【記事制作を外注したときの費用は?】記事制作にかかる費用から外注先の選び方までご紹介!

【記事制作を外注したときの費用は?】記事制作にかかる費用から外注先の選び方までご紹介!

近年、注目を集めている「コンテンツマーケティング」。

既に導入している、導入を検討しているといった企業も多いのではないでしょうか。

そんなコンテンツマーケティングの浸透により、注目されているのが「記事制作の外注」です。記事を外注することで、どういったメリットを得ることができるのでしょうか?また、記事制作の外注にかかる気になる費用相場はどのくらいでしょうか?

本稿では、記事制作を外注することによって得られるメリットから、気になる費用までご紹介していきます。

そもそもコンテンツマーケティングとは?

そもそも近年注目を集めている「コンテンツマーケティング」とは何でしょうか?

コンテンツマーケティングでは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを制作し提供します。そのコンテンツを活用し、潜在顧客を集めファンとして定着させることで最終的な成果につなげることを目指すマーケティングの手法のことです。従来はニーズが顕在化したユーザーをターゲットとすることが多かったですが、コンテンツマーケティングでは、まだニーズが顕在化していない潜在層に対しアプローチすることが特徴です。コンテンツを通して自社の製品・サービスを知ってもらい、購買などの最終的成果へとユーザーを導くのです。

このユーザーを最終的成果へと導く「コンテンツ」は、IT分野では「ユーザーにとって有益な、まとまった情報」のことを指します。具体的なコンテンツとしてあげられるのが、記事や動画、メルマガ、SNSへの投稿などです。本稿では、記事を使った情報発信に重点を置いて、記事制作の外注について詳しくご紹介しています。

\コンテンツマーケティングについてもっと詳しく知る/

記事制作の外注がおすすめなケース

こちらの章では、記事制作を外注すべきケースをご紹介します。

社内に記事制作に費やすリソースがない

記事制作には、ある程度まとまった時間もスキルも必要になります。しかし、社内にそんなリソースがないという企業には記事制作を外注してみましょう。

記事制作外注することで、自社にかかる負担はほとんどなくなります。また、外注することで経験を積んだライターが記事制作を行ってくれるので、より効果的を期待できる記事でコンテンツマーケティングを行うことができるようになります。

記事制作に費用をかけられないという方は、クラウドソーシング型のサービスが比較的安価に外注できるのでおすすめです。しかし、クラウドソーシング型サービスは、記事の品質にばらつきが出やすいなどのデメリットもあるので注意も必要です。

\クラウドソーシング型サービスについてもっと詳しく知る/

コンテンツマーケティング開始に伴い多くの記事を確保したい

コンテンツマーケティングの開始時には、ある程度まとまった数の記事が必要になります。

先ほどもご紹介した通り、記事制作には時間もスキルも必要になるため、まとまった数の記事が必要な場合はより外注がおすすめです。記事制作外注サービスでは、数十本の記事制作にも対応している場合も多く、コンテンツマーケティングの開始時には打って付けのサービスです。

コンテンツマーケティング開始時だけではなく、サイトにボリュームを持たせたいというときにも記事制作の外注はおすすめです。ユーザーの心理として、サイトにボリュームがあったほうが安心感や信頼感を与えることができます。ユーザーに安心感や信頼感を与えることができると、ユーザーがサイトをリピートして見てくれる可能性が高まります。もちろん、サイトのボリュームだけではなく、記事の内容も大切です。

SEOの知識を持っている社員がいない

記事制作には、SEOの知識が必要になります。

SEOは”Search Engine Optimization”の略で、「検索エンジン最適化」を表します。SEO対策は、あるキーワードで検索されたときに検索結果でより上位を目指す対策のことです。検索結果で上位表示されると多くのユーザーの目にとまるため、サイトに流入するユーザー数の増加が期待できます。下記は、検索順位とクリック率の関係を表したものです(2017年)。

