記事作成に便利なツールを紹介!~より効率的に記事作成をする方法とは?~

記事作成に便利なツールを紹介!~より効率的に記事作成をする方法とは?~

今、Web上には記事作成時に便利なツールが多く存在しています。
有料のものもありますが、無料で気軽に利用できるものも多く、使いこなせば効率的な記事作成ができます。

とはいえ、実際にどのツールを使えばよいのか、迷う方もいるでしょう。この記事では、記事作成に便利な無料ツールを、以下の6つの機能においてそれぞれのオススメを紹介します。

  • キーワード選定ツール
  • キャッチコピー作成ツール
  • 文章作成ツール
  • 文字カウントツール
  • キーワード出現率チェックツール
  • コピペチェックツール

さらに、より効率的に記事を作成する方法も解説します。ぜひ参考にして下さい。

 

記事作成を支援するツールが増える背景

記事作成を支援するツールが増える背景には、コンテンツマーケティングの広がりがあります。コンテンツマーケティングは、アメリカで始まったWebマーケティング手法のひとつです。日本では2014年ごろから導入され始め、今ではWebマーケティングでもっとも重要視される手法です。

コンテンツマーケティングは、オウンドメディアの運営、またはオウンドメディアのためのサテライトサイトの運営が主な施策です。
コンテンツマーケティングは、出稿したときだけ成果が期待できる、広告手法と大きく異なります。制作したオウンドメディア、記事の1本1本が企業の資産として蓄積され、成功すれば、継続して成果を出し続けることが可能なのです。

また、広告は「その商品やサービスに興味のある顧客」に働きかけますが、コンテンツマーケティングは、「潜在的な顧客となり得る層」という、より幅広い層に働きかけることができます。

企業の業績やブランディングを、広い視野・長期的な展望で考えた時に、最も効果的なのがコンテンツマーケティングです。 

オウンドメディア・サテライトサイトについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

 

【コンテンツマーケティングとは?】メリット・事例まで解説!

【サテライトサイトのSEO効果とは?】最新SEO事情までご紹介

 

コンテンツマーケティングを運用するなかで、最重要課題となるのは記事作成です。良質な記事を多く作成し、ユーザーの利益となるコンテンツやメディアに育てることが、コンテンツマーケティングの目標達成につながるからです。

とはいえ、コンテンツマーケティングは、継続して行うことが大前提のため、効率よく記事作成を行うことが、健全な運用が続けられるかどうかに大きく関わってきます。

 

記事作成に便利なツール

コンテンツマーケティングの記事作成は、便利なツールを使いこなして、効率よく進めましょう。ここでは、記事作成の過程で利用したいオススメの無料ツールを、6つの目的別に紹介します。

キーワード選定ツール

コンテンツマーケティングの記事作成で、記事の方向性やテーマが決まったら、具体的なキーワードを決めます。キーワード選定は、コンテンツマーケティングでの成果を左右する一番重要なプロセスです。

goodkeyword

goodkeywordは、狙うキーワードに関連するキーワードを、一括で調べられる便利なツールです。利用するための会員登録やログインの必要がなく、気軽に利用できます。

goodkeywordに、狙うキーワードを入力し検索すると、すぐに関連キーワードをリ一覧で表示してくれます。
サジェストと呼ばれる、狙うキーワードと一緒に検索されているキーワードが一目で分かり、また狙うキーワードの検索数の推移も同じ画面に表示されるため、トレンドの確認も同時にできます。

 

キャッチコピー作成ツール

キャッチコピーというと、広告のイメージがありますが、コンテンツマーケティングにおいても重要です。
記事の「タイトル」や「見出し」もキャッチコピーだからです。ユーザーの興味をひくキャッチコピーをつけられるかどうかは、「検索結果に表示されたタイトルをクリックしてもらえるか」「記事を最後まで読んでもらえるか」に関わります。

