記事作成はなぜ外部に依頼すべきなのか?|おすすめの依頼先もご紹介

記事作成はなぜ外部に依頼すべきなのか?|おすすめの依頼先もご紹介

オウンドメディアを中心としたコンテンツマーケティングの浸透により、記事作成依頼のニーズが増えています。とはいえオウンドメディアを運用するにあたって、記事作成を外部に依頼すべきかどうか、お悩みの方もいるでしょう。

結論から述べれば、「記事作成は外部に依頼すべき」です。この記事では、なぜ依頼すべきなのか、その理由と、おすすめの記事作成代行サービスを具体的に紹介します。

 

記事作成を依頼するメリットとは?

オウンドメディアを運用するために、多くの企業が記事作成代行サービスを利用しています。その理由は、多くのメリットがあるからです。どのようなメリットがあるのか具体的に解説します。 

 

自社の業務に専念できる

オウンドメディアの運用には、多くのリソースを必要とします。特に記事作成は、キーワードの選定や、見出しの作成、執筆、校正など多くの工数が1記事ごとにかかります。
オウンドメディアは通常、まとまった本数の記事を更新するため、すべてを社内で行おうとすると、自社の業務を圧迫しかねません。

記事の作成を外部に依頼することで、社内のリソースを割くことなく、自社の本来の業務に専念できます。

 

記事作成のプロに執筆を依頼できる

「知っている」ことと「伝える」ことは別物です。いくら専門知識にたけていても、わかりやすく伝えるスキルがなければ、ユーザーにとって有益な記事を作成することはできません。品質にこだわった記事作成代行サービスに依頼することで、記事作成のプロが執筆を担当し、わかりやすくニーズに沿った内容のコンテンツに仕上げてくれます。

 

コンスタントに記事を公開できる

オウンドメディアで成果を出すためには、定期的にまとまった本数を新規記事として加えていく必要があります。はじめのうちは、なんとか更新できても、数ヶ月・数年単位で継続していくためには、多くの工数を必要とします。

また記事が増えていくと、キーワードの選定も厳しくなる「ネタ切れ」の状況にもなりやすいです。継続期間が長くなればなるほど、外部のアイデアやリソースを利用できる状況は有利に働くでしょう。

 

記事の品質を維持できる

オウンドメディア運営のおもな目的はSEO対策です。Googleに評価され、検索順位をあげるためには、「ユーザーファースト」を大切にし、記事の品質を維持しなければなりません。ユーザーが、コンテンツに満足しているかどうかは、直帰率や滞在時間、ページセッションなどで数値化されます。

ユーザーに満足してもらうために「ユーザーが何を求めているか」を、検索したキーワードからより正確に読み取り、作成したコンテンツを用意します。ユーザーのニーズをつかみ、満足度の高い記事を維持するためには、経験と専門知識が豊富な記事作成代行サービスが不可欠です。

 

記事作成にかかるコストを削減できる

記事作成代行サービスへの依頼は、コストが「増加」するとお考えの方も多いでしょう。しかし実際には、コストを「削減」できる場合がほとんどです。自社で、オウンドメディアに関するすべての業務をまかなおうとすると、先ほども述べた記事作成や記事の管理に加え、すでに公開している記事の分析、分析をもとにした改善作業もあります。

この改善作業は、リライトや追記する記事を決定したり、新規キーワード選定に反映させたりするだけではなく、オウンドメディアのUI、UXの改善など多岐にわたります。それらを社内でまかなう場合、多くの作業が発生し、人件費の増加につながります。

 

また本来の仕事にまで影響が出た場合、社内の精神的コストが増し、メンタルヘルス面で環境悪化をまねく事態になりかねません。社内の不満が募ると、パフォーマンスもおちる一方です。人件費などの経済的コストだけではなく、精神的コストの面でも削減できるのが、記事作成代行サービスへの依頼です。

 

 