順位クリック率
1位21.12%
2位10.65%
3位7.57%
4位4.66%
5位3.42%

(出典:https://www.internetmarketingninjas.com/additional-resources/google-ctr-white-paper.htm)

1位表示されたサイトと5位表示されたサイトのクリック率を比較すると、6倍以上の差があります。SEO対策を適切に行い、上位表示を目指すことの重要さがわかりますね。

SEOにはブラックハットSEOとホワイトハットSEOといわれるものがあります。ブラックハットSEOとは、悪質な技術によって掲載順位を上げようとすることです。裏をかくような悪質な技術によって検索エンジンから評価を得ようとした場合、スパム行為とみなされ掲載順位の下落や検索結果に全く表示されなくなったりするペナルティを課されてしまいます。

これとは反対に、「ユーザーに対してためになる」ことを意識しながら、検索エンジンのガイドラインに沿ってサイトを最適化することをホワイトハットSEOといいます。ただ掲載順位を上げるのではなく、ユーザーのためになることを考え、ホワイトなSEO対策をすることに尽力しましょう。

しかし、自らSEO対策を行おうとすると知識を要します。1からSEOの勉強をするとなると、時間も手間もかかります。

記事制作を外注することで、SEOの知識を持ったライターがライティングを担当してくれるので、SEOの知識はほとんど必要ありません。

しかし、納品された記事を確認する際に、ある程度SEOの知識を持った上で確認することがいいでしょう。記事制作を外注しながら、徐々にSEOの知識をつけることができるといいですね。

記事制作を外注するメリットは?

コンテンツマーケティングの浸透により、一気に注目されるようになった「記事制作の外注」。

記事制作を外注することで得られるメリットとは、どのようなものでしょうか。こちらの章では、記事制作の外注から得られるメリットをご紹介していきます。

短期間で多くの記事を制作できる

1つ目のメリットは、「短期間で多くの記事制作ができる」ことです。

コンテンツマーケティングを行う上で、多くの記事が必要になる場面があります。例えば、コンテンツマーケティング導入時です。コンテンツマーケティング導入時は、サイト内にコンテンツが何もない状態であるため、コンテンツを充実すべく多くの記事が必要となります。

多くの記事を自社で制作しようとすると、手間も時間もかかり、社員の大きな負担になってしまいます。また、ライティングのスキルがない社員が記事制作をすると、思うような記事制作ができず、さらに時間がかかってしまい、とても非効率的です。

記事制作を外注すると、外注先との打ち合わせや記事の確認作業だけで、多くの記事制作してもらうことができます。

サイトの評価で記事の品質はもちろん、コンテンツの量も評価されるため、サイトにボリュームを持たせて検索エンジンから評価されたいという場合も、記事制作は外注することをおすすめします。

他の業務に集中できる

先ほどもご紹介した通り、記事制作には多くの時間とライティングスキルが必要になります。

記事の内容やボリュームにもよりますが、1つの記事を制作するのに数時間から半日かかることもあります。記事制作をすべて社員の力で賄おうとすると、他の業務に支障をきたす可能性が出てきます。

また、社内にライティングスキルがある社員がいない場合、ライティングの勉強をするところから始まるため、さらに多くの時間を要します。

記事制作を外注することで、社員は自らの業務に集中することができ、効率的にコンテンツマーケティングを行うことが実現します

記事のクオリティを維持できる

記事制作を外注することによって、記事のクオリティを維持しやすくなることもメリットの一つです。

特に、専門性の高い製品・サービスに関する記事の場合、自社の社員だけで記事制作を行うと、一定のクオリティを維持しながらコンスタントに記事を書き続けることは非常に困難です。

経験のあるライターが記事制作を担当してくれるため、一定のクオリティを維持しやすくなるといえます。

安定したクオリティの記事を維持するためにも、記事制作は外注したほうがよいでしょう。

記事制作外注の流れ

記事制作を外注した場合、どういった流れで記事が完成するのでしょうか。記事制作外注の流れをご紹介します。

①記事制作の外注先と打ち合わせ

まずはじめに、外注先と打ち合わせが行われます。

打ち合わせでは、記事で紹介する製品・サービスについてヒアリングされます。この時、しっかりと製品・サービスの魅力を伝え、記事に反映をしてもらうようにしましょう。記事に必ず入れてほしい内容は、ピックアップして外注先に提出するといいでしょう。

