記事作成代行サービスのおすすめ3選|サービスの選び方までご紹介

記事作成代行サービスのおすすめ3選|サービスの選び方までご紹介

アメリカでうまれたコンテンツマーケティングですが、日本でも急速に広がり、Webマーケティングを考える上で欠かせない手法になりました。

今では、大企業やメーカーだけではなく、地域の中小企業、さらには商店や美容院、医院など、業種・ジャンルを問わず取り入れられています。Webマーケティングの中でも、コンテンツマーケティングは最も取り組みやすい施策で、通常は「記事作成代行サービス」に依頼して運営していきます。

自社でもコンテンツマーケティングに力を入れたいが、どのような記事代行サービスがよいか違いがわからないという担当者の方もいるのではないでしょうか。

この記事では、

  • 記事作成代行サービスについて
  • なぜ記事作成代行サービスが必要か
  • 【タイプ別】記事作成代行サービスのおすすめ3選
  • 記事作成代行サービスを利用する前に準備すること

など「記事作成代行サービス」を利用するまでの大切なポイントを、それぞれ解説します。「記事作成代行サービス」というのがあるのは知っているが、具体的なサービスや違いは知らないという方にもわかりやすく、基本から解説していますので、ぜひ参考にして下さい。

 

記事作成代行サービスについて

では、「記事作成代行サービス」とはどんなサービスなのか、なぜこれだけ盛んに行われるようになったのかについて解説します。

 

記事作成代行サービスとは

記事作成代行サービスとは、「記事作成に関する業務」を外注できるサービスです。どこまでの業務を外注できるかは、そのサービスやプランによって大きく異なります。プランや価格の設定も、1記事あたりだったり、月額だったりさまざまです。

 

大きくわけて「ライティング専門型」と「クラウドソーシング型」の2つのタイプがあります。

ライティング専門型は、SEO対策やコンテンツマーケティングの専門知識をもった担当者が、ライターへの記事執筆発注や、キーワード選定方向性の決定など「記事のディレクション」も行います。

クラウドソーシング型は、Web上にあるプラットフォームを利用して、ライターに直接依頼する方法です。「記事のディレクション」は自社で行います。

記事作成の依頼に「記事のディレクション」が含まれるか含まれないかが大きな違いです。

 

記事作成代行サービスが注目される理由

現在のように「記事作成代行サービス」が注目されるようになった理由は、「コンテンツマーケティング」の隆盛に他なりません。コンテンツマーケティングはアメリカで生まれ、2010年頃から少しずつ普及してきました。日本にも、ほどなく上陸し2014年頃から行われるようになり、今ではWebマーケティングの手法として定着しています。

 

多くのユーザーが、毎日何度もWebにアクセスし検索していることから、「検索結果で上位に表示される」ためのSEO対策は、Web集客を考える上で必須条件です。そのSEO対策として最も有効な手法のひとつが「コンテンツマーケティング」なのです。

 

数年前まで、「コンテンツマーケティング」のSEO対策には、「誰でもできるテクニック」があふれていました。対策キーワードを不自然なほど繰り返し入れる、外部リンクを購入する、ほかの記事をコピペする……など、どれも専門的な知識やスキルが必要のないものばかりです。

それでも、当時はGoogleのクローラーとよばれる自動プログラムが、今ほど精密ではなかったため結果を出すことができたのです。

 

しかし現在は、クローラーの精度があがり、「誰でもできるテクニック」は「まったく評価されない」という残念な結果を招くばかりか、悪質なサイトとして重大なペナルティを受ける可能性もあります。

精度が上がり続けるクローラーに評価されるためには、Googleが掲げる「ユーザーファースト」の方針にならい、ユーザーにどれだけ誠実に、有益な情報を提供するかに尽きます。

顧客を育てる新たな視点

またSEO対策として、対策キーワードの選定も非常に重要です。コンテンツマーケティングが、それまでのWebマーケティングと一線を画しているのは「顧客を育てる」ことができる点です。

 

自社のサービスや商品のターゲットになるユーザーを想定した、対策キーワードやコンテンツを用意するのは当然です。しかし「コンテンツマーケティング」が真価を発揮するのは、将来的に自社の顧客となりえるユーザーを育てるためのコンテンツです。「顧客を育てる」というのは、これまでのWebマーケティングになかった視点です。

そのためには、対策キーワードの範囲を的確に広げ、コンテンツを増やす必要があります。またサイト全体の評価を上げるためにも、一定数のコンテンツを定期的に追加しなければなりません。

大量のコンテンツ追加のための手段として、「記事作成代行サービス」が不可欠となりニーズが高まったのです。

 

記事作成代行サービスのおすすめ3選

「記事作成代行サービス」のニーズの高まりとともに、扱う業者やサービスが増えています。数ある中からどんなサービスを選べばよいのか、判断に迷うこともあるでしょう。ここでは具体的におすすめのサービスを3つ紹介します。

 

