記事作成でできるSEO対策とは|記事の外注も検討すべき?

記事作成でできるSEO対策とは|記事の外注も検討すべき?

近年、「Webマーケティング」が販売戦略の中心となり、SEO対策を最重要課題としている企業も多いです。さまざまなSEO対策の中でも、大きな効果が見込め、新たな施策としてはじめやすい「記事作成」を検討している担当者の方も多いでしょう。

この記事では、SEO対策としての記事作成のポイントや、記事を外注すべきかどうか、外注するならどのような方法がよいか、詳しく解説します。

 

『SEO』とは

SEOとは、「Search Engine Optimization」つまり「検索エンジン最適化」のことです。

検索したときに上位に表示させ、成果に結びつけるさまざまな施策」を総じて、SEO対策といいます。

ユーザーが検索した時、通常は表示結果の上から順に目を通します。上位に表示されれば、自然と自社のサイトを知ってもらう機会が増えます。

 

また、検索から流入するユーザーはその「検索キーワード」について、興味・関心があるユーザーのため、自社に関連するキーワードで上位表示できれば、ターゲットであるユーザーにピンポイントで働きかけることができます。検索上位になることで受けるメリットは、非常に大きいといえるでしょう。

 

SEO対策は「Google対策」ともいわれています今、日本で利用されている検索エンジンのシェアはGoogleとYahoo!が大部分を占めています。その合計はPCからのアクセスは90%以上、スマートフォンからのアクセスは99%以上と圧倒的なシェアを誇っています。

参考:Mobile Search Engine Market Share Japan | StatCounter Global Stats

 

Yahoo!はGoogleの検索結果を利用しているため、Google対策を行うことがSEO対策となり、多くのユーザーにリーチするための近道です。

 

記事作成でできるSEO対策

SEO対策で主に行われている方法は、大きくわけて2つあります。1つは内部SEO対策と呼ばれるものです。内部SEO対策は、URL正規化・htmlなどタグの最適化・内部リンクの最適化など多くの要素があります。

これは、サイトの内部構造をGoogleに評価されやすく改善するもので、Googleの評価に「直接的」につながるものです。

 

もう一つが「記事作成」です。これは、ユーザーに評価されることでGoogleの評価に「間接的」につながるものです。ユーザーからの「この記事は有益である」という信頼が、Googleからの評価の根拠になります。

 

この「内部SEO対策」と「記事作成」を比べると、通常「内部SEO対策」は1度整えると、さほど手を加える必要はありません。当然、SEO対策としての成果をこれだけで右肩上がりにするのは難しいです。

それに反して「記事作成」は、常に上乗せしていけるSEO対策で、手を加えれば加えるほど成果を出せる可能性がある、つまりSEOの「成果の上限がない」のが特徴です。

ユーザーにとって有益な記事を追加し続けることは、数あるSEO対策の中でも非常に有効で結果を出しやすいといえるでしょう。

 

記事作成のSEO対策~ライティング編~

では、記事作成のSEO対策はどのようにしていけばよいのでしょうか。まずは、ライティングの際に重要となる項目3つについて、具体的に解説します。

 

タイトル・見出しに対策キーワードを入れる

「対策キーワード」が決まったら、タイトルと見出しに必ずそのキーワードを入れます。タイトルの文字数は、30文字以内が目安です。以前のSEO対策では、キーワードの登場回数が多いほど評価されやすいとされ、本文だけではなく、タイトルにもキーワードを繰り返し使用する例が多く見られました。

 

例:記事作成でできるSEO対策とは?SEOで記事作成して検索順位をあげるSEO

 

日本語としても非常に不自然で、ユーザーにとって有益とはいえません。そればかりか、現在ではスパムと判断され重大なペナルティを受けるリスクもあります。タイトルと見出しは「何が書かれているか」がわかりやすく伝わり、自然な形で対策キーワードが含まれるようにしましょう。

 