記事作成を外部に依頼するデメリット

メリットの多い記事作成代行サービスですが、デメリットも知っておくことで、より効率的に利用することができます。

 

ライターによって記事の品質に差が出る可能性

記事作成サービスを利用すると、複数のライターが執筆を担当することになります。依頼したサービスによっては、継続して依頼していてもライターは固定せず、入れ替わりながら納品されることも多いです。

ライターが固定でない場合、記事の品質に差が出る可能性が高く、またメディアとしての統一感を出すことも難しくなります。SEO対策として「ユーザーファースト」を実現するためには、1記事ごとのクオリティにこだわる必要があります。せっかく、メディアを訪れてくれたユーザーが、わかりにくい、知りたい情報がないなど「読む価値なし」と判断すれば、検索順位があがることは望めません。

またメディアの統一感を出すことは、企業や自社製品・サービスのブランディングにもつながり重要です。納品された記事を、社内で修正し統一感を出す方法もありますが、それではまた工数がかかり、記事作成代行サービスに依頼するメリットがありません。

ですが、執筆するライターがある程度固定されているサービスを選ぶことで、「品質のばらつき」「統一感のなさ」といったデメリットは解消されます。ライターが専属のサービスならより安心です。外注先はよく検討しましょう。

 

製品・サービスを理解してもらうまで時間がかかる

記事作成代行サービスは、SEO対策や、わかりやすい文章作成のためのスキルがあります。しかし、自社の製品やサービスについては、当然社内の人材の方が知識を持っています。

自社の製品・サービスの特徴や、打ち出したい強みを共有するための時間が必要です。自社の強みを共有することは、競合メディアとどう差別化するかという戦略にも大きくかかわってきます。費やした時間は必ず成果につながるでしょう。共有するための時間を惜しまず、しっかりと打ち合わせを行ってくれるサービスなら、成果獲得に向けてともに取り組むことができます。

 

記事作成の依頼先を決めるときのポイント

では、具体的にどのように記事作成の依頼先を決めればよいのでしょうか。ポイントを2つに分けて解説します。

 

記事作成実績を確認する

まず確認したいのは「実績」です。これまで記事作成はどの程度行っているのか確認しましょう。納品した記事の本数や、メディアの数の確認だけでは不十分です。たとえば、メディアのPV数が増加した、CV率が上がった、検索順位が上がったなどの成果も確認します。

オウンドメディアの流行で、記事作成代行サービスは増加し、安価に低品質な記事を、大量に作成しているサービスもあります。記事本数が多くても品質がともなわなければ、成果に繋がりません。必ず導入事例と成果も確認しましょう。

 

柔軟に対応してくれるか確認する

オウンドメディアの運用は長期にわたります。運用している間に、立ち上げ時には想定していなかったことが発生するのはよくあることです。

すでに公開した記事の分析から導きだした改善案が、本数を増やしたい、リライトしたい、追記したいなどの場合、どの程度対応してくれるか事前に確認しておきましょう。また、トレンドにあわせて、急ぎで追加したいコンテンツの発生なども事前には予測しにくいです。

突発的なオーダーにも対応可能か確認しておきます。記事作成代行サービスは、依頼先を変える場合、物理的にも精神的にも負担が大きくなる、いわゆる「スイッチングコスト」がかさむサービスです。逆にいえば、最初に柔軟で質のよい記事作成代行サービスを選ぶことが出来れば、コスト削減効果は最大になります。依頼先は、慎重に検討しましょう。

 

<おすすめ>記事作成の依頼先3つ

では、実際に「記事作成代行サービスに依頼したい」とお考えの方のために、オススメの依頼先を3つ紹介します。それぞれタイプが違うので、自社にあったサービスを選んで下さい。

 

