実に掲載順位が上がる」というものは断言できません。しかし、一般的にこの施策を行うといいといわれているものは、以下の通りです。

  • タイトル・見出し・本文に対策キーワードが含まれている
  • 見出し1、本文1、見出し2、本文2の繰り返しで構成されている

まず、タイトル・見出し・本文に対策キーワードが含まれていることは必須です。対策キーワードがしっかり記事内に含まれていることで、検索キーワード(対策キーワード)に沿った適切な内容だと判断されます。しかし、対策キーワードを無理に入れすぎてしまうと、逆効果になる可能性があるので注意してください。

そして、記事の構成は上記で示したように、読みやすいものにしましょう。

上記で紹介したSEO対策は、ほんの一部です。アルゴリズムは変化を続けているので、細かにチェックしてみてはいかがでしょうか。

柔軟に対応してくれるか確認する

自社の要望に対して柔軟に対応してくれるかという点も、記事制作代行サービス選びの重要なポイントです。

代行サービスを長期的に利用するとなると、記事制作に対する要望が多様化してくることが予測されます。

例えば、記事制作のみ代行サービスに依頼し、記事の編集やアップロード作業は自社で行っていたとします。記事制作を依頼し始めてからしばらくすると、社内の事業拡大により、記事の編集やアップロード作業に時間を割くことが難しくなったことから、代行サービスに編集とアップロード作業も依頼することになりました。ここで、以前から記事制作を依頼していた代行サービスが柔軟に対応してくれず、依頼を断られてしまうと、新たに代行サービスを探すことが必要になります。代行サービスを新たに探す時間面、初期費用が発生してしまう可能性があることから、コスト面でも無駄が発生してしまいます。

記事制作代行サービスは、長期的に付き合うことを視野に入れ、柔軟な対応をしてくれるサービスを選びましょう。

費用を確認する

当たり前のことですが、費用を確認しましょう。

記事制作にかかる費用は、代行サービスの形態によっても大きく変化します。自社でどれくらいの予算を割くことができるのか、どのくらいの記事数が必要なのか明確にし、費用のシミュレーションをしっかりと行いましょう。

記事制作を代行してもらうときの費用の決まり方についてもっと詳しく知りたい方は、当サイトの「【記事制作を外注したときの費用は?】記事制作にかかる費用から外注先の選び方までご紹介!」を参考にしてみてください。

\記事制作の費用について詳しく知りたい方はこちら/

クラウドソーシング型かライティング専門型か確認する

記事制作代行サービスは、クラウドソーシング型かライティング専門型の2種類に分かれています。それぞれの違いと特徴は以下の通りです。

 

<クラウドソーシング型>

クラウドソーシング型は、記事制作代行サービスが依頼を受けた後、インターネット上で不特定多数の人に対して募集をかけ、ライターを選定し記事制作をするといったアウトソーシング(※)の一形態です。

(※)アウトソーシング:外部(アウト)からの調達(ソーシング)を表します。自社でノウハウを持っていなくても、アウトソーシングをすることで専門性の高い市場でも進出できるようになりました。自社で社員を育成するよりも低コストで時間もかからないため、近年さまざまな企業に注目されている手法です。

メリットは低コストでスピードが速いことです。そのため、記事制作費用をなるべく抑えたいという方や、なるべく早く記事を納品してもらいたいという方はクラウドソーシング型がおすすめです。

しかし、プロのライターが記事制作をするとは限らないので、記事の品質にばらつきがあるというデメリットが介在しています。

また、クラウドソーシング型サービスでは直接ライターに業務を依頼するため、自らマニュアルを作成する必要があります。

ライターにとって記事制作をすること自体は初めてではないかもしれませんが、御社の記事を書くのは初めてです。「マニュアルのクオリティ=記事の品質」といっても過言ではないでしょう。マニュアルに記載しておきたい内容は以下の通りです。

想定するターゲット

どんな層に読んで欲しいメディアなのか明確にしておく

誘導先

記事制作の目的は何なのか(読んだユーザに、どのようなアクションを求めているか)

SEOルール

対策キーワード、関連キーワードをどのようにいれるか(見出しに必ず入れる、文中に何%入れるなど)