対策キーワードとあわせて共起語を入れる

共起語は、ある対策キーワードと一緒に、頻繁に登場する言葉のことです。例えば、この記事に関する「記事作成 SEO」の共起語は、「キーワード・リライト・記事・内部対策・記事作成代行…」などです。この記事には、いずれもしっかり入っています。

共起語を意識して入れることで、Googleのクローラーに認識されやすくなり評価に繋がります。

 

UXを考える

文章ができあがったら、UXを考えましょう。記事作成におけるUXは、「読みやすさ」と「わかりやすさ」の追求です。重要な部分は、太字や赤字を使いわかりやすくする、マーカーなどで下線を引く、手順などの場合は画像で示すなど、どれだけ「ユーザーに親切」な記事にするかがポイントです。

 

例えばリンクを張る場合、記事のデザインを優先し、リンク部分をグレーやオレンジなどにしているサイトも見られますが、ユーザーには伝わりにくいです。「リンクはブルー」というのが、共通認識となっているため、多少デザイン上の悪影響があるとしてもブルーにし、ユーザーのわかりやすさを最優先にします。

UXを検討する際には、あくまでもユーザーにどう見えるかを考えましょう。

 

記事作成のSEO対策~運用編~

続いては、記事を作成し公開した後の運用について、重要なポイントを2つ解説します。

 

掲載順位を確認して施策を行う

記事を公開し、それで終わりではありません。定期的に検索順位を確認しましょう。「GRC」など複数の対策キーワードを一括で調査できる、ツールやサイトを利用すると便利です。公開してから数ヶ月たっても検索順位が低い場合は、その記事を改善する必要があります。

また、サイトそのものの評価を上げなければ、ひとつひとつの記事の評価も上がりにくいです。記事の追加本数を増やすなど、全体的な改善が必要な場合もあります。

 

競合記事の内容を確認しリライト

記事1本ごとの改善は、リライトを重ねることで行えます。競合記事、つまりその対策キーワードで上位となっている記事を分析しましょう。

内容に不足があれば、書き足すことも必要ですし、そもそもペルソナ設定がずれていた場合は、見出しの段階から見直す必要があります。

 

リライトは特に手間がかかる作業ですが、検索順位を上げるためには必須の工程です。またリライトすることによって、「公開日」を新たに設定できるメリットもあります。似たような内容でも、公開日が1年前と最近のものでは、信頼度が異なります。

ユーザーは常に最新の情報を求めているので、少しでも内容を更新した場合は、公開日の更新も行いましょう。

 

記事作成のSEO対策には手間がかかる

SEO対策として、非常に優れている記事作成ですが、膨大な作業が発生するのも事実です。まず、企業のコーポレートサイトに掲載するのか、別にメディアを立ち上げるのかを決定し、記事全体の方向性、カテゴリを決めます。

 

記事作成の主な目的は、自社のサービスや商品を購入する可能性のある「見込み客」を育てることなので、ターゲットを的確に絞り、リーチできる対策キーワードの設定をします。

記事1本ずつに対して、細かいペルソナ設定や、検索する状況を想定し、みあった記事の作成をします。もちろん文章力だけではなくSEOを意識した執筆が必要です。

記事は、定期的に追加しなければならないため、継続してこの膨大な作業を支える「人的リソース」の確保が必須です。

 

またSEO対策や、ライティングに関する専門的な知識がなければ、作業にみあう結果を得ることはできないでしょう。これらの理由から、記事作成でSEO対策を行う場合は、記事作成代行サービスに外注するのがおすすめです。

 

SEOを意識した記事作成なら代行サービスがおすすめ

記事作成代行サービスは、その名の通り、記事作成を外注できるサービスです。サービスやプランによって、記事作成に関する作業のうちどこまで含まれるかは変わりますが、外注することで、膨大な作業を削減することができます。

また、SEO対策として成功するために必要な専門的な知識やノウハウの蓄積があるため、結果を出しやすいです。  

 