また、記事制作をする理由(何を目指して記事制作をするのか)もヒアリングされます。初回の打ち合わせまでに、記事を通してどんなユーザーをどのくらい集客したいなど目的・目標を明確にしておきましょう。この目的・目標から、記事の本数や内容の方向性が決まります。

この打ち合わせの内容をもとに、記事制作をするライターのマニュアルが作成されます。また、記事を校閲するスタッフ向けのマニュアルも作成される場合もあります。マニュアルに間違った内容が記載されないように、正確に丁寧に打ち合わせを行ってください。

②記事制作

打ち合わせで外注先との認識のすり合わせが完了したら、記事制作作業に移ります。

記事は、対策キーワード(ユーザーが検索するキーワード)に沿って制作されます。記事の内容や本数にもよりますが、記事が完成するまでに1カ月ほどの期間を要する場合もあるため、余裕を持って記事制作を外注するようにしてください。

③記事の確認

記事制作が完了したら、記事の仕上がりをチェックします。

このとき、誤字・脱字や接続詞に違和感がないかの確認とあわせて、記事の内容に誤りがないかよく確認しましょう。記事の内容が間違っており、ユーザーに正確ではない情報を伝えてしまうと、信用を失うことになってしまうので注意してください。

もし修正点があった場合、誤字・脱字などの外注先側に落ち度があるときは無料で修正をしてくれます。しかし、「記事の内容を変更してほしい」など依頼側の要望である場合、修正が有料になることがほとんどです。修正点を出さないためにも、はじめに行う打ち合わせでしっかりと要望を伝えるようにしましょう。

④納品

記事の修正が完了したら、納品されます。

納品された記事をサイトにアップロードすると、記事が公開されます。外注先との契約によりますが、記事のアップロードまで代行してくれるサービスもあるので、記事制作の外注をお考えの方は、チェックしてみてください。

記事制作の外注方法

記事制作の外注方法は、大きく分けて2種類あります。

記事制作外注サービスを利用する方法と、自らライターを探して記事を外注する方法です。以下で、記事制作の外注方法を詳しく説明していきます。

記事制作外注サービスを利用する

まず、記事制作外注サービスを利用する方法をご紹介します。

記事制作外注サービスを利用すると、ライターの選定から記事制作まで1連の流れをすべて代行してくれるため、自社にかかる負担がとても少ないことが特徴です。

記事制作外注サービスによって、記事制作のみ行うサービスから記事制作から、編集・アップロード作業まですべて行ってくれるサービスまであります。

記事制作外注サービスは、さらに以下の2種類に分けられます。

クラウドソーシング型サービス

クラウドソーシング型サービスは、記事の発注を受けてから、インターネット上で不特定多数の人に対してライターを募集します。そして、集まった応募の中からライターを選定し、記事制作が始まります。

クラウドソーシング型サービスの特徴は、1度に多くの記事をスピーディーに発注できることコストを抑えることができることです。そのため多くの記事が欲しいが、コストは抑えたいという企業に向いています。

しかし、デメリットとして記事の品質にばらつきがあることが挙げられます。もちろん、優秀なライターも多く存在しますが、クラウドソーシング型サービスを利用する際は、記事の品質面に高い期待はしないほうがよいでしょう。

またクラウドソーシング型サービスでは、ライターと直接コミュニケーションをとるため、ライター向けへのマニュアル作成が必要になります。このマニュアルの作成は、ライティング専門型サービスでは代行して行ってくれるため、クラウドソーシング型サービスのほうが自社で必要なタスクが多くなります。

以下でマニュアルに記載したほうがいい内容をご紹介します。

想定するターゲット

どんなユーザーをターゲットとするのか、明確に示す

誘導先

記事制作の目的は何なのか。記事を読んだユーザに、どのようなアクションを求めているか。(例:商品の購入、サービスの契約など)

