【記事のライティングを外注するなら?】クラウドソーシング型とライティング専門型の違い

【記事のライティングを外注するなら?】クラウドソーシング型とライティング専門型の違い

現在、米国では88%以上の企業がコンテンツマーケティングを実施しているといわれています。日本でもコンテンツマーケティングの浸透が進んでおり、その影響から記事のライティングサービスが増加しつつあります。こちらの記事を読まれている方は、記事のライティングを外注しようと考えている方も多いかと思います。

記事のライティングを外注することで得られるメリットとは、何でしょうか?また、ライティングを外注するなら、どこに依頼するのがいいのでしょうか。

そんな疑問を解決するために、本稿ではライティングを外注することで得られるメリットから、ライティングの外注先の選び方まで詳しくご紹介していきます。

 

目次

そもそもコンテンツマーケティングとは

近年、「コンテンツマーケティング」を取り入れる企業が増加しています。コンテンツマーケティングとは一体何でしょうか?

コンテンツマーケティングは、アメリカで2000年頃に誕生したマーケティング手法です。日本では2014年頃から浸透し始めました。

コンテンツマーケティングは、一言でいうと「ユーザーのニーズを育成し、ファン化する」手法です。

コンテンツマーケティングでは、リスティング広告などと違いニーズが顕在化していない潜在層のユーザーをターゲットとします。潜在層のユーザーに対して有益な情報をコンテンツとして制作・発信し、まず認知してもらうことから始めます。有益な情報を更新し続けることで、ユーザーのニーズを育て購買につなげます。さらに最終的にユーザーに「商品・サービスを好きになってもらう」、つまりファン化を目指します。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングを導入するメリットとは一体何でしょうか。

簡単に始めることができる

コンテンツマーケティングに必要なものは、ユーザーにとって有益なコンテンツとそれを発信する場所のみです。
より効果を出すためには、ユーザーのターゲティングを行ったり、良質なコンテンツを制作するため費用をかけて外注したりする必要がありますが、ほかのマーケティングに比べるとかかる手間は少ないといえます。また費用面を考えても、コンテンツマーケティングは手軽にはじめることのできるマーケティング手法でしょう。

例えば、リスティング広告はクリックされただけ費用が掛かりますが、コンテンツマーケティングのサイトはいくらクリックされても費用が掛かることはありません。リスティング広告は予算に関して細かな調整が必要ですが、サイトからの集客だとそのような必要もなく、簡単に運用することができます。

コンテンツは資産になる

コンテンツマーケティングで発信したコンテンツは、広告などと違いインターネット上で残り続けます。
コンテンツがユーザーにとって有益なものでしたら、そのページを削除するまで一生成果を発生させ続けることが可能です。また、サイトのコンテンツが充実すればするほど、そのサイトの検索エンジンからの評価が高くなるともいわれています。継続すればするほど効果を発揮するマーケティング手法だといえます。

集客力が高い

情報の発信が一方通行な広告は、ユーザーから「しつこい」などの嫌悪感を持たれてしまうことがあります。しかしコンテンツマーケティングでは、自発的に情報を獲得しようとしているユーザーに対してアプローチをするため、集客力が高いマーケティング手法だといえます。

SNSで拡散されることがある

コンテンツマーケティングとSNSの相性は抜群です。

発信したコンテンツがSNSで拡散され注目を浴びること、つまり「バズる」ことができれば、多くのアクセス数を獲得することができます。さらに、シェアが繰り返されると「被リンク」を多数獲得することができるため、SEO対策にもつながります。

コンテンツマーケティングのデメリット

コンテンツマーケティングのメリットをご紹介しましたが、デメリットも理解しておきましょう。

効果がすぐに表れない

コンテンツマーケティングは、リスティング広告などのマーケティング手法と比べると効果がすぐに表れません。コンテンツをアップしてから、SEOの効果がすぐに認められないためです。

忍耐強くコンテンツを継続的に発信し続けることで、やっと効果が認められる手法です。効果が出るまで数カ月から半年ほど時間を要する場合もあります。

SEOの効果が認められ始めると効果が出やすいのですが、すぐに集客効果が欲しいという方には、コンテンツマーケティングをおすすめできません。

コンテンツの制作には時間がかかる

コンテンツを制作するのには、時間がかかります。ユーザーにとって有益なコンテンツを制作しようとすると、さらに多くの時間を要します。これを自社ですべて制作しようとすると、難しく非効率的です。コンテンツの制作に追われ、本来の業務がおろそかになってしまう可能性も出てきます。そのためコンテンツの制作は、外注することがおすすめです。

