【記事制作サービスを徹底比較】特徴・費用など細かに調査!

【記事制作サービスを徹底比較】特徴・費用など細かに調査!

オウンドメディアの運営など、コンテンツマーケティングを行っている担当者は、常に膨大な業務をかかえています。良質なコンテンツを定期的に追加するだけではなく、SEOで結果を出すためにどのように改善すればよいか、常に分析が必要です。

コンテンツマーケティングに関する、すべての業務を行うための人的リソースを確保するのは難しいのが現状…という担当者も多いのではないでしょうか。

 

そんな課題を解決するための方法として、一番オススメなのが「記事制作サービス」の利用です。この記事では「記事制作サービス」をオススメする理由から「記事制作サービス」には2種類あること、またそれぞれサービスの特徴を比較します。さらにオススメする具体的なサービスまで紹介します。

ぜひ、「記事制作サービス」を上手に利用し、効率的なコンテンツマーケティングに役立てて下さい。    

 

コンテンツマーケティングのおさらい

コンテンツマーケティングとは?

近年、耳にすることが多くなった「コンテンツマーケティング」とは一体何なのでしょうか。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに対して有益なコンテンツ(記事や動画など)を提供し続けることで、エンゲージメントを生み出すマーケティング手法のことです。

日本では、ここ数年で一気に注目されているマーケティング手法でありますが、アメリカでは10年以上も前から浸透している手法です。

では、なぜ日本でもコンテンツマーケティングが注目されるようになったのでしょうか。理由は大きく分けて3つあります。

  1. ユーザーが広告から情報を得る必要がなくなった
  2. コンテンツはサイトの資産となる
  3. コンテンツマーケティングは始めやすい

1つ目の理由は「ユーザーが広告から情報を得る必要がなくなった」ことです。
インターネットが普及する前はユーザーは情報を与えられる立場で、広告の情報も数少ない貴重な情報だとされていました。しかしインターネットの普及で、ユーザーは自ら検索エンジンなどで必要な情報を調べることができるようになり、情報を自ら獲得しにいく立場に変わりました。そのため、ユーザーは広告からの情報が必要ではなくなり、むしろ広告に対して「しつこい」や「邪魔」といったマイナスなイメージを抱くようになりました。
しかし、コンテンツマーケティングは広告と違い、自ら情報を求めにきたユーザーに訴求をするため、とても効果的であるといわれています。

2つ目の理由は「コンテンツはサイトの資産となる」ことです。
コンテンツは広告と違い、1度アップロードするとサイト上に残り続けます。コンテンツを積み重ねることで、大きな資産となるのです。
コンテンツマーケティングでは、効果が明らかになるまでに時間がかかりますが、忍耐強く施策を重ねることで大きな効果を生むことは間違いありません。

3つ目の理由は「コンテンツマーケティングは始めやすい」ことです。
コンテンツマーケティングを始める上で、最低限必要な費用はドメイン代とサーバー代のみです。資金的に広告に多額の費用をかけることができないという企業も、手軽に始めることができるマーケティング手法です。
大きな費用をかけずに始められることは、コンテンツマーケティングに取り組む企業が増えている要因の一つといえるでしょう。

 

記事制作サービスがおすすめな理由

コンテンツマーケティングにおいて、記事制作を社内で対応するのは非常に難易度が高いです。それは、現在の「コンテンツマーケティング」はSEO対策のため、多くの行程があるからです。

一昔前に行われていた、SEOを意識しない形で運営する「コンテンツを利用したマーケティング」なら、社内で対応していた企業が多くありました。

代表的なのは、「スタッフブログ」や「社員ブログ」などの形で発信されるものです。これらは新商品や新サービスのリリースだけではなく、日常的な出来事をつづり、顧客に「親近感」も持ってもらうことを一番の目的としていました。特に知識や文章力がなくても、たまに順番が回ってきた時に書く程度で対応できたため、社内対応が可能だったのです。