<おすすめ①>ジャックアンドビーンズの記事作成代行サービス

最初におすすめするのは「ライティング専門型サービス」の「ジャックアンドビーンズ」です。「ジャックアンドビーンズ」は、これまで500社以上のリスティング広告の運用実績がありWebマーケティングにおける信頼性は確かです。

その実績で積み重ねてきたノウハウを活かし、「読みやすさ」や「わかりやすさ」だけではなく、どのようにターゲットにリーチしCVにつなげるか、考察した記事の作成を行っています。

 

「ライティング専門型サービス」は、クラウドソーシング型と単純に比較すると価格が上回りますが、その分、社内リソースの削減や、SEO対策としての結果に圧倒的な差が出ます。「ジャックアンドビーンズ」は、結果は出したいが安くおさえたいという顧客ニーズを優先し、無駄な費用を極限まで削減することで低価格を実現しました。

低価格でも、「ライティング専門型サービス」として担当ディレクターがつきます。もちろん現状の課題や目標についてのヒアリングは丁寧に行われるので安心です。記事の執筆は、SEOの知識を持った経験豊富な専属ライターが行います。執筆後は、専門の校正スタッフが繰り返し品質チェックを行った後に納品されます。

SEOの専門知識と蓄積されたノウハウをいかした、高品質な記事が納品されるため、コストパフォーマンスは群を抜いています。

ここでジャックアンドビーンズが記事制作を行った企業の成長例2つをご紹介します。

<BtoB企業向けツールを扱うA社>
A社ではさらなるリード獲得のために、コンテンツマーケティングを開始しました。
A社ではサイトを保有していなかった状態であったため、サイトの構築部分までジャックアンドビーンズが携わり、サイトの運用が開始します。
サイト運用開始時点で記事20本、その後も毎月10本ずつ公開することで徐々にコンテンツを増やしていくことで、サイト運用開始から約半年で月数件のコンバージョンを獲得できるようになりました。さらに、その後も毎月10本ずつ記事を公開することで、現在では月十数件のコンバージョンを獲得できています。

品質の高い記事をコツコツと公開することで、成果につながるのがコンテンツマーケティングの特徴です。

<toC向けサービスを提供するB社>
B社では、提供するサービスに関するさまざまな情報を発信しつつ、リードを獲得するためにメディアの運営を開始しました。
B社でも自社でメディアを保有していなかったため、構築の部分までジャックアンドビーンズが携わりました。
B社のメディアでは、毎月20本ずつ記事を公開することで、メディア内でさまざまな情報を網羅することができています。現在ではメディアを通して多種多様のお問い合わせを獲得できています。
セッション数も、メディア運用開始8カ月ほどで約3倍以上に成長しました。

 

今「ジャックアンドビーンズ」では、記事作成を1本無料で行うキャンペーンを実施しています。無料ですが通常の作成フローで行われるので、どのように記事作成を行うのか体験することができ、おすすめです。

 

「ジャックアンドビーンズの記事作成無料キャンペーン」お申し込み・お問い合わせはこちら

 

<おすすめ②>グリーゼの記事作成代行サービス

次におすすめするのは、「グリーゼ」の記事作成代行サービスです。「グリーゼ」は、マーケティングオートメーション(MA)導入済み企業のコンテンツマーケティングを得意としています。MAのなかでもとくに「Pardot」「Marketo」の知見があるため、いずれかを導入済みで、それを活かした記事作成を行いたい場合におすすめです。

また、担当者の育成研修も行っています。実際に講師が企業に出向くことも可能です。「記事作成できる人材を社内で育成し、ゆくゆくは社内で記事作成もディレクションも行えるようにしたい」「初期投資としてある程度まとまった予算がある」「長期的に人材を確保できる」などの場合は、おすすめのプランです。

 

<おすすめ③>ランサーズの記事作成代行サービス

最後におすすめするのは、「ランサーズ」の記事作成代行サービスです。「ランサーズ」はクラウドソーシングのプラットフォームです。すべてのジャンルをあわせた登録者数は50万人を超えており「日本最大級のクラウドソーシング」とされています。

アカウントの登録や、ライター募集に関しては基本的に費用がかからないため、気軽に利用できます。手数料は、ライターへの支払いが10万円以下の場合で20%です。「ライターのアサイン・やり取りが負担にならない」「できるだけ安く済ませたい」という場合におすすめです。

 

記事作成代行サービスの選び方

記事作成代行サービスは、特色やプラン、発注形式も多様です。自社にあった記事作成代行サービスをどのように決めたらよいか、特に重要な「選び方のポイント」を3つ紹介します。

 

ライティング専門型かクラウドソーシング型か

記事作成代行サービスには、「ライティング専門型」と「クラウドソーシング型」の2つのタイプがあることはすでに述べました。

 

「ライティング専門型」は、記事作成に関わる業務をまとめて依頼できるため、社内のリソースを大幅に削減できます。また最終的に「検索順位をあげてPV数を増やす」「サイトのCV率をアップする」などの目標をクリアするためには、SEO対策やサイトのUXなど、専門知識とノウハウの蓄積が必用になります。

記事作成の先にある結果を求める場合は「ライティング専門型」がおすすめです。

 