コンテンツ制作を外注することで、自社にかかる負担はほぼなくなりますし、プロが制作を請け負ってくれるため安定した品質のコンテンツを受け取ることができます。

継続的にコンテンツを追加することが難しい

コンテンツマーケティングで成果を得るためには、1本書いて終わりという訳にはいきません。継続的に、まとまった本数を更新しなければ、Googleの評価を得ることはできず、いつまでたっても、ユーザーの目に触れることはないでしょう。

社内でプロジェクトを立ち上げ、コンテンツマーケティングを始めたものの、他の業務を圧迫し継続できずサイトを閉鎖したというのは、珍しい話ではありません。
また、本数を確保しても、内容がともなわなければ同様に評価されないでしょう。「継続的」に「質の高い」記事を更新するという両方の条件を満たすことを自社で行うのは、難しい場合が多いです。

 

記事のライティングは外注しないと大変?

そもそも、記事のライティングは外注しなくてはいけないのでしょうか?

結論を述べると、記事のライティングは外注することをおすすめします。記事のライティングを自ら行おうとすると、多くの負担がかかります。

記事のライティングを外注したほうがいい理由を、以下で詳しく説明していきます。

自分で記事のライティングをすると時間がかかる

記事のライティングを自ら行うと、多くの時間を要します。

記事の難易度やボリュームにもよりますが、1つの記事を制作するのに約数時間ほど、長いと半日かかることもあります。普段の他の業務に加えて、ライティング作業を行うことを考えると、記事のライティングは社員にとってとても大きな負担になります。記事のライティング作業のせいで、自分の本当の仕事が疎かになってしまっては本末転倒です。

また、SEO的にサイトのコンテンツの充実度も評価対象になるといわれているため、結果を出すためにはある程度まとまったコンテンツ(記事)量が必要になります。サイトにアップロードする記事のライティングを、全てを自社でまかなうとなると非常に難しいでしょう。

他の業務に支障をきたさないためにも、記事のライティングは外注することがおすすめです。

自分で記事のライティングをするとスキルが必要

自ら記事をライティングするとなると、ある程度ライティングスキルが必要になります。

社内にライティングスキルを持った社員がいれば社内制作することも可能ですが、ライティングスキルを持った社員がいない場合、1からライティングの勉強が必要になります。そうすると、多くの時間やコストがかかりとても非効率的です。

ライティングを外注すれば、経験が豊富なライターが記事制作を代行してくれるため、ライティングのスキルはほとんど必要ありません。

効率良くコンテンツマーケティングを実施するためにも、記事のライティングは外注することがおすすめです。費用面で心配がある方は、1部の記事のライティングを外注するといった方法もいいかもしれませんね。

サイト担当者を採用するとコストがかかる

コンテンツマーケティングの運用には、多くのタスクが発生します。継続するとなるとなおさらです。ひとつの解決策として、現状の業務をさまたげないために、コンテンツマーケティングにおける記事作成のスキルをもった社員を迎える方法もあります。

ですが「社員を増やす」ことは大幅なコスト増加に繋がります。コンテンツマーケティングの成果を得られるかどうかわからない、初期の段階で判断するのは非常にリスクが高いです。

もし社員を増やすなら、コンテンツマーケティングが軌道に乗り、ある程度のスキルと経験が社内に蓄積されてから慎重に検討するのがよいでしょう。

コンテンツマーケティング運営をとりまくさまざまな側面から検討しても、ライティングを外注することがベストな選択といえます。

 

ライティングを外注する前に確認すべきこと

ライティングを外注する前に、いくつか確認すべきことがあります。確認しないままライティングを外注すると、費用をかけて外注する意味がなくなることにもなりかねないので、しっかり確認するようにしましょう。

目的・目標を明確にする

まず、ライティングを外注する目的・目標を明確にしましょう。

なぜライティングを外注するのか、ライティングを外注することによって何を得たいのかを明確にしないまま、ただ何となく外注するのでは意味がありません。「社内の負担を軽減するため」や「より効率的にサイト運営を行うため」、「良質なコンテンツを確保するため」など目的をしっかり持つようにしましょう。さらに、「○本ライティングを外注してリードを△件獲得する」など具体的な目標を設定するとなおいいでしょう。

 

使える予算を確認する

当たり前のことですが、使える予算を確認しましょう。

ライティングを外注するサービスの形態や依頼するライターのレベルなどによって、外注費用は大きく変化します。簡単にいうと、高品質で文字数の多い記事を外注しようとすると、それなりに費用がかかってしまうということです。ライティングの外注にかかる費用相場は下記の記事で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【記事制作を外注したときの費用は?】記事制作にかかる費用から外注先の選び方までご紹介!

