【記事作成を支援するサービスをご紹介】記事作成を自社で行うには限界があるのか?

【記事作成を支援するサービスをご紹介】記事作成を自社で行うには限界があるのか?

ここ数年で、「コンテンツマーケティング」が急速に普及し、オウンドメディアを立ち上げる企業は右肩上がりに増えています。
それと同時に増えているのが、「記事作成支援サービス」です。「これからオウンドメディアを立ち上げる」「現在の更新本数を増やしたい」などの理由で、記事作成支援サービスの利用をお考えの方もいるのではないでしょうか。

この記事では、「記事作成支援サービス」とはどういったものなのか、利用するメリット、オススメのサービスまで詳しく解説します。ぜひ、御社のコンテンツマーケティング成功のために役立てて下さい。

 

記事作成を支援するサービスには主に2種類ある

記事作成支援サービスには大きく分けて2種類あります。「クラウドソーシング型」と「ライティング専門型」です。まずは、それぞれどんなサービスなのか解説します。

 

クラウドソーシング型

クラウドソーシングとは、不特定多数の人が作業を分担しプロジェクトを進めることです。「クラウド」とは「群集」を意味し、社員や取引業者の担当者など固定の人員でプロジェクトを進めるこれまでの手法とは、大きく異なります。

通常はクラウドソーシングのプラットフォームを利用します。現在、国内にも多くのプラットフォームが存在し、記事作成だけではなく、さまざまなプロジェクトで利用されています。

企業側は常態化している人材不足の解消、働く側は自由な働き方を求め、ここ数年で急速に成長しているサービスです。記事作成ができるライターの登録数も多く、海外在住者など、これまでプロジェクトに参加しにくかった優秀な人材もいます。

 

ライティング専門型

ライティング専門型は、専属のライターが書いたコンテンツを一括で納品してくれます。
通常、担当ディレクターがつき、納品されるコンテンツすべてをコントロールします。ライティング専門型のライターは専属なので、ライティングスキルが高く、品質のばらつきが少ないです。

ライティング専門型はクラウドソーシング型に比べると、費用は高くなる傾向ですが、コンテンツの品質や成果には期待できます。

 

記事作成を支援するサービスをご紹介

では、「クラウドソーシング型」と「ライティング専門型」にはどんなサービスがあるのでしょうか。それぞれのおすすめサービスを紹介します。

 

ランサーズ

ランサーズは、クラウドソーシング型のサービスです。クラウドソーシングのプラットフォームとしては国内最大級を誇り、「ランサー」とよばれる登録者数は50万人以上です。

ランサーズには、エンジニアやデザイナー、ディレクターなどさまざまなスキルを持ったランサーがいます。仕事内容は277カテゴリに分けられており、依頼したい内容によってランサーを選べます。

利用する場合は、アカウント登録を行ってから、スカウトとよばれる「直接依頼」や、「プロジェクト」を立ててランサーからの提案を待ちます。ライターとは、ランサーズ上のメッセージでやり取りをします。
ここまでは無料で利用でき、ライターへの支払い時に最大20%の手数料がかかります。

ランサーズは、プラットフォームとしてのわかりやすさや、登録しているランサーの数などから、一番使いやすいクラウドソーシング型サービスだといえます。

 

ジャックアンドビーンズの記事作成サービス

ジャックアンドビーンズは、ライティング専門型のサービスです。ライティング専門型サービスは、任せられる業務が多い分、費用がかさむことがほとんどです。
ですが、ジャックアンドビーンズは、徹底的に無駄なコストをカットし、効率的に記事制作を進めることで工数を削減しているため、価格をおさえることに成功しています。

つまりコストパフォーマンスの点で、圧倒的に他社と差別化しているサービスといえます。

ジャックアンドビーンズでは効率的に記事制作を進めるために、SEOや、Webマーケティング、コンテンツマーケティングの専門知識を持つディレクターが担当者としてつきます。ディレクターは、現状についての課題や目標などを丁寧にヒアリングし、目標を共有した上で、記事作成を開始します。

