【SEOに強い記事を書くなら】ライティング代行サービスに依頼しましょう!

【SEOに強い記事を書くなら】ライティング代行サービスに依頼しましょう!

近年、コンテンツマーケティングの浸透により、オウンドメディアやサテライトサイトを構築する企業が増加しています。オウンドメディアやサテライトサイトを構築する上で欠かせないことが、「SEOに強い記事の制作」です。

ただSEOに強い記事の制作には、知識と時間が必要です。そこで注目され始めたのが、『ライティング代行サービス』です。

ライティング代行サービスは、その名の通り自社のサイトで公開する記事のライティングを代行してくれるサービスのことです。

こちらの記事では、ライティングに欠かせない知識であるSEOの説明から、ライティング代行サービスの選び方までご紹介していきます。

SEOに強い記事を書くなら「ライティング代行サービス」!

コンテンツマーケティングの浸透で、オウンドメディアやサテライトサイトを構築する企業が増えた影響から、「ライティング代行サービス」が一気に注目されるようになりました。

ライティング代行サービスは、その名の通りライティング作業を自社の代わりに行ってくれるサービスのことを指します。

 

コンテンツマーケティングについて詳しく知る

 

それでは、なぜSEOに強い記事のライティングが必要で、代行サービスに依頼したほうがいいのでしょうか。

以下でご紹介していきます。

 そもそもSEOとは?

そもそも「SEO」とは何でしょうか?

SEOは”Search Engine Optimization”の略で、「検索エンジン最適化」とも呼ばれています。

SEOは、検索エンジン上の掲載順位を上げる施策のことを表します。掲載順位を上げることで、それだけ多くのユーザーの検索結果に表示されるため、サイトへの流入数増加を期待できます。

 

SEO対策は、検索エンジンに「ユーザーにとって有益なサイト」として認識してもらうことが基本です。「ユーザーにとって有益なサイト」として評価されるほど、検索順位は上がるということです。

なぜ、検索エンジンは「ユーザーにとって有益なサイト」を追求しているのでしょうか。検索エンジンは広告費で大半の収益を得ています。ユーザーが検索エンジンを利用したときに、でたらめなサイトばかり表示されたら、ユーザーはその検索エンジンの利用をやめると予測されます。検索エンジンを利用するユーザーが減るということは、広告費が減る、つまり検索エンジンの収益が減るということになるのです。そのため、検索エンジンは「ユーザーにとって有益なサイト」を上位表示させることを追求しているのです。

 

それでは、「ユーザーにとって有益なサイト」として評価されるためにはどうすればいいのでしょうか。SEO対策として代表的な2つをご紹介します。

  • 対策キーワードが見出し・文中に適度に含まれている
  • 日々情報が更新されている

注意してもらいたいのが、上記2点だけを気を付ければいいわけではないことと、検索エンジンは日々評価の基準を変更しているということです。

正直、SEO対策として検索エンジンから「これをやれば上がる」と明確に表示されたものはありません。しかし、「ユーザーにとって有益なサイト」を作るという理念に間違いはないため、ユーザーにとってわかりやすく、ためになる情報を紹介した記事のライティングスキルが必要になります。

ライティング代行サービスとは?

ライティング代行サービスは、その名の通り自社のサイトに公開する記事のライティングを代行してくれるサービスのことです。

ライティング代行サービスの利用の流れは、以下の通りです。

  1. ライティング代行サービスによるヒアリング
  2. ライターによって記事がライティングされる
  3. 記事が納品
  4. 記事に問題がないかチェック
  5. 記事をサイトにアップロード

ライティング代行サービスを利用すると、記事の構成決めからライティング作業、ライティングされた記事の修正、アップロードまで一通り代行してもらうことができます。

ライティング代行サービスを利用するときのポイントは、1番初めに行うライティング代行サービスによるヒアリングは、丁寧に行うことです。ライティング後に記事に不満があり修正を依頼すると、ライティング代行サービス側に問題がある場合は無料で修正してくれますが、そうでない場合は追加で費用が発生することがほとんどです。無駄な費用を抑えるためにも、打ち合わせは丁寧に行いましょう。納得がいくまで複数回行ってもいいかもしれませんね。

ライティング代行サービスのメリット・デメリット

ライティング代行サービスを利用することで得られるメリットは以下の3つが挙げられます。

 

【メリット】

  • 社員への負担が少なくなる
  • SEOの知識を持ったライターにライティングしてもらえる

ライティング代行サービスの大きなメリットは、社員への負担が少なくなるという点です。自らライティング作業を行おうとすると、多くの時間を要します。また、ライティングのスキルを保有した社員がいない場合、さらに時間的コストを要します。結果的に、社員はライティングの業務に追われ、自らの本当にやるべき業務が手つかずになってしまう可能性が出てきます。ライティング代行サービスを利用すると、記事の構成作成からライティング作業、記事の修正やアップロード作業まで一通り代行してもらえるので、社員にかかる負担はほとんどありません。自らの業務に集中することができますね。

 

【デメリット】

  • 費用がかかる
  • 自社とライティング代行サービスとの間に認識の相違が生まれる可能性

ライティング作業を社内で行えば費用はかかりませんが、代行サービスに依頼することで費用がかかります。しかし、代行依頼することで得られるメリットを考慮すると、費用面で考えられるデメリットはかなり少ないでしょう。

自社とライティング代行サービスとの間に、認識のズレが生じる場合があります。このズレは、自社の製品・サービスの内容についてや記事の表記の仕方に生じることが多いです。しかし、認識のズレは始めに行う打ち合わせを丁寧に行うことで防ぐことができます。

また、ライティング代行サービスでは、経験を積んだSEOの知識があるライターにライティングを担当してもらうことができます。SEOの知識がある社員がいないという企業も多いかと思います。ライティング代行サービスに依頼することで、SEO対策を意識した記事をコンテンツに追加することができます。

 

メリットからライティング代行サービスは、コンテンツマーケティングを導入する上で欠かせないサービスだとわかりますね。

ライティング代行サービスには2種類あります。次の章でそれぞれの特徴、メリット・デメリットをご紹介していきます。

ライティング代行サービスは2種類ある!