社内で体制を整える

すでにコンテンツマーケティングを導入していて、オウンドメディアやサテライトサイトを運営しているという企業は社内の体制が整っているかと思います。しかし、これからコンテンツマーケティングを導入しようという企業は、社内で体制が整っているか確認してみてください。

ライティング外注サービス側とは誰が連絡をとるのか、また記事の完成報告を受けたら誰が内容を確認するのか、さらにアップロード作業はどうするのか、ライティングを外注する体制(コンテンツマーケティングをうまく回す体制)が整っているか確認してみてください。社内体制が整っていないままライティングを外注してしまうと、納品された記事をアップロードしないままお蔵入りなんてこともあるかもしれません。

それぞれの役割が明確で、体制が整っている状態でライティングを外注できるといいですね。

 

ライティング外注先の選び方

ライティングの外注先を選ぶ際に注目すべき点は下記の通りです。

  • クラウドソーシング型かライティング専門型か
  • 制作実績

まず、ライティングの外注先は「クラウドソーシング型」と「ライティング専門型」2種類のサービスタイプに分かれています。それぞれのタイプの特徴は記事の後半で説明します。自社の商品・サービスはどちらのサービスタイプが合っているのか確認し、外注先を選ぶようにしましょう。

次に、外注先の制作実績を確認するようにしてください。

制作実績を確認することで、ライターのスキルから外注先が得意としているジャンルまで色々なことがわかります。ライターのスキルに問題ないか確認することはもちろん、自社の商品・サービスジャンルの記事制作実績があるところに依頼することをおすすめします。

 

記事のライティング外注先は2種類

記事のライティングを外注するサービスの形態には、「クラウドソーシング型」と「ライティング専門型」の2種類があります。

こちらの章では、それぞれの形態の特徴をご紹介していきます。

クラウドソーシング型

クラウドソーシング型の概要

「クラウドソーシング」とはアウトソーシングの一形態であり、インターネット上で不特定多数の人に対して必要なサービスやノウハウの寄与を募ることをいいます。

そのため、クラウドソーシング型サービスでは、専属のライターを自社で保有していなく、インターネット上で選定されたライターがライティングを担当します。

クラウドソーシング型サービスのライター選定の流れは、以下の通りです。

  1. クラウドソーシング型サービスへライティングを依頼する
  2. サービス側がインターネット上でライターを募集する
  3. 応募の中から記事内容に合ったライターを選定する
  4. 選定されたライターによってライティング
  5. 記事が納品される

 

サービスを利用せずに、クラウドソーシングで自らライターを探すことも可能です。しかし、複数の記事制作を依頼する場合、担当ライターとのコミュニケーションが煩雑になったりと、記事の管理が難しくなることが予測されます。

クラウドソーシング型サービスを利用すれば、記事の管理はサービス側が行ってくれるので、負担なく記事制作を依頼することができます。

クラウドソーシング型サービスは、コストを抑えつつ多くの記事を発注できるので、コンテンツマーケティングを初めて実施する企業や、コンテンツが充実していないため、多くの記事を発注したいという企業に向いています。

しかし、専属のライターを保有していないため、記事の品質にばらつきがある場合があります。もちろん、優秀なライターにライティングを担当してもらえることもありますが、記事の品質にこだわりたい企業や、難しい製品・サービスを扱う企業は、クラウドソーシング型サービスはおすすめできません。

さらに、クラウドソーシング型サービスはライティング専門型サービスと比較すると、自社で行うべき工数が多いです。例えば、クラウドソーシング型サービスではライター向けマニュアルの作成が必要になります。マニュアルを作成することで、ライティングのルールや記事の内容についての決まりを明確にし、ライターに共有することができます。マニュアルに入れたほうがいい内容は、以下の通りです。