執筆するライターは、ジャックアンドビーンズの専属ライターが行います。その後、専門の校正スタッフが繰り返しチェックを行い、最終的にディレクターのOKが出てから納品されます。 

校正スタッフとディレクターによるチェックは、単に日本語が間違っていないかだけではなく、以下のようなポイントですべて合格したのち納品されます。

  • 検索キーワードから想定されるユーザーの疑問を解決しているか
  • 検索上位の競合記事と比べて、独自の情報や切り口があるか
  • クライアントの現状課題を解決するコンテンツになっているか
  • コンバージョンに繋がるよう、自然に誘導できているか

これらをクリアした後に納品されるので、安心です。ここで、ジャックアンドビーンズが記事制作を行った企業の成長例を2つ紹介します。

 

<BtoB企業向けツールを扱うA社>

  • 目的…さらなるリードを獲得したい
  • 状況…オウンドメディアがなく、立ち上げるノウハウもない

 

▼ジャックアンドビーンズが行った施策

  • サイト構築
  • サイト運用開始時で20本の記事を公開
  • 毎月10本、定期的に新規記事を公開

 

▼成果

  • わずか半年の早さで月数件のコンバージョン獲得に成功
  • 毎月10本の新規記事公開を継続し、コンバージョン数が増加し続けている

 

 

<toC向けサービスを提供するB社>

  • 目的…自社サービスの情報発信とリード獲得
  • 状況…オウンドメディアがない

 

▼ジャックアンドビーンズが行った施策

  • サイト構築
  • 毎月20本、定期的に新規記事を公開

 

▼成果

  • 毎月20本の新規記事公開で、自社サービスに関する情報を多角的に網羅
  • 多様な問い合わせをメディアから獲得
  • セッション数がメディア運用開始8ヶ月で約3倍以上と急成長

 

このように、コストをおさえつつ成果を得られるのが、ジャックアンドビーンズ最大の強みといえます。

「ジャックアンドビーンズの記事作成代行サービス」お申し込み・お問い合わせはこちら

 

記事作成を自社で行うには限界がある?

費用がかかるなら、記事作成をすべて自社で行いたいと考える方もいるでしょう。
しかし、コンテンツマーケティングの記事作成については、多くの工数がかかります。オウンドメディアによるコンテンツマーケティングが浸透する前には、社員が順番に日々の出来事や、担当するサービスなどについて書く「ブログ」を運用する企業が多くありました。
このブログ運用は、顧客に「親近感」をもってもらうことをおもな目的としており、コンテンツの品質は問われず比較的自由に書かれていました。

しかし「コンテンツマーケティング」での記事作成は、「検索順位を上げる」という大きな目標があり、その目標を達成するためには多くのプロセスをたどります。
そのプロセスを社内ですべて行うためには膨大な工数がかかり、かなり難しいです。そのため記事作成は、外部に委託して運営している場合がほとんどです。

特にライティング専門型サービスなら、社内の工数を大幅に削減しつつ高品質な記事が納品されるため、効率よくコンテンツマーケティングでの成果を上げられます。

 

 

記事作成を支援するサービスを利用するメリット

オウンドメディアを運営する際、記事作成サービスを利用するメリットは多くあります。ここでは、記事作成サービスの中でも特にメリットの大きい、ライティング専門型サービスを中心に解説します。

 

自社の業務に集中できる

コンテンツマーケティングにおける記事作成には、多くの工数を必要とします。記事1本を作成するためには、少なくとも下記の行程が必要です。

  • 狙う検索キーワードを選定する
  • キーワードをもとに競合記事を分析する
  • 分析結果をふまえ見出しを作成する
  • 見出しに基づき記事を執筆する
  • 日本語の間違いや事実誤認がないか確認する

記事作成1本ごとに、これらの作業を行います。また成果を得るためには、少なくとも毎月5本~10本以上、新規記事を作成し公開しなければなりません。さらに、すでに公開した記事を分析し、必要に応じた追記やリライトも行います。

このように、コンテンツマーケティングの記事作成は膨大な工数を必要とし、毎月継続することになります。人員を増やさず、コンテンツマーケティングを新規で行う場合、これまで行ってきた自社の業務を圧迫するのは必至です。

