【ビジネス用の記事作成のコツを伝授!】手間をかけずに質のいい記事を制作できる?

【ビジネス用の記事作成のコツを伝授!】手間をかけずに質のいい記事を制作できる?

ビジネス用の記事を作成する際、ただ闇雲に書き始めても質のいい記事にはなりません。ユーザーに読んでもらえる記事の品質を保つためには、コツがあります。この記事では特に、ビジネス用に自社の商品やサービスを紹介する記事作成のコツを中心に紹介します。

ぜひ、コツをつかんで質のいい記事を作成して下さい。

 

記事作成のコツ

では早速、記事作成のコツを6つを作成の流れに沿ってご紹介します。

 

対策キーワードを決める

はじめに、対策キーワードを決めましょう。
対策キーワードは非常に重要で、記事の核となる部分です。対策キーワードを決める方法はたくさんありますが、ここでは手軽にできる方法をご紹介します。

まず、どんな人に読んでもらいたいかを想定して、いくつか候補を出します。その候補のキーワードで実際に検索し、上位表示された記事を確認します。書きたいと思っている内容と類似した記事があれば、キーワードがマッチしているといえます。

 

検索するときは必ず、自分の検索履歴が順位に反映されないよう注意しましょう。Googleの検索は通常、ユーザーの検索履歴をもとに表示される「パーソナライズド検索」の結果が表示されます。ユーザーごとに必要としている情報を分析し、検索順位がカスタマイズされているのです。

対策キーワードを決める際には、パーソナライズド検索がオフになるシークレットモードで検索しましょう。シークレットモードを開くにはいくつか方法がありますが、ショートカットが便利です。Windowsの場合のショートカットは以下の通りです。

Google Chrome:Control + Shift + N
Firefox:Control + Shift + P
Internet Explorer:Control + Shift + P

Macの場合は、上記のcontrolキーの代わりに、commandキーを使用して下さい。

シークレットモードで、候補のキーワードを検索し、上位表示の記事を確認していきましょう。書きたいと思っている内容とマッチした記事が、検索上位に複数表示されるキーワードを探します。タイトルや見出しだけではなく、必ず記事の本文も読みましょう。書きたい内容に合致するキーワードを見つけたら、次の手順「全体構成」に移ります。

 

記事の全体構成を考える

対策キーワードが決まったら、次は全体構成を考えます。いわゆる「見出しの作成」です。対策キーワードから想定される、ユーザーの疑問に答えるよう意識しましょう。キーワードを選定する際にチェックした競合の記事も参考にします。

できれば、サジェストキーワードも意識します。サジェストとは、Googleに対策キーワードを入力したときに表示されるキーワードです。たとえば、対策キーワードが「オウンドメディア」の場合、以下のように表示されます。

 

このサジェストを確認すると、「オウンドメディアとは」「オウンドメディアの成功事例」などの見出し候補が浮かぶのではないでしょうか。

ユーザーは見出しを見て、この記事に自分の知りたいことが書いてあるかを判断します。奇抜なものではなく、内容をシンプルに表現し、何が書かれているか一目でわかるものにしましょう。見出しの順番も大切です。基本的な流れは、「ざっくり→くわしく→視点の変化」です。「ざっくり」と概要を解説した後、詳細を「くわしく」解説し、メリットやデメリット・事例など「視点の変化」した見出しを作ります。

見出しが完成したら、いよいよ記事の執筆です。

 

改行や句読点を適度に使う

Webで公開する記事の場合、紙媒体とは改行の仕方が違います。Webのコンテンツは、PC・スマートフォン・タブレットといったデバイスの違いや、表示設定している文字の大きさなどにより、1行で表示される文字数がバラバラです。

そのため、どのデバイスでも見やすくなるような配慮が必要です。改行は、1文ごとの区点「。」で行うのではなく、段落ごとに行いましょう。目安は、文章2~4文、3~5行程度でひとつの段落とします。改行の前には必ず空白行を1行作るのがルールです。意味のまとまりを考え、「ユーザーの読みやすさ」を最優先にします。

読点「、」も多すぎると読みにくいです。多い理由は、文章が長すぎることが考えられます。文章を2つにわけられないか、もっと簡潔に表現できないか再考しましょう。

 

統一表記を意識する

ひとつの記事の中で、同じ意味のことがらについて複数の表記があることを「表記ゆれ」といいます。「表記ゆれ」はユーザーの負担になり、読みやすい記事とはいえません。この記事内で使われている語句でいうと「ユーザー」「ユーザ」、「Web」「WEB」、「表記揺れ」「表記ゆれ」などが表記ゆれしやすい語句です。表記ゆれのないように、記事全体の表記が統一されているか必ず確認しましょう。

ほかにも「数字は半角で統一する」など、基本的な表記については記事内だけではなくメディア内で統一するようルール作りが必要です。

 

デメリットも伝える

特に、自社のサービスや商品に関連した記事の場合、メリットばかりを押しだしデメリットを伝えない記事になる傾向があります。しかし、ユーザーの信頼を得るためには、必ずデメリットを伝えなければなりません。「都合のいいことばかりいっている人」が信頼されないように「都合のいいことばかり書いてある記事」は信用されないでしょう。
常に「ユーザーの信頼・有益性」を意識することが重要です。

 

実績・事例の内容を入れる

記事で紹介した商品・サービスなどの実績、事例などを内容に加えると、記事に厚みが出ます。またユーザーが、自社に導入した場合の効果をイメージしやすいです。これは、ユーザーの安心感につながり、問い合わせや資料請求といったメディアが目指すCV(コンバージョン)をうながすためにも有効な手段です。

 

記事作成にはこの他にもたくさんのコツが…

ここまで、記事作成を行うために必要な最低限のコツを紹介しました。この他にも、ユーザーの読みやすさを最優先にし、SEO対策として「勝てる記事」にするためにはさまざまなコツがあります。
ひとつひとつのコツやテクニックを積み重ねて、初めて成果が出るのが記事作成でありコンテンツマーケティングといえます。

記事作成のすべての行程を社内でまかなうためには、多くの時間とテクニックが必要です。負担が大きいと感じる場合は、記事作成代行サービスの利用がおすすめです。

 

記事作成では代行サービスの利用が効率的!