<想定するターゲット>

どんなユーザーをターゲットとするのか明確に示す(ペルソナ像を記載するといい)

<誘導先>

記事制作の目的は何なのか。記事を読んだユーザに、どのようなアクションを求めているか。(例:商品の購入、サービスの契約など)

<SEOルール>

対策キーワード、関連キーワードをどのようにいれるか(タイトルや見出しに必ず入れる、文中に最低何個入れるなど)

<文末表現>

「です・ます調」(敬体)か「だ・である調」(常体)か

→ターゲットとするユーザーや記事で紹介する商材によって変化させる

<統一表記>

漢字を使わずひらがなにする言葉一覧。数字・英字・記号は半角か全角かなど

<NG表現>

競合他社のサービス名は出さない(A社やサービスBのように表現するなど)、根拠のない断言・誇張表現はしないなど

上記以外にも、ライターに共有しておきたい内容を随時追記するようにしてください。

マニュアルの内容が万全だと思っていても、ライターとの認識のズレが発生する可能性もあります。その都度柔軟にマニュアルを変更し、ライターに理解してもらいましょう。

クラウドソーシング型の費用相場

クラウドソーシング型の発注方法は、自分でライターを探す方法と、クラウドソーシング内のサービスを利用する方法があります。

ここでは、先に述べたサービスを利用する場合について解説します。クラウドソーシングのプラットフォームには、数多くのライターが登録しており、条件にマッチしたライターにサービス側の担当者が依頼します。

ライター選定を大きく左右する条件は「ジャンル」と「費用」の2点です。専門的な知識が必要なジャンルであれば、必然的に相場が高くなります。また、提示した費用に見合ったライターが選定されるため、質の良い記事を望むのであれば、ある程度の予算の確保が必要です。

一概にはいえませんが、文字単価1文字1円以上が最低ラインです。それを下回る場合は、日本語が間違っている、事実と異なることを書いている、他サイトのコピペなど、問題ある原稿が納品される可能性があります。

それでは事実確認やリライトなど、社内のタスクが増えてしまい、外注する意味がなくなってしまいます。

専門的知識が必要であれば文字単価に1円加算、わかりやすさ、独自の切り口などライターの高いスキルを必要とする場合は2~4円加算など、相場はあがります。品質の高さを求めれば求めるほど、相応に単価が上がるといえるでしょう。

またそれとは別に、サービスの利用料として手数料も発生します。最終的な請求額がいくらになるか、確認しながら発注規模を検討しましょう。

ライティング専門型

ライティング専門型はクラウドソーシング型と違い、自社で専属のライターを保有しています。サービス側は依頼を受けると、自社の専属のライターの中から記事に合ったライターを選定し、記事のライティングが始まります。

ライティング専門型の記事納品までの流れは、以下の通りです。

  1. ライティング専門型サービスに記事を発注する
  2. サービス側と認識のすり合わせを行う
  3. サービス側が記事内容に合った専属のライターを選定する
  4. 専属のライターによってライティング
  5. 完成した記事をサービス側がチェック
  6. 記事が納品される

ライティング専門型サービスは、経験豊富な専属のライターがライティングを担当してくれるため、クラウドソーシング型サービスよりも記事の品質にばらつきが出にくことが特徴です。そのため、記事の品質にこだわりたいという方や専門性の高い製品・サービスを扱う企業におすすめです。

しかし高品質な記事を期待できる分、クラウドソーシング型サービスに比べて費用が割高になることがあります。記事の品質よりも費用面を重視したいという企業にはおすすめできません。

 

クラウドソーシング型とライティング専門型のメリット・デメリット

前の章では、クラウドソーシング型・ライティング専門型サービスのそれぞれの特徴をご紹介しました。それでは、それぞれのサービスのメリット・デメリットとは何でしょうか?以下で詳しくご紹介します。

クラウドソーシング型のメリット・デメリット

クラウドソーシング型のメリット・デメリットは、以下の通りです。

【メリット】

  • 1度に多くの記事を発注可能
  • 比較的ライティング費用が安価

【デメリット】

  • 記事の品質にばらつきが出てしまう可能性
  • 専門的な内容の記事を依頼できない場合がある

クラウドソーシング型は、安価で1度に多くの記事を発注することが可能なため、コンテンツ内容が充実していないという悩みを持った企業や、コンテンツマーケティングに費用をかけることができないという企業におすすめです。