SEOルール

対策キーワード、関連キーワードをどのようにいれるか(タイトルや見出しに必ず入れる、文中に最低何個入れるなど)

文末表現

「です・ます調」(敬体)か「だ・である調」(常体)か

→ターゲットとするユーザーや記事で紹介する商材によって変化させる

統一表記

漢字を使わずひらがなにする言葉一覧。数字・英字・記号は半角か全角かなど

NG表現

競合他社のサービス名は出さない(A社やサービスBのように表現するなど)、根拠のない断言・誇張表現はしないなど

上記の内容以外にも、必要であれば追記するようにしましょう。万全にマニュアルを整えたと思っていても、ライターとの解釈の行き違いがあったりします。運用しながら柔軟に変更し、その旨をライターに了承してもらうことも必要です。

ライティング専門型サービス

ライティング専門型サービスは、記事制作外注サービスの専属のライターが記事制作を行います。

ライティング専門型サービスの特徴は、ライティングスキルを有した専属のライターが記事制作を行うため、クラウドソーシング型サービスに比べて高品質の記事を期待できることです。そのため、専門的な製品・サービスを扱う企業など、記事の品質を重視したい方におすすめです。

しかし、ライティング専門型サービスは、記事制作に時間がかかる場合が多く発注できる記事の数にも限りがある場合が多いです。多くの記事を1度に発注したい企業は、ライティング専門型サービスはおすすめできません。

自らクラウドソーシングを利用してライターを探す

記事制作外注サービスを利用せずに、クラウドソーシングを利用して自らライターを探すといった方法もあります。

自らクラウドソーシングサービスを利用してライターを探す方法は、以下の通りです。

  1. 記事の対策キーワードと構成を決める
  2. クラウドソーシングサービスに登録する
  3. ライターを募集する
  4. ライターを選定し、記事内容の詳細を伝える
  5. 記事制作の間、ライターとやり取りをする
  6. 納品された記事を確認、編集する
  7. アップロードする

複数の記事を自ら発注すると、多くの工程が必要で管理がとても大変です。ライターとコミュニケーションも煩雑になり、トラブルが発生してしまう可能性もあります。

記事制作外注サービスであれば、一連の流れをすべて代行してくれるため、効率的にコンテンツマーケティングを行うことができるという点を考えると、記事制作外注サービスを利用することをおすすめします。

記事制作を外注したときの費用はどう決まる?

記事を外注したいが、費用の相場がわからないという方も多いはず。記事の外注費用は、どのように決まるのが一般的なのでしょうか。記事制作の費用は、1文字あたりの値段で決まることが多いです。

こちらの章では、記事の外注でかかる費用について説明していきます。

記事制作の外注費用は、主に「記事内容の難易度」と「ライターのスキル」によって決まることが多いです。以下で詳しく見ていきます。

※尚、費用はサービスによって変動するため、あくまでも目安の金額です。代行サービスを利用する場合は、手数料がプラスされます。

記事内容の難易度によって決まる

まず、記事内容の難易度によって費用が決まるケースをご紹介します。

記事の難易度は、「テーマに必要な知識」と「情報を調べる手間」という2軸に分けて考えられます。

表にまとめると、以下の通りになります。

(引用元:ランサーズ)

テーマに必要な知識

テーマに必要な知識は、以下の3つに分けられます。

  1. 多くの人が経験したテーマ:一般的に多くの人が経験したことがあり、専門的な知識は必要のないテーマ
  2. 特定の人が経験したことがあるテーマ:一般的に多くの人が経験したテーマではないが、特定の人が経験したことのあるテーマで、専門的な知識は少し必要
  3. 専門性や業務経験が必要なテーマ:ほとんどの人は経験したことがなく、専門的な知識が高いテーマ