<依頼先①>ジャックアンドビーンズの記事作成サービス

最初に強くおすすめしたいのは、「ジャックアンドビーンズ」の記事作成サービスです。ジャックアンドビーンズには、これまで500社以上のリスティング広告運用のノウハウが蓄積されています。その価値あるノウハウを活用しているため、効率的な記事制作が可能です。クライアントごとに、専門知識があり経験豊富なディレクターがつくため、クライアントの要望にマッチした記事を納品します。

ライターとのやり取りや、情報共有もすべてディレクターが一括で行うため、記事作成そのもの以上に、タスクを減らすことができます。徹底的に無駄な工数やコストを削減し、価格を抑えつつハイクオリティな記事を提供し続けているのも大きな特徴です。

さまざまなプランを用意しているため、予算などの要望にあわせた柔軟な提案が可能になっています。これまでの納品実績も多数あり、成長例をいくつかご紹介します。

 

<BtoB企業向けITツールを扱うA社>

・さらなるリード獲得のために、コンテンツマーケティングを開始
・サイトの構築部分からジャックアンドビーンズが担当
・サイト運用開始時点で記事20本、その後も毎月10本ずつ公開

【成果】サイト運用開始から約半年という早さで月数件のコンバージョンを獲得。
    継続して毎月10本新規記事を公開し、コンバージョン獲得数が増加中。

 

<toC向けサービスを提供するB社>

・提供するサービスの情報発信、リード獲得を目的にメディア運営を開始
・サイトの構築部分からジャックアンドビーンズが担当
・毎月20本の記事を公開。さまざまな情報を網羅することを実現

【成果】メディアから多種多様のお問い合わせを獲得。
    セッション数が、メディア運用開始8カ月ほどで約3倍以上に成長。

 

<BtoB企業向けITツールを扱うC社>

・メディアの価値を上げるため、既存記事の追記を依頼
・足りない情報や最新情報を既存記事に追加

 【成果】情報の網羅性改善や、最新情報更新により掲載順位の向上。

 

「ジャックアンドビーンズ」は追記だけ依頼したいなど、さまざまな要望に対応しており、柔軟さ、記事の品質、価格などいずれをとってもおすすめです。 今なら記事制作が1本無料になるキャンペーンも実施中でお得です。

 

ジャックアンドビーンズへのお問い合わせはこちら

 

<依頼先②>ランサーズ

次に紹介するのは「ランサーズ」です。ランサーズは、クラウドソーシング型と呼ばれるサービスのひとつです。クラウドソーシング型サービスは、Web上のプラットフォームを利用し、気軽にライターに記事作成を依頼できるサービスです。その中でもランサーズは「日本最大級の仕事発注サイト」をうたっており、実際に7,000人以上のライターが登録しています。

執筆してほしいライターを見つけて記事作成を依頼したり、自社の条件を提示してライターからの応募を待ったりもでき、利用方法の自由度も高いです。

しかしその分、ライター選定や交渉、執筆マニュアルの作成など、付随して発生する業務が多く、大幅な工数削減は難しいです。利用する際には、その分のリソースを確保できるか、慎重に検討する必要があります。

 

<依頼先③>コンテンツウォーカー

「コンテンツウォーカー」は、シンプルに4つのコースを用意した記事作成代行サービスです。キーワードの指定などは一切できないかわりに低価格な「バックリンクコース」、100字から2,000字まで対応した「通常コース」、小見出しの作成などが加わる「こだわりコース」、選抜ライターが執筆を担当する「プレミアムコース」の中から選びます。

記事の品質よりも安価なほうがよい、自社の条件にあったプランがあるなどの場合におすすめです。

 

まとめ

オウンドメディアにおいて、記事作成を外部に依頼することは、健全な運用のために欠かせません。ジャックアンドビーンズでは、記事制作が1本無料になるキャンペーンも実施中です。ぜひ、自社の目的にあった記事制作サービスに依頼し、良質な記事の公開で、コンテンツマーケティングを成功に導いて下さい。

 

ジャックアンドビーンズへのお問い合わせはこちら


記事制作カテゴリの最新記事