ですが、現在行われている「コンテンツマーケティング」でもっとも重要なのは「SEO対策」です。求められるのは「親近感」ではなく「検索結果で上位に表示されること」です。そのためには、検索エンジンに評価されることが必要で、ユーザーにとって有益なコンテンツを更新しなければなりません。

有益なコンテンツを更新するためには「記事作成」だけではなく、ターゲットをどこに絞るか、そのターゲットに届くキーワードは何か、競合の記事はどんな内容か、分析し検討が必要です。

 

また「記事作成」したあとも、その記事がどれだけPV数があるか、狙ったキーワードでの表示順位はどれくらいか、CVにはどれだけ繋がっているかなど分析し、改善しつづけなければなりません。

この数ある「記事作成」の行程のなかで、一番外注のメリットがあるのが「記事制作」です。制作フローの中で一番切り離しやすく、文章力やとSEO対策といった「専門的」で「経験値」が必要な工程を依頼することで、社内工程の大幅な削減に繋がります。

継続してコンテンツマーケティングを行うためには「記事制作の外注」は必須項目といえるでしょう。

 

記事制作サービスには2種類

おもな記事制作サービスには、大きくわけて「クラウドソーシング型サービス」と「ライティング専門型サービス」にわけられます。自社の予算や体制にどちらがあっているか、よく検討してください。

 

クラウドソーシング型サービス

クラウドソーシング型サービスとは、Web上のプラットフォームを利用し、不特定多数のライターに発注することができるサービスです。発注方法は、複数あるプラットフォームから、自社にあったものを選びアカウント登録します。

 

通常クラウドソーシング型サービスで依頼する場合は、「コンペ形式」「プロジェクト形式」「タスク形式」の3つの形式がありますが、ライティングの依頼は「プロジェクト形式」で行われることが多いです。

プロジェクト形式は、発注者と受注者(ライター)がプラットフォームを介して、一対一でやり取りします。ライターへの依頼は「直接依頼」か「提案の選択」です。

「直接依頼」はプラットフォーム内の検索機能を使用し、自社の案件にあったライターを選び、メッセージを送ることで発注につなげます。「スカウト」ともいいます。

「提案の選択」は、自社の案件の詳細を公開し、ライターからの応募を待つ方法です。応募の際にライターから送られてくる「提案」で判断し、依頼するライターを決定します。

 

案件の条件(報酬・納期・ジャンルなど)によっては、数十件以上の応募がある反面、期限を過ぎても応募ゼロの案件も珍しくありません。上手に活用するためには、どのような案件でどれくらいの条件であれば応募が集まりやすいか、プラットフォーム内での調査もある程度必要になります。

 

ライティング専門型サービス

ライティング専門型サービスは、ライティングだけではなく、記事制作に必要なほかの工程もあわせて依頼できるサービスです。担当ディレクターがついて、ライターへの指示や記事の最終チェックなども含まれます。

 

「コンテンツマーケティング」における記事制作は執筆に加え、さまざまな工程があります。

オウンドメディアを運営しているのであれば、そのメディアの方向性、メインターゲットだけではなくメインターゲットとなり得る層の分析、確実にリーチするための対策キーワードの選定など、具体的な記事作成に取りかかる前の行程に多くの時間を費やします。

SEO対策としてのコンテンツマーケティングでは、深い専門的知識とスキルも必要です。記事を公開した後の、分析・改善などの業務もあり、記事作成だけを外注しても社内でまかなえない場合、ライティング専門型サービスの利用が有効です。

SEO対策は複雑で、「これが正解」というものがなく、「正解と思われるもの」を一つずつ積み重ねていく作業です。そこにプロの専門的知識とスキルがあれば、成果をだすための大きな力となるでしょう。

 

記事制作サービス2種類を徹底比較

では、「クラウドソーシング型サービス」と「ライティング専門型サービス」について

  • 記事の品質
  • 費用
  • 制作期間

以上、重要な3つのポイントを比較しながら解説します。

 