過剰な業務の追加は、他の業務に支障を与えるだけではなく、社内全体のモチベーションにも関わり、業績悪化・優秀な人員の離脱など、重大な問題に発展する可能性もあります。
オウンドメディアが無事に育ち、問い合わせが増えるなどしても、対応するリソースがないなどの事態になれば、本末転倒です。

記事作成を支援サービスに依頼した場合は、これらのリスクを避けることができます。特にライティング専門型サービスは、記事の「執筆だけ」ではなく、記事作成に関するすべての行程を依頼できるため、工数削減のメリットは非常に大きいです。

 

質のいい記事を継続的に追加できるようになる

コンテンツマーケティングの記事作成は、本数だけではなく内容も重要です。オウンドメディアにたどり着いたユーザーが、「有益な記事」と感じる質のいい記事であるかどうかは、成果を大きく左右します。

また記事のキーワード・テーマは、その多くが自社の商品・サービスに関連するものです。記事がわかりにくい、内容がない、知りたいことが書いていないなど、ユーザーが満足できない記事の場合、「記事への不信感」だけではなく「自社の商品・サービスへの不信感」も同時に生まれます。

ユーザーの信頼を得るためには、記事本数だけではなく品質も重要なのです。具体的に、質のいい記事の条件は以下のようになります。

  • 文章がわかりやすい
  • ユーザーの検索意図をくみ取り、知りたいことに答えている
  • ユーザー自身も気づいていない、潜在的なニーズに先回りし解説している
  • 事実を正確に記している
  • 競合記事にはない事実・または切り口がある

以上の条件を複数満たした質のいい記事を、自社で継続的に作成することは、工数面もスキル面も非常にハードルが高いです。記事作成支援サービスの中でも「ライティング専門型サービス」なら、記事作成の専門家として質のいい記事が継続的に納品されるため、これらの課題を一気に解決してくれるでしょう。

 

SEOの知識が豊富なライターに執筆してもらえる

SEO対策は、さまざまな側面があり「ここまでやれば確実」という指標がないものです。その分、専門的な知識と経験がなければ、攻略は難しくなります。さらに検索順位を決めるGoogleの方針も常に変化し、そのたびに柔軟に対応しなければなりません。 

一番重要視されるのは「ユーザーにとって有益な記事かどうか」ということですが、そのほかにもさまざまなポイントがあります。キーワードを適度に入れる、関連キーワードを調査し見出しに含める、できるだけ具体的な数字を入れるなどのテクニックが必要です。
さらに、ユーザーの検索意図をくみ取り答えるためには、知識と経験の両方が備わっていなければ難しいでしょう。オウンドメディア全体の統一感も重要です。

ライティング専門型サービスなら、SEOの知識が豊富な専属ライターが執筆するため、SEO対策としてのポイントをおさえた記事を更新できます。さらに、担当ディレクターによってまとめて納品されるので、メディアの統一感も守られます。

オウンドメディアのコンテンツマーケティングで成果を出すためには、早くても半年から1年以上かかります。中には数年運用しても成果が出ず、閉鎖に追い込まれるメディアもあります。

ライティング専門型サービスへの依頼は、成果まで最短ルートでたどりつくための必須条件といえるでしょう。

 

まとめ

費用面などから、記事作成を自社で行いたいと考えても、実際にはスキルや人的リソースの確保など、課題が多く実現は難しいです。

コンテンツマーケティングを継続的に行い成果を出すためには、記事代行サービスを利用することが一番の近道といえます。

クラウドソーシング型とライティング専門型を比べると、コスト面でクラウドソーシング型の方が優位に感じてしまう人も多いようです。しかし、求める成果を考えたとき、圧倒的にコストパフォーマンスがよいのが「ジャックアンドビーンズ」の記事作成代行サービスです。

いまなら、記事制作が1本無料になるキャンペーンも実施中です。ぜひ、自社の目的にあった記事制作サービスに依頼し、コンテンツマーケティングを効率よく運営して下さい。

「ジャックアンドビーンズの記事作成代行サービス」お申し込み・お問い合わせはこちら


記事制作カテゴリの最新記事