コピーメカ

コピーメカは、キャッチコピーの候補を自動で考えてくれるツールです。こちらも、利用するための会員登録やログインの必要はありません。

まず、「商品やサービスの一般名」と、「消費者がする行動」を入力します。消費者がする行動は、買う・選ぶ・使う・注文する・依頼するなど20通りの中からプルダウンで選択できます。

次に商品名やサービス名を入力し、「キャッチコピー案を作成する」をクリックすると、7通りの案が提示されます。そのまま使うだけでなく、見出し作成のヒントになり得るでしょう。

 

文章作成ツール

コンテンツマーケティングの根幹となる作業が文章作成です。少しでも効率よく進めることが出来れば、全体の工数削減にもつながります。 

イージー★ライター 

イージーライターは、特にサービスや商品紹介の文章作成に威力を発揮します。
「商品の良さを一言で」「他の商品との違いは」など8つの質問に答える形で文章を生成してくれ、スムーズに執筆が進められます。

それぞれの項目には、文章例や考え方のヒントも表示されるので、慣れていない人でも、簡単に文章を作成できます。

 

文字カウントツール

記事を作成する際、競合記事の分析や、ユーザーの検索意図などから、最適な文字数を設定し、その文字数に沿った記事を作成する必要があります。

numMojiなんもじ

文字数をカウントできるツールはたくさんありますが、この「numMojiなんもじ」は、使いやすさで群を抜いています。
ツールに直接執筆でき、リアルタイムで文字数をカウントしてくれるからです。

執筆した文章をコピーし、ツールに貼り付けるという手間が省け、時間短縮につながります。また、現在の文字数を参考にしながら、以降の文章を調整する事も容易です。

 

キーワード出現率チェックツール

コンテンツマーケティングの記事作成において、わかりやすく高品質な記事でも、キーワードの出現が適切な回数でなければ、Googleからの評価を得るのは難しいです。記事の公開前に、ツールを使ってチェックしましょう。 

FunkeyRating(ファンキーレイティング)

ファンキーレイティングは、Webページのキーワード出現率をチェックできます。URLではなく、テキストを直接入力しても利用できるので、公開する前の記事をチェックするのに最適です。

また、設定したキーワードと目標の出現率を入力すると、キーワードをどのように調整すればよいかも一目でわかる仕様になっています。
SEO対策として最大限の成果を得られるよう、ぜひ利用したいツールです。 

 

コピペチェックツール

コンテンツマーケティングの大きな目標のひとつとして、Googleに「良質なコンテンツ」と判断され、検索上位表示されることがあげられます。
しかし、いくら「良質なコンテンツ」でも「コピペ記事」(記事のすべて、または一部が他記事のコピー)と判断されると、ペナルティを受ける可能性があります。

Googleからのペナルティは、サイト全体の評価が下がり検索結果に表示されないなど、重大な事態を招きかねません。特に、特定の記事を参考にして執筆などした場合は、必ずコピペチェックをしましょう。

Copy Content Detector

Copy Content Detectorは、調べたいテキストを貼りつけるだけで、コピペの疑いがある文章かどうかをチェックしてくれます。無料で利用できるのは4000字までですが、それ以上の文字数がある記事は、分割して貼りつけることでチェック可能です。

結果には、類似と認められた部分、類似しているサイトまで表示され確認できます。ペナルティを避けるためにも、コピペチェックは必須です。

 

記事作成ツールを活用するより効率的な方法とは?

おすすめの記事作成ツールを紹介しましたが、「1つの記事に対して予想以上に手間と時間がかかる」「ツールがなかなか使いこなせない」とお悩みの担当者の方もいるのではないでしょうか。

そんな方に最もオススメなのは、記事作成サービスに依頼することです。ここでは、担当者の方のあらゆるお悩みを解決する最善の方法、記事作成サービスについて、わかりやすく解説します。

 

記事作成サービスについて

記事作成サービスは、主にコンテンツマーケティングにおいて、記事の作成を依頼できるサービスです。ご紹介したツールと同様に、コンテンツマーケティングの普及で、急速に増えたサービスのひとつです。