記事の品質を比較

記事の品質は「クラウドソーシング型サービス」の場合、大きく差が出ることが珍しくありません。良質な記事を執筆するライターも多いですが、SEOを理解していない、そもそも日本語としておかしい、他記事をまるまるコピペしているなど、問題のある記事を納品する副業ライターもいるのが現実です。

中には、納品されない、連絡がつかなくなるなど、品質以前のトラブルもあります。

「クラウドソーシング型サービス」を利用しながら品質を保つためには、社内で記事のリライトができる体制を整える、納品されなかったときにリカバリーできるリソースを確保しておくなどの対策が必要です。

 

対して「ライティング専門型サービス」は、記事の品質を保つための業務を担当ディレクターが行います。その分のリソースが、社内で不要になるだけではなく、プロとしての知見をいかしたディレクションが行われます。

ライティングそのものも、専属のライターが執筆しているため全体の統一感が出ます。1本ごとのクオリティはもちろん、納品された記事全体、ひとつのメディアとしてのクオリティも保たれるといえるでしょう。

 

費用を比較

費用については、「クラウドソーシング型サービス」「ライティング専門型サービス」それぞれ、非常に幅があります。

ですが、「記事作成1本あたり」の費用は、「クラウドソーシング型サービス」のほうが安価です。「ライティング専門型サービス」は、ライティングそのものだけではなく、多くの付随する行程と、プロの専門知識・経験が含まれているため、「記事作成1本あたり」で考えると安価にはなりにくいです。

費用を比較する際は、「記事を実際に公開し成果を得るまで」どのような行程を持ち、社内のリソースをどれだけ必要とするかを、それぞれ試算した上で比較することが大切です。

 

制作期間を比較

「記事の制作期間」を比較すると、一般的に「クラウドソーシング型サービス」が短く、「ライティング専門型サービス」が長いです。これは含まれる行程の差により生じるものです。多少の違いはありますが、記事作成には以下の行程があります。

  1. SEO的見地から対策キーワードの選定
  2. 執筆するライターの選定・依頼
  3. 対策キーワードの競合記事を調査し見出しの決定
  4. 見出しにもとづいた記事の執筆
  5. 執筆された記事の校正・最終チェック

これは大まかな流れですが、「クラウドソーシング型サービス」の場合は4のみ(依頼するライターのスキルによっては3をあわせて依頼することも可能)、「ライティング専門型サービス」は1から5すべてを依頼することができます。

「記事の制作期間」に含まれる行程が違うため、「クラウドソーシング型サービス」のほうが短くなります。すべての行程に関しての制作期間は、「ライティング専門型サービス」のほうがスピーディーに進むでしょう。

「ライティング専門型サービス」は専属ライターがいるためライター選定が速い、専門的知識があるためキーワード選定や見出しの決定がスムーズなどの要因があります。

 

おすすめ記事制作サービスをご紹介

では、「クラウドソーシング型サービス」と「ライティング専門型サービス」それぞれで、一番オススメなサービスを紹介します。   

 

クラウドソーシング型サービスのおすすめ

クラウドソーシング型サービスでオススメなのは、「ランサーズ」です。ライティングだけではなく、Web制作・システム開発・デザイン・単純大量作業など、全277ジャンルの仕事依頼が可能です。「日本最大級のクラウドソーシング」を名乗っており、すべてのジャンルをあわせた登録者数は50万人を超えています。

登録者数が多い分、「○○の資格がある人」「○○業界で勤務経験のある人」「○○を利用したことがある人」「○○県在住の人」…などさまざまな「条件付きのライター」を見つけることも可能でしょう。

 

ライティング専門型サービスのおすすめ

ライティング専門型サービスでオススメなのはジャックアンドビーンズ」です。ライティング専門型サービスとしてクオリティを担保しながらも、他社と比較して低価格でサービスを提供しています。