一方「クラウドソーシング型」は、ライターに記事制作のみを依頼します。社内で優秀なマーケターのリソースを確保し、SEO対策などの見地からメディア全体を統括できるのであれば、クラウドソーシング型を利用しての運用は可能です。

また、見落とされがちなのは「人材育成・コーチング」のスキルが必要という点です。「クラウドソーシング型」はライターと直接やり取りし、納品された記事のいわゆる「ダメ出し」をしながら改善し続ける必要があります。

ライターのやる気をうながす表現で、なおかつ指摘が的確でなければ「ライター離れ」が起き、ライターアサインのリソースも増えていきます。優秀なライターは、ほかにもクライアントを多く抱えています。自社の案件を継続してもらうためには、「コーチング」の視点、ライタースキルにあった報酬、ライターからの問い合わせには誠心誠意こたえるなど、信頼関係を築くことが大切です。

「クラウドソーシング型」を利用するなら、マーケティングの知識・実績だけではなく、育成も任せられる人材を確保しなければなりません。

 

これらのことから「ライティング専門型」と「クラウドソーシング型」を比べると、スムーズに運用でき結果を得るためには「ライティング専門型」がおすすめといえます。

 

自社の商品・サービスジャンルの記事制作実績があるか

記事作成代行サービスを検討する際、それまでの記事制作実績がどれくらいあるのかを確認するのは当然ですが、その実績は自社にあうものかどうかもチェックしましょう。

BtoB、BtoCといったおおまかな分類はもちろん、自社の商品やサービスに関連するジャンルの実績はあるか、ジャンルは違ってもターゲットが類似しているサービス・商品の実績はあるかといった点が重要です。

全体の受注件数実績が多いことをうたっていても、詳細を確認すると自社の商品やサービスに類似する実績がない場合もあります。全体の数字にまどわされず、その実績の具体的な内容を確認することが大切です。

 

費用は高すぎないか

「クラウドソーシング型」では、外注する作業範囲が明確なため、費用の比較はしやすいです。費用が適切かどうか、判断が難しいのは「ライティング専門型」です。記事作成のディレクション業務のどこまでを担うのか、細かく確認しましょう。

また、中には「SEO対策の実績」をもとに、高額と感じる料金設定のサービスもあります。たとえば「○○ジャンルで、検索1位30キーワード獲得」などの実績を根拠にしているのであれば、ひとつひとつのキーワードがどれくらいの検索ボリュームがあるもので、競合はどれだけ強いのかなども確認しましょう。

検索順位だけではなく、CV率など実際にどれだけ売り上げに繋がったかの実績も確認することも忘れないでください。費用に見合う、またはそれ以上の成果が得られるのか、検討が必要です。

 

要望に柔軟に対応してくれるか

記事作成代行サービスを選ぶ上で、「要望に柔軟に対応してくれるか」という点を確認することも大切です。
長期的に記事作成代行サービスを利用すると考えると、予算に合わせた記事作成を行ってくれるか、記事作成本数の増減にも対応してくれるかなど、柔軟な対応をしてくれるかという点も重要視したほうがいいでしょう。

 

記事作成代行サービスを利用する前に準備すること

記事作成代行サービスを利用する前に、社内の体制を整えておくとスムーズです。ポイントは、「部内調整」と「社内調整」です。

 

「部内調整」は、記事作成を担当する部署で、どのようなカラーで記事作成を行うのかという方向性と、記事作成に関する工程それぞれで担当する責任者を明確にしましょう。特に工程は、対策キーワードの決定、納品された記事の最終チェック、記事を公開した後の分析など、多くあります。「クラウドソーシング型」では、ライター対応などさらに増えます。

想定される工程を整理し、必要な人的リソースの割り振りをしておきましょう。

 

「社内調整」は主に「営業担当部署」とのすり合わせです。どのようなユーザーにリーチしていくか、サイトからの問い合わせは誰がどのような手順で対応するか、共通認識を持つ必要があります。これが整わないと、サイトからの問い合わせをうまく成約に結びつけることができません。

また継続していく中で状況は変化していくので、定期的にミーティングを行うなどして認識のズレを防ぎましょう。

 

まとめ

記事作成代行サービスを利用することは非常に有効で、コンテンツマーケティングを行うほとんどの企業で採用されています。それだけ社内のリソースだけで、専門的な知識を必要とする記事作成は難しいといえるでしょう。

記事内でもご紹介した通り、記事作成代行サービスは「ライティング専門型」がおすすめです。ライティング専門型サービスに依頼することで、クラウドソーシング型サービスよりもコストパフォーマンスがいいサービスを受けることができます。ライティング専門型の中でも「ジャックアンドビーンズ」の記事作成代行サービスがおすすめであるため、気になったという方は、ぜひ下記サービスサイトよりお問い合わせください。

「ジャックアンドビーンズの記事作成代行サービス」お申し込み・お問い合わせはこちら

ぜひこの記事を参考に、自社にあった「記事作成代行サービス」を見つけ、コンテンツマーケティングを成功に導いて下さい。


記事制作カテゴリの最新記事