記事作成代行サービスにはさまざまなタイプがありますが、メリットが大きく多くのメディアで利用されているのが、ライティング専門型の記事作成代行サービスです。以下、ライティング専門型の記事作成代行サービスについて解説します。

 

記事作成の代行サービスを利用するメリット

記事作成代行サービスを利用するメリットは大きくわけて3つです。

 

自社の業務に専念できる

記事作成のためには多くの行程があり、手間も時間もかかります。1記事作成するためにはおもな行程だけで、以下のものがあります。

・対策キーワードの選定
・競合記事の調査・分析
・見出しの作成
・文字数の決定
・記事執筆
・校正、校閲

これらは、記事作成に関するものだけで、実際にはオウンドメディアそのものの方向性やテーマを決める、記事に装飾や画像を加え実際に記事を公開するなどの作業もあります。記事作成に関わるすべての行程を自社で行おうとすると、既存の自社の業務を圧迫することになりかねません。

またオウンドメディアが順調に育ち、発注や問い合わせが増えても、社内のリソースが足りず対応しきれないという事態を招く可能性もあります。
記事作成は代行サービスに依頼し、既存の業務は円滑に進む体制を整えることが理想的です。

 

記事作成のスキルが必要ない

本記事でもいくつか紹介したように、記事作成のためには多くのコツが必要です。自社のスキルとして身につけるためには、時間がかかり非効率的です。記事作成代行サービスに依頼することで、専門的なスキルと蓄積されたデータや経験をすぐに得られ、効率的にメディア運営できます。

 

また記事作成は、本数を多く書けばスキルアップできるわけではありません。専門的な分析や経験が必要です。その側面からも、専門家に記事作成を依頼するメリットは大きいです。

 

継続的に質のいい記事を確保できる

オウンドメディアで成果を出すためには、一定数の記事を毎月更新することが大切です。通常、成果が数字として表れるまで早くても6ヶ月以上かかります。成果が出始めたあとも、継続して記事を更新しなければ、数字が伸びることはありません。つまり年単位で新しい記事を更新し続ける「体力」が必要です。

また本数だけではなく、1本1本のクオリティも保たなければメディアとしての成長は望めないでしょう。記事作成を依頼することで質のよい記事を継続的に更新できます。

 

記事作成の代行サービスを選ぶときのポイント

では、どのような記事作成代行サービスを選べばよいのでしょうか。おもなポイントは2つです。

 

記事作成実績を確認する

オウンドメディア全盛の中、記事作成代行サービスが増え続けています。ノウハウが蓄積されているサービスかどうか、まずは実績を確認しましょう。これまでの記事作成本数や、納品したメディアの数でそのサービスの経験値がわかります。

また納品したメディアのPV数増加、検索順位の上昇など具体的な成果で、専門性が確認できます。自社の商品やサービスと類似したジャンルのメディア実績があれば、業界の知識があるかどうかも判断できるでしょう。

 

要望に柔軟に対応してくれるか確認する

メディアの運営方針は、現状や目的によって大きく変わります。毎月の納品件数の変更、トレンドにあわせて早く更新したいなど納期の変更、更新後の分析もしてもらいたいなど依頼範囲の変更など、メディアを運営しながら状況に応じて、修正したい部分が出てきます。

記事作成代行サービスでは、各種プランを用意しているところがほとんどです。ですが、そのプランをどの程度カスタマイズできるか、運営途中に変更できるかは、サービスによって大きく異なります。

メディアの運営をどれだけ健全に行えるかにも関わるので、できるだけ自由度の高い、柔軟に対応してくれるサービスを選びましょう。

 

まとめ

記事作成をスムーズに行い、オウンドメディアの運営を円滑に進めるためには、やはり記事作成代行サービスの利用がおすすめです。

ジャックアンドビーンズの記事作成代行サービスなら、記事作成の課題を解決し、オウンドメディアの健全な運営のサポートが可能です。記事作成を依頼する際、一番の懸念は予算面ではないでしょうか。その点ジャックアンドビーンズは、徹底的に無駄なコストをカットし、効率的に記事制作を進めることで工数を削減しているため、低価格を実現しています。

もちろん納品される記事は、専門家として高品質な仕上がりで、削減される工数を考えても、コストパフォーマンスは他社を圧倒しています。

ジャックアンドビーンズの記事制作は、SEOや、Webマーケティング、コンテンツマーケティングの専門知識を持つディレクターが担当者としてつきます。ディレクターは、現状についての課題や目標などを丁寧にヒアリングします。目標や方向性を共有することが、コンテンツマーケティングの成功につながるからです。

記事の執筆は、ディレクターの詳細な指示のもと、専属ライターが行います。その後、専門の校正スタッフが繰り返しチェックを行います。最終的にディレクターが、メディアの目標や方向性に沿っているか、高品質でユーザーに有益となる記事かどうかをチェックして、クリアした記事だけが納品されます。

 

ジャックアンドビーンズでは、今なら、記事制作が1本無料になるキャンペーンも実施中です。ぜひ、コストパフォーマンスに優れた記事作成代行サービスを利用し、コンテンツマーケティングを効率よく運営して下さい。

ジャックアンドビーンズへのお問い合わせはこちら

 


記事制作カテゴリの最新記事