ライティング代行サービスには「クラウドソーシング型」と「ライティング専門型」の2種類があります。以下でそれぞれの特徴をご紹介していきます。

クラウドソーシング型

「クラウド」とは、群衆・大勢を意味します。文字通り、インターネットを通じて大勢のワーカーに業務を依頼することです。業務の一部を外注する一種の「アウトソーシング(※)の形です。

クラウドソーシング型のサービスは、ライティング案件の詳細をインターネット上に公開し、応募を待ちます。以前の「アウトソーシング」では、フリーランスを見つけた後にスケジュールや予算のすり合わせが必要でした。しかし、クラウドソーシング型では、先に業務内容を公開するため、スケジュール・予算・スキル面などの条件をクリアした人材が応募するので、業務とのマッチがしやすいのが特徴です。

クラウドソーシング型のライティング発注形式を表にまとめると、以下の通りです。

 

プロジェクト形式・提案してきた応募者の中から適した人材を選ぶことができる

・依頼内容に明記していれば、Skypeを使った打ち合わせや納品後の修正依頼も可能

コンペ形式・不特定多数のワーカーが、原則先着順に作業をする

・ワーカーとのやり取りはない

タスク形式・不特定多数のワーカーに作品を提出してもらう

・作品そのものを選定することができる

(※)アウトソーシング:外部(アウト)からの調達(ソーシング)を表します。近年は、外部から調達する人的資源に使われることが多いです。

ライティング専門型

ライティング専門型は、ライティング代行サービスが保有している専属のライターが記事を制作してくれます。スキルと経験を兼ね備えたライターが記事の制作を行ってくれるので、専門性の高い内容でも引き受けてもらえることが多いことが特徴です。しかし高品質な記事を期待できる分、費用がアウトソーシング型よりも割高になることが多くあります。

記事の品質にこだわりたいという方や、専門性の高い製品・サービスを扱う企業におすすめです。

クラウドソーシング型とライティング専門型どちらがおすすめ?

実際、クラウドソーシング型とライティング専門型のどちらを選んだほうがいいのでしょうか。以下で解説していきます。

<安く大量に記事を発注したいなら>クラウドソーシング型

安く大量に記事を発注したいという企業は、クラウドソーシング型がおすすめです。

例えば、コンテンツマーケティングを始めたばかりでコンテンツが充実していない企業や、コンテンツ量を増やしてSEO対策を行いたいが、費用はなるべくかけたくないといった企業におすすめです。

それでは、なぜ費用を抑えて多くの記事を発注したい企業はクラウドソーシング型を選ぶといいのでしょうか。

クラウドソーシング型は、 先ほどご紹介した通りインターネット上で不特定多数のライターに対し、ライティング案件を公開し、募集を行うため一度に多くの記事を発注することが可能です。

またライティング専門型と違い、自社とライターの間に代行会社が入らないため中間マージンが発生しません。つまり、ライティング専門型より費用を抑えてライティングを代行してもらえるということです。

しかし、クラウドソーシング型は記事の品質にばらつきが発生しやすいため、専門性の高い製品やサービスを扱う企業や、高品質な記事を期待する企業にはおすすめできません。

<質のいい記事を発注したいなら>ライティング専門型

質のいい記事を発注したいという企業は、ライティング専門型がおすすめです。

例えば、コンテンツ内で紹介したい製品やサービスが専門性が高い企業や、SEO対策として質のいい記事がコンテンツに欲しいという企業におすすめです。

それでは、なぜ記事の品質にこだわりたい企業はライティング専門型を選ぶといいのでしょうか。

ライティング専門型は、サービスで専属のライターを保有しています。専属のライターは、経験豊富でライティングスキルがあり、クラウドソーシング型に比べると高品質な記事の完成を期待できます。また、ライターとコミュニケーションがとりやすいので、専門的な内容でも情報を伝えやすく、ライティングしてもらいやすいことがあげられます。

しかし、自社とライターの間にサービスが入り中間マージンが発生し、費用が高くなる傾向があります。費用をなるべく抑えてライティング代行を依頼したいという企業には、不向きかもしれません。

ライティング代行サービスを利用してみましょう!

本稿では、ライティング代行サービスについてご紹介しました。

コンテンツマーケティングを導入するにあたって、オウンドメディアやサテライトサイトを構築するときに、欠かせないものとなるのがライティング代行サービスです。

ライティング代行サービスを利用する際は、クラウドソーシング型とライティング専門型それぞれの特徴やメリット・デメリットをよく理解し、自社の製品・サービスに合ったライティング代行サービスを利用するようにしてください。

 

ライティング代行サービスでおすすめなのが、「ジャックアンドビーンズ」の記事制作サービスです。ジャックアンドビーンズでは、500社以上のリスティング広告の運用で得たノウハウを基に記事制作を行うので、より効率的に効果を獲得することを期待できます。

また、ジャックアンドビーンズはライティング専門型サービスですが、無駄な費用を抑え低価格でライティング代行を行っています。

ぜひ、気になった方は下記のフォームからお問い合わせをしてみてください!

 

ジャックアンドビーンズへのお問い合わせはこちら


記事制作カテゴリの最新記事