しかし、記事の品質にばらつきが出てしまう可能性があるため、記事の品質にこだわりたいという方にはおすすめできません。もちろん優秀なライターも存在しますが、記事の品質を重視するなら、専属のライターを保有しているライティング専門型サービスに依頼するほうがいいでしょう。

 

ライティング専門型のメリット・デメリット

ライティング専門型のメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 記事の品質にばらつきが少ない
  • 専門的な内容でも依頼できる

【デメリット】

  • 費用がクラウドソーシング型に比べると高価
  • 発注できる記事の数に限りがある

ライティング専門型では、自社で保有している経験豊富な専属のライターがライティングを行うため、記事の品質にばらつきが少ないです。

さらに、記事のチェック体制も整っているため、依頼した原稿が届いた段階で、誤字・脱字・表記ゆれといった単純なミスが残っている可能性は格段に低くなります。

受け取った原稿に対して手を加える時間が減れば、自社内の担当者が編集作業に追われることもなくなるでしょう。

また、専門的な内容でもライティングを依頼できる場合が多く、製品やサービスが専門的で紹介がしづらいという企業や、記事の品質にこだわりたいという企業におすすめです。

しかし、クラウドソーシング型に比べて費用が高価であることが多く、コンテンツマーケティングに費用をかけることが難しいという方にはおすすめできません。

 

また、ライティング専門型のもうひとつのメリットとして、どのようなコンテンツを作成するか、という段階からサポートしてもらえるという点があります。

ライティング専門型のサービスを提供している企業の多くは、記事の作成だけでなく、SEOの知識を生かしてメディアの運営面や企画面でのサポートも行っています。

ライティングを依頼したいけど、そもそもどのようなコンテンツを作成すると自社のことを的確にアピールできるのか、はっきりと戦略が決まっていないという場合もあるのではないでしょうか。

そういった場面では、ライティング専門型企業の方が包括的にサポートをしてもらえるので、心強いといえるでしょう。

 

おすすめはライティング専門型!

クラウドソーシング型とライティング専門型、どちらにもメリット・デメリットが介在しています。しかし実際ライティングを外注するなら、どちらのサービスがいいのでしょうか。

外注するなら、「ライティング専門型」がおすすめです。

クラウドソーシング型だと、記事の品質にばらつきが出やすいことが考えられます。納得できる品質の記事が納品されなかった場合、せっかく記事を外注して社内にかかる負担を減らしたというのに、記事の修正作業に多くの時間を要してしまいます。記事の本数が少なければいいですが、数が多くなればなるほど負担は大きくなります。

こういった状況に陥らないためにも、専属のライターがライティングを担当してくれ、記事の品質にばらつきが少ないライティング専門型がおすすめです。ライティング専門型なら、記事のライティングからアップロード作業まで安心して任せることができます。

さらに、ライティング専門型は専門性の高い製品・サービスの記事制作も請け負ってくれることが多いです。専門性の高い製品・サービスでは特に記事の品質が重要であるため、利用するべきなのはライティング専門型サービス一択といってもいいでしょう。

ライティング専門型のデメリットとして、クラウドソーシング型サービスよりも費用がかかるとお伝えしましたが、高い品質の記事を納品してもらえることを考えると、ライティング専門型はコストパフォーマンスがいいサービスであるといえます。

 

ライティング専門型サービスの選び方

企業による記事外注のニーズ増加にともない、ライティング専門型サービスも増えています。ここでは、なにを基準にサービスを選んだらよいか解説します。

制作実績を確認する

ライティング専門型サービスを選ぶ際、一番目安となるのが「制作実績」です。これまでどんなジャンルの記事を制作し納品しているか確認します。またそれぞれの記事が、SEO施策としてどれだけ成功しているかも重要です。

「実績=制作本数」と取られがちですが、本数が多いからといって自社にあうとは限りません。自社のサービスと同じジャンルの実績がある場合は、ディレクターにすでに知見が蓄積されており、打ち合わせがスムーズに進むメリットがあります。

また、ライティング専門型サービスには、専属ライターがいるため、同じジャンルの執筆経験があるライターの確保も容易にできるでしょう。

SEO施策としての実績は、これまで納品した記事において、狙ったキーワードでどれだけ検索上位を獲得したか確認します。検索上位を獲得していることは、ユーザーにとって有益と認められる高品質な記事であることを証明しています。