 

記事作成サービスの種類

記事作成サービスには、大きく分けて2種類あります。「クラウドソーシング型」と「ライティング専門型」です。

クラウドソーシング型は、Web上のプラットフォームを利用して、不特定多数のライターに記事作成を依頼する方法です。比較的安価に作成を依頼できる反面、ライター管理や修正依頼、詳細なマニュアルの作成などあらたな業務が増え、工数削減にいたらない場合も多いです。 

ライティング専門型は、担当ディレクターがつき、ライター管理やマニュアル作成など、煩雑な業務をまとめて依頼できるので、工数削減を実現しやすいです。また、コンテンツマーケティングの専門家としてのスキルや経験にもとづいた支援を受けられます。

ライティング専門型の費用は、クラウドソーシング型に比べて費用が高くなる傾向にあります。ですが、社員の時間単価、コンテンツマーケティングで得られる最大限の成果などを考えると、コストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。

 

記事作成サービスを利用するメリット

次に、記事作成サービスのメリットを、コストパフォーマンスに優れている「ライティング専門型」に絞ってご紹介します。

コンテンツマーケティングは、多くの工数を必要とし、継続的に行わなければなりません。コンテンツマーケティングの業務が、社内の業務を圧迫し社員の疲弊を招くようでは、健全な運営は遠ざかり、成果は得られないでしょう。 

その点、ライティング専門型への依頼は、大幅な工数削減になり、プランによってはメディア運用全体の工数を削減する事も可能です。

またコンテンツマーケティングは、記事を公開し続ければ必ず成果が得られるものではありません。実際に、予算を投入しても成果を得られず、閉鎖に追い込まれるオウンドメディアもあります。 

ライティング専門型サービスには、コンテンツマーケティングの知見や、SEOに関する専門的知識が蓄積されています。プロのスキルを共有し、最短で成果を得られることも多いです。オウンドメディアに投入した予算を無駄にしないためにも、ライティング専門型サービスへの依頼は有効です。

 

おすすめの記事作成サービス

ライティング専門型サービスの中で、もっともおすすめなのは、「ジャックアンドビーンズ」の記事作成サービスです。ライティング専門型サービスは、費用がかさむことがデメリットと述べましたが、ジャックアンドビーンズは、できるだけ価格をおさえてサービス提供しています。

徹底的に無駄なコストをカットし、効率的に記事制作を進め工数を削減することで、低価格を実現しています。ライティング専門型サービスは、コストパフォーマンスの面で優れていますが、ジャックアンドビーンズは、さらなる低価格で他社との差別化に成功しています。

とはいえ、高いクオリティが担保されなければ意味がありません。ジャックアンドビーンズで、担当者としてつくのは、SEOや、Webマーケティング、コンテンツマーケティングの専門知識を持つディレクターです。ディレクターは、メディアの現状についての分析を行います。

また、課題や目標などを丁寧に聞き取り、企業担当者の希望に最大限寄り添った、記事作成を行います。

ジャックアンドビーンズでは、記事の執筆をすべて専属ライターが行います。その後、専門の校正スタッフのチェックを経て、意向に沿ったSEOで勝てる記事かどうか、ディレクターが最終確認を行い納品されます。

記事作成を依頼し、社内の工数削減ができるだけではなく、SEOの専門家としてメディア全体の方向性や、戦略も任せられるのがジャックアンドビーンズの強みです。

 

まとめ

コンテンツマーケティングの記事作成は、便利なツールを利用することもできますが、もっとも効率がよいのは、記事制作サービスに依頼することです。

ジャックアンドビーンズでは、記事制作が1本無料になるキャンペーンも実施中です。ぜひ、自社の目的にあった記事制作サービスに依頼し、良質な記事の公開で、コンテンツマーケティングを成功させて下さい。

 

「ジャックアンドビーンズの記事作成代行サービス」お申し込み・お問い合わせはこちら


記事制作カテゴリの最新記事