クラウドソーシング型に比べると、価格が高い傾向にある「ライティング専門型サービス」ですが、記事のクオリティが高くSEOの結果を出しやすいため、予算に見合えばすぐにでも利用したいという方も多いです。まさしく、「コストパフォーマンスが高いサービス」といえるでしょう。

  • クオリティは高い方がよい
  • 価格は安いほうがよい

という、記事制作サービスでは両立しにくい2つの条件を、最大限に実現したのが「ジャックアンドビーンズ」の記事制作サービスです。顧客利益を一番に考え、無駄な費用を極限まで削減することで低価格を実現しています。

 

他社と比較して、「ジャックアンドビーンズ」の強みは低価格だけではありません。これまで500社以上のリスティング広告の運用実績があります。そこで蓄積されたノウハウを活かし、どのようにターゲットにリーチするか考えぬかれた記事制作を行っています。

担当ディレクターが、現状の課題や目標について丁寧にヒアリングを行った後、蓄積されたノウハウとSEOの専門知識を持って、ライターが記事制作に着手します。

記事の執筆は、SEOの知識を持った経験豊富な専属ライターが行います。執筆後は、専門の校正スタッフが繰り返し品質チェックを行った後、記事が納品されます。低価格といっても、ライティング専門型サービスとして高品質な記事が納品されるため、コストパフォーマンスが非常に高いサービスといえます。

今「ャックアンドビーンズ」では、記事制作を1本無料で行うキャンペーンを実施しています。無料ですが通常の作成フローで行われるので、どのように記事制作を行うのか体験することができ、さらに記事の品質面の確認もできるため、おすすめです。

 

ここで、ジャックアンドビーンズが記事制作を行ったメディアの成長例をご紹介します。

<toC向けサービスを提供するA社>
A社では、提供するサービスに関する情報を発信しつつ、リードを獲得をするためにメディアの運営を開始しました。
A社では自社でメディアを保有していなかったため、構築の部分までジャックアンドビーンズが携わりました。
A社のメディアでは、毎月20本ずつ記事を公開することでメディア内でさまざまな情報を網羅することができ、現在ではメディアを通して多種多様のお問い合わせを獲得できています。
セッション数も、メディア運用開始8カ月ほどで約3倍以上に成長しました。

<BtoB企業向けITツールを扱うB社>
B社ではさらなるリード獲得のために、コンテンツマーケティングを開始しました。
B社ではサイトを保有していなかったため、サイトの構築部分までジャックアンドビーンズが携わり、サイトの運用が開始します。
サイト運用開始時点で記事20本、その後も毎月10本ずつ記事を公開し、徐々にコンテンツを増やしていきました。サイト運用開始から約半年で月数件のコンバージョンを獲得できるようになり、その後も継続して毎月10本ずつ記事を公開することで、現在では月十数件のコンバージョンを獲得できています。

 

サービスにご興味をお持ちでしたら、ぜひ下記のサービスサイトまたは、記事下のお問い合わせをフォームからお問い合わせください!

 

「ジャック&ビーンズの記事作成無料キャンペーン」お申し込み・お問い合わせはこちら

 

まとめ

コンテンツマーケティングにおいて、定期的に良質な記事を追加することは必須です。とにかく品質より記事の本数が必要、社内にリソース・専門知識があるなどの場合は「クラウドソーシング型サービス」、1本1本SEO対策としての成果につながる品質をもとめるなら「ライティング専門型サービス」がおすすめです。

特に、コンテンツマーケティングを行った経験がない企業は、ぜひ「ライティング専門型サービス」を選択してみてください。

自社にはどちらのサービスが合っているのか、またどの記事制作サービスに依頼するべきなのか、よく比較検討してください。

記事制作サービスに効率よく外注し、結果につながるコンテンツマーケティングの一助としてください。


記事制作カテゴリの最新記事