3にいくにつれて専門的な知識が必要となり、記事制作の費用は高額になります。

情報を調べる手間

情報を調べる手間は、以下の3つに分けられます。

  1. 調べずに書ける:自身の経験から書くことができる
  2. ネットで検索すれば書ける:経験したことがなくても、ネットで検索すれば書ける
  3. インタビューが必要:ネットの情報だけでは書けず、インタビューが必要

3に近づくにつれて、多くの手間が必要となるので1文字あたりの費用は高額になります。

記事制作費用の例

【例1】
  • toC向けの記事で専門的な知識が必要ない
  • 1週間以内に納品してほしい
  • 5000字の記事

 

0.54円(多くの人が経験したことあり調べずに書けるテーマ)+0.4円(7日以内に納品)=0.94円
0.94(円)×5,000(字)=4,700(円)
【例2】
  • 専門的なテーマだが調べれば書くことができる
  • ライティング経験豊富なライターに依頼したい
  • 10,000字の記事

1.6円(専門性が必要な必要だがネットで調べれば書けるテーマ)+1.2円(ライティング経験5年以上)=2.8円

2.8(円)×10,000(字)=28,000(円)
2つの例から、記事の内容や文字数によって大きく費用が変動することがわかります。

ライターのスキルによって決まる

続いて、ライターのスキルによって費用が変動するケースをご紹介します。

上記の図のように、ライターのスキルが上がると、費用が上乗せされることがあります。

ライティング経験の年数が考慮される場合や、短期間で記事制作を依頼するときに、費用が上乗せされることが多いです。

「どうしても〇日以内に記事を納品してほしい」や「記事の品質にこだわりたい」という方は、費用をかけてもスキルが高いライターに依頼することをおすすめします。

サイト構築も依頼すると初期費用が上乗せ

記事制作に加え、記事をアップロードするサイト構築もあわせて依頼すると、初期費用が上乗せされます。サイト構築には、時間も手間もかかるため、人員をコンテンツマーケティングには割けないという企業は依頼してみてはいかがでしょうか。

「安いからいいわけではない」記事制作を外注するときの注意点

「記事制作の費用が他社より安いからここに外注しよう」という費用だけ重視する決め方は、おすすめできません。

記事制作の外注費用が安いということは、それなりの理由が隠されていることが多くあります。

例えば、記事制作の費用が他社より安かったため、A社に依頼したとします。しかし、納品された記事は誤字脱字だらけ、さらに間違った情報も含まれていて、そのまま公開できるような記事の品質ではありませんでした。そうなると納品された記事を、公開できるまでの品質に編集する作業や、新たに記事制作の外注先を選定する作業など、余計な手間がかかりとても非効率的です。

このような事態を避けるためにも、記事制作を外注するときの注意点をしっかりと把握しておきましょう。

自社の製品・サービスの情報をしっかり理解してもらえる

自社の製品・サービスの情報は正確にしっかり伝えて、理解してもらうことが重要です。

外注先の自社の製品・サービスの認識があいまいなまま記事制作に取り掛かると、記事内容が薄く読み応えのある記事が出来上がらなかったり、誤った情報が書かれてしまう可能性があります。

記事制作に取り掛かってもらう前に、何度も外注先と打ち合わせを行い、しっかりと製品・サービスを理解してもらうようにしましょう。

また、外注先の得意・不得意分野を確認することをおすすめします。

これは、外注先の制作実績を確認するとわかります。例えば、MAツールをメインとするコンテンツを作成したい場合には、過去の制作実績にMAツールのコンテンツがあるか、BtoBの商材の記事制作を得意としているかなど確認するといいでしょう。

自社の製品・サービスを得意とする企業に外注したほうが、スムーズに記事制作を行ってくれることが多く、過去のデータ分析からより成果を期待できる記事を制作してくれると考えられます。