文末表現

「です・ます調」(敬体)か「だ・である調」(常体)か

表記

漢字を使わずひらがなにする言葉一覧。数字・英字・記号は半角か全角かなど

NG表現

競合他社のサービス名は出さない、根拠のない断言・誇張表現はしないなど

上記の内容以外にも、必要であれば追記するようにしましょう。万全にマニュアルを整えたと思っていても、ライターとの解釈の行き違いがあったりします。運用しながら柔軟に変更し、その旨をライターに了承してもらうことも必要です。

 

さらに、クラウドソーシング型サービスを利用する時に、注意するといいポイントは以下の通りです。

  • ライターの経歴
  • 連絡が密にとれるか

まず、ライターの経歴を確認しましょう。ライターの経歴では特に、「自社商品・サービスのジャンルに関して知識があるか」「過去の執筆記事数」「ライターの他社からの評価」に注目してみてください。経歴のほかにも、過去の執筆記事を提出してもらい完成度を確認するといいでしょう。

また、連絡が密にとれるかという点は、交渉段階でメッセージの返信が速いか、ライターの他社からの評価を確認してみましょう。

<ライティング専門型>

ライティング専門型は、記事制作代行サービスの専属のライターが記事を制作してくれます。

メリットは、スキルと経験を兼ね備えた専属のライターが記事制作を行ってくれるため、クラウドソーシング型よりも、高い品質の記事を期待できる点です。ある程度、納品まで時間がかかっても、高品質の記事制作を行ってもらいたい方にはライティング専門型がおすすめです。

しかし、クラウドソーシング型に比べて記事制作に時間がかかるケースが多く、なるべく早く記事を納品してもらいたい方にはおすすめできません。

ライティング専門型は、先ほどクラウドソーシング型の説明の中でご紹介した、マニュアルの作成も自らライターを選別する必要もありません。やはり、クラウドソーシング型と比べると、しっかり自らの業務に集中できるのはライティング専門型だといえます。

 

クラウドソーシング型とライティング専門型の特徴をよく把握し、自社に合った代行サービスを利用するようにしましょう。

記事制作は自分でもできる?

これまで、記事制作代行サービスについてご紹介してきました。

実際、記事制作は自らできるのでしょうか。

記事制作代行サービスのメリットをご紹介した章で、自ら記事制作を行うことは難しいと説明しました。

実際、自社で記事制作を行うことはできなくはありません。趣味でブログ上で記事制作を行っているという社員など、ライティングスキルを持っている社員がいれば不可能ではありません。

しかし、コンテンツマーケティング上での記事制作は、専門性が高い内容の記事制作を行わなければならないことも多く、困難であるケースが多いです。

 

また、記事内容やボリュームによって差はありますが、1記事制作するのに数時間から半日かかることもあり、社員の業務時間の大半を記事制作に割くことになってしまいます。記事制作に時間を割くことは、業務を行うことで非効率だといえます。

本稿でご紹介したメリットもあわせて考えると、何か特別な事情がない限り、記事制作は代行サービスを利用することをおすすめします。

記事作制作行サービスを利用してみましょう!

記事制作代行サービスを利用することで負担が減り、効率良く業務を回すことが可能になります。

コンテンツマーケティングの浸透により、記事制作代行サービスを提供する企業も増加しつつあります。記事制作代行サービス選びに迷ったら、ぜひ本稿でご紹介したポイントを参考にしてみてください。

 

記事制作代行サービスで特におすすめは、「ジャックアンドビーンズ」の記事制作代行サービスです。

ジャックアンドビーンズの記事制作代行サービスは、500社以上のリスティング広告の運用で培ったスキルを利用した制作を行っており、数々の実績を誇っています。

ジャックアンドビーンズの記事制作代行サービスは、専属のライターが記事制作を担当するライティング専門型サービスですが、無駄な費用を抑え、できるだけ低価格で記事制作を行っています。記事制作の費用をできるだけ抑えたいという方にも、記事の品質にこだわりたいという方にもおすすめのサービスとなっています。

気になった方は、以下のお問い合わせフォームかサービスサイトよりお問い合わせください!

ジャックアンドビーンズへのお問い合わせはこちら

 


コンテンツマーケティングカテゴリの最新記事