記事作成代行サービスの流れ

記事作成代行サービスを依頼した場合の、一般的な流れについて解説します。業者やサービスによって違いはありますが、外注する前におおまかな流れを押さえておきましょう。

①担当者によるヒアリング

どのような層にリーチしたいのか、全体の方向性をどうするかなど、担当するディレクターと打ち合わせをします。目的だけではなく、自社の強みはなにか、打ち出したい特徴はなにかについても認識を共有します。

その上で、ディレクターがプロの知見やノウハウを活かした方針を提案し、期間や本数など具体的なプランの提案を行います。

②記事内容の提案

ヒアリングの結果をもとに方針が決定した後は、記事内容の提案が行われます。競合記事の調査なども行い、効果的な対策キーワードがピックアップされます。認識のずれがないよう、見出しやタイトルを作成された段階で、一度確認したほうがよいでしょう。

③記事作成

タイトルと見出しが決定すると、いよいよ記事作成です。ディレクターからライターへの発注が行われます。専属ライターを抱えている業者は、クオリティが保たれるだけではなく、ディレクターとの意思の疎通もスムーズに行われるため、方針にそった記事があがってくるのでおすすめです。

④校正・最終チェック・納品

ライターが執筆した記事は、校正の専門スタッフやディレクターによって以下の点が確認されます。

  • 日本語としての間違いや、ふさわしくない表現はないか
  • コピペはされていないか
  • 事実誤認や誇張表現はないか
  • 記事の方針にそった内容になっているか

特にコピペ判定は、スパムと判断されペナルティを受けるなど重大なリスクがあるので、慎重に行われます。キーワード選定とならび、専門的な知識を要する工程です。

 

注意しなければならないのは、ここで紹介した流れは「良心的なサービス」の場合です。残念ながら、数ある記事作成代行サービスの中には、クオリティがともなわず価格に見合わないものもあります。

価格だけではなく、どのような流れで納品されるのか、必ず確認しましょう。

 

おすすめの記事作成代行サービス

いざ依頼しようとしても、記事作成代行サービスを行っている業者は多くどの業者に依頼するかお悩みの方もいるのではないでしょうか。サービスや業者によって、含まれる作業範囲・クオリティ・料金もさまざまで、一概に比較できない点も、他のサービスと比べて選びにくい要因です。

また、SEO対策として記事作成をする場合、見える成果が得られるまで、少なくとも数ヶ月以上必要なため、まとまった本数での発注が一般的で、容易に決断できない側面もあります。

 

 

迷ったときにオススメなのが、「ジャックアンドビーンズ」の記事作成代行サービスです。今、記事作成を1本無料で行うキャンペーンを実施しています。どのように記事作成を行うのか無料で体験できるため、非常にお得です。

ジャックアンドビーンズは、500社以上のリスティング広告の運用実績があります。さまざまな業種、ジャンルの運用を行い、これまで蓄積されたノウハウが豊富に揃っているため信頼できるサービスです。

記事の執筆は、SEOの知識を持った経験豊富な専属ライターが行います。執筆後は、専門の校正スタッフが繰り返し品質チェックを行った後に納品されるため、クオリティの高い記事作成となっています。

 

無料の1本についても、現状の課題をヒアリングし、対策キーワードの選定も含まれているため、実際の運用をイメージしやすいです。

 

記事の外注を検討されている方は、ぜひ一度「ジャックアンドビーンズ」の記事作成1本無料キャンペーンを利用して下さい。

 

「ジャック&ビーンズの記事作成無料キャンペーン」お申し込み・お問い合わせはこちら

 

まとめ

記事作成でできるSEO対策を健全に運用するためには、記事の外注が不可欠です。ぜひ、自社にあったサービスを見つけ、検索上位に表示され多くのユーザーにリーチするサイトを育てましょう。


記事制作カテゴリの最新記事