SEOの知識があるライターか確認する

SEOの知識があるライターに記事制作をしてもらえるか確認しましょう。

SEOの知識があるかないかの確認は、過去に制作をした記事を確認することをおすすめします。

「SEOの知識があるか、判断の仕方がわからない」という方は、特に以下のポイントを意識してみてください。

  1. 対策キーワードが見出しや本文に含まれている
  2. 記事構成に違和感はないか

1つ目のポイントは、対策キーワードが見出しや本文に含まれているかです。

見出しや本文に対策キーワードが含まれていると、検索エンジンに「適切な記事」と認識してもらいやすくなるといわれています。ただし、検索キーワードを見出しや本文に入れすぎて、不自然な文章になってしまうと、逆効果になってしまうので注意してください。

2つ目のポイントは、記事の構成に違和感がないか確認することです。

記事の構成は、「見出し1 本文1 見出し2 本文2…」のように、見出しと本文の繰り返しで構成されることが好ましいとされています。

この構成がうまくできていないと、読みにくい記事になりますし、SEO対策の観点から見ても、検索順位が上がりにくいと考えられます。

SEO対策の手法は上記の2つのポイント以外にも、多数存在します。特にこの2つは確認がしやすいので、まずこちらのポイントに注目してみるといいでしょう。

得意分野を確認する

外注先が自社の製品・サービスの記事制作を得意としているかを確認しましょう。

自社の製品・サービスの記事制作の経験がない外注サービスに依頼するのは不安ではありませんか?過去の制作実績などを確認して、自社の製品・サービスの記事制作の経験があるところに外注するようにしましょう。

例えば、ITツールを紹介する記事の制作を依頼したいA社があるとします。A社は、「サービス規模は大きくないがBtoB向けITツールの記事制作実績多数持つサービスB」か、「サービス規模は大きいが記事制作実績はBtoC向けの商材ばかりであるサービスC」のどちらに外注すべきでしょうか?ほとんどの方がサービスBに外注したほうがいいと思うことでしょう。サービスの規模に関わらず、過去の制作実績を重視して外注先を選ぶことをおすすめします。過去に自社商材と同じジャンルの記事制作実績があると、過去のデータを参考により効果的な記事を制作してくれることを期待できます。

記事制作は外注がおすすめ!

本稿では記事制作を外注する事のメリットから費用相場、外注先を選ぶ上でのポイントをご紹介しました。

コンテンツマーケティングを効率的に行うためにも、記事制作は外注することをおすすめします。

 

コンテンツマーケティングの浸透により、記事制作の外注先も多様化しているので、どこに外注すればいいか迷ってしまう方も多いでしょう。

迷ってしまった方は、「ジャックアンドビーンズ」に記事制作を外注することをおすすめします。

ジャックアンドビーンズでは、500社以上のリスティング広告運用実績から得たノウハウを活かして記事制作を行うため、効率的にコンバージョンを獲得することが期待できるサービスになっています。

また、記事制作フローを簡素化しコストを抑えることで、価格を抑えて記事制作サービスをご提供しています。記事制作に多くの費用をかけることができないという方に、おすすめです。

 

ここで、実際にジャックアンドビーンズが記事制作を行ったサイトの成長例をご紹介します。

<BtoB企業向けツールを扱うA社>
A社ではさらなるリード獲得のために、コンテンツマーケティングを開始しました。
A社ではサイトを保有していなかった状態であったため、サイトの構築部分までジャックアンドビーンズが携わり、サイトの運用が開始します。
サイト運用開始時点で記事20本、その後も毎月10本ずつ公開することで徐々にコンテンツを増やしていくことで、サイト運用開始から約半年で月数件のコンバージョンを獲得できるようになりました。さらに、その後も毎月10本ずつ記事を公開することで、現在では月十数件のコンバージョンを獲得できています。

品質の高い記事をコツコツと公開することで、成果につながるのがコンテンツマーケティングの特徴です。

 

今なら、記事制作1本無料キャンペーンも実施しているので、ジャックアンドビーンズの記事制作サービスが気になったという方は、ぜひ下記お問い合わせフォームかサービスサイトよりご連絡ください!

ジャックアンドビーンズへのお問い合わせはこちら

 

 


記事制作カテゴリの最新記事