継続的に納品しているサイトがあれば、PV数はどれだけ増えているか、CV率の変化などもあわせて確認します。

さらに、コンテンツマーケティングだけではなく、リスティング広告などWebを利用したマーケティング施策での成果も参考になります。

あらゆる要素から検討し、自社にあったライティング専門型サービスを見つけましょう。

自社製品・サービスを理解してもらえるか

自社製品やサービスを理解した上でライティングに着手するかどうかは、高品質な記事になるかどうかに直結するポイントです。事前にミーティングの場をしっかり設けてヒアリングを行い、認識のすり合わせを行う時間をとってくれるのか確認しましょう。

自社と同じジャンルの実績があるライティング専門型サービスがあれば近道ですが、実際にはなかなか見つからなかったり、制作実績はあっても結果がともなっていなかったりなどの場合が多いです。

実績をカバーするのは「リサーチ」です。自社サービス、類似サービスを分析し押し出せる強みを見つける、競合サイトの傾向を分析し自社の記事制作に活かすなどのリサーチがしっかりできるかどうか確認します。

同じジャンルの実績がなかったとしても、丁寧なミーティングとリサーチで対応してくれるサービスであれば、成果に繋がるでしょう。

柔軟に対応してくれるか

通常、ライティング専門型サービスにはそれぞれプランがあり、自社にあったプランの提案を受け契約します。最低発注本数などの条件、初期費用・本数単価または文字数単価などの価格、発注から納品までの納期など自社の希望にあったものを選びます。

しかし、サイトを運営してみると「来月は本数を多くしたい」「今話題になっているうちに納期を早めて更新したい」などの希望が出てくるものです。その場合、柔軟に対応してくれるのかを必ず確認しましょう。

 

ライティングを外注して効率的にメディアを運営しましょう!

本稿では、クラウドソーシング型とライティング専門型の違いや、メリット・デメリットについてご紹介しました。

社内である程度リソースを確保でき、予算が限られている場合は「クラウドソーシング型」、予算をある程度の額組めるので、社内のリソースを割きたくない、さらに品質も求めたい場合は「ライティング専門型」がおすすめです。

いずれも当てはまらない場合は、予算の増額、またはリソースの確保ができるよう社内調整が必要です。「コンテンツマーケティング」は一部の担当者や部署だけではなく、社内全体の理解と協力があってこそ成果に繋がります。

自社にあったサービスは、「クラウドサービス型」か「ライティング専門型」かよく見極めて、記事を外注し、コンテンツマーケティングを成功させましょう。

 

おすすめライティング専門型サービスをご紹介

ライティング専門型サービスでおすすめなのが、「ジャックアンドビーンズ」の記事制作代行サービスです。

ジャックアンドビーンズの記事制作代行サービスでは、500社以上のリスティング広告の運用実績から得たノウハウを活用して、より数的な思考を持って記事制作を行っています。

また、ジャックアンドビーンズの記事制作代行サービスはライティング専門型であるため、SEOの知識を持った専属のライターが丁寧にライティングを行います。記事中のライティング専門型のデメリットの中で、クラウドソーシング型に比べると費用が高いとお伝えしましたが、ジャックアンドビーンズでは無駄なコストを削減し、徹底的に価格を抑えて記事制作を行っています。記事制作に予算を多くかけることはできないが、記事の品質にこだわりたいという方に特におすすめです。

 

ここで、ジャックアンドビーンズが記事制作を行ったメディア事例をご紹介します。

<BtoB企業向けITツールを扱うA社>
A社ではさらなるリード獲得のために、オウンドメディアの運用を開始しました。
A社ではサイトを保有していなかったため、サイトの構築部分までジャックアンドビーンズが携わり、運用が開始します。
サイト運用開始時点で記事20本、その後も毎月10本ずつ記事を公開し、徐々にコンテンツを増やしていきました。その結果、サイト運用開始から約半年で月間数件のコンバージョンを獲得できるメディアに成長しました。さらに、その後もコンスタントに記事を公開することで、現在では月間十数件のコンバージョンを獲得できています。

 

ジャックアンドビーンズにご興味を持たれた方は、ぜひ1度下記フォームまたはサービスサイトよりお問い合わせください!

 

ジャックアンドビーンズへのお問い合わせはこちら


記事制作カテゴリの最新記事