【記事作成外注の相場は?】記事を外注する前に読みたいまとめ

【記事作成外注の相場は?】記事を外注する前に読みたいまとめ

はじめて記事作成の外注を考えたとき、一番気になるのはその「相場」です。1記事あたりの相場がわからなければ、どれくらい予算を確保すればよいのか、検討しようがありません。

この記事では、【条件別】記事作成の外注の仕方、外注の際に注意すべきポイントを詳しく解説します。ぜひ自社にあった外注方法を見つけて、スムーズな記事作成に役立てて下さい。

 

記事作成は外注すべき?

記事作成を「外注すべき」かどうか、一概にいえませんが「記事を外注しないと難しい」というのが実情です。記事を利用する目的はさまざまでも、自社でライティングをすべてまかなうことが出来る企業は、かなり限られるでしょう。

実際、社内の様子や業務、社員を紹介するようなブログでさえ、継続的に更新するのが難しく外注しているケースもあります。それだけ外注せずにメディアなどを運営するのは、ハードルが高いといえます。

記事作成が必要になる場面とは

これまでもブログやメールマガジン、会員情報誌など、ライティングを必要とする施策は数多くありました。ですが今もっとも多く必要とされているのは、「コンテンツマーケティング(※1)」ではないでしょうか。

コンテンツマーケティングの方法がいくつかある中で、今中心となっているのは「オウンドメディア(※2)」や「サテライトサイト(※3)」です。

以下、この「オウンドメディア」や「サテライトサイト」に焦点をあてて解説します。

(※1)コンテンツマーケティング:
ユーザーにとって有益なコンテンツを作成し、発信することでユーザーのサイトへの流入を促し最終的にファンとして定着させるマーケティング手法のことです。リスティング広告などと違い、ニーズが顕在化していない潜在層のユーザーをターゲットとすることが特徴です。広告は「しつこい」と嫌悪感を持たれがちですが、コンテンツマーケティングは自ら情報を獲得しようとしているユーザーに対して訴求されるため、集客力が高いといわれています。

(※2)オウンドメディア:
オウンドメディアとは、そのままの意味で自社で保有しているメディアを意味します。主に、コーポレートサイトや自社の情報を発信する記事メディアのこと指すことが多いです。SNSなどと相性がいいことから、コンテンツマーケティングの1つの手法として注目されるようになりました。

(※3)サテライトサイト:
サテライトサイトは、別名「衛星サイト」とも呼ばれています。本サイト(コーポレートサイトなど)とは別に、SEO対策や集客を目的として構築されてサイトを指します。特に、本サイトとは別ドメインで、運営社との関係を明確に示さないものをサテライトサイトと呼ぶことが多いです。

 

記事作成を外注するメリット

記事作成を外注する一番のメリットは、記事作成を安定して行えることです。

社内で記事作成の業務を継続的に行っていくのは難しく「文章を書くのが得意」程度のスキルでは、記事のライティングを続けることは難しいでしょう。

記事を使ったコンテンツマーケティングは即時的に効果が出る手法ではなく、公開後も細かく調整を続けることでやっと実を結ぶものです。となると、通常業務の傍らで記事作成を行っている状態だと、どうしても記事作成は後回しになりがちです。

こういった状況に陥るのを防ぐためにも、記事作成の部分は外注するのが良いでしょう。

また、記事を作成することによって、「検索結果上位表示」「サービスや商品の認知度アップ」「見込み客の獲得」など成果を得ることを目的としている場合は、経験とスキルを要します。

こういった知識が十分ではない場合であれば、記事作成は外注するのが現実的です。

 

記事作成の外注方法

記事作成を外注するための方法は、

  1. ライターを探す
  2. クラウドソーシング型サービスを活用する
  3. ライティング専門型サービスを活用する

の3つです。これは「費用がかからない順」であり「手間がかかる順」でもあります。

それぞれにメリットデメリットがあるので、記事を外注する目的や自社の状況などをよく検討して、よりマッチした手段を考えましょう。それぞれの特徴と、その方法が向いているのはどんな場合か、掘り下げて解説します。

自らライターを探す

自らライターを探す方法の、記事が納品されるまでの流れは以下の通りです。

  1. SNSなどを活用しライターを探す
  2. ライターに詳細(記事内容や報酬など)を提示し依頼
  3. 承諾をもらったら記事作成開始
  4. 納品、報酬の支払い

自らライターを探すためには、SNSの活用が有効です。特に今、頻繁に行われているのがTwitterを活用したスカウトです。Twitterのライターアカウントはかなりの割合で、プロフィールや固定ツイートに過去の実績や希望単価を載せ、仕事をDM(ダイレクトメッセージ)で受けつけています。

そのライターの中から、自社の希望する価格やスキルに見合うライターを選びDMをします。DMを受けたライター側は、価格やジャンルなどの条件だけではなく「そのアカウントが信頼できるかどうか」を受注の判断材料にしています。スカウトで使用するアカウントが、公式である、一定のフォロワーがいるなど「信頼度」が高くないと難しいでしょう。逆に、ライターの信頼度も重要です。ライターが掲載している実績が本当のこととは限りません。実際にはライティングスキルがない、連絡がとれなくなるなどのリスクも高いです。信頼できるライターかどうか慎重な判断が必要です。

費用の相場は、人によってかなりの差があります。経験や専門性、さらに最近ではネット上での知名度なども影響することがあるでしょう。知名度のある人に記事を書いてもらった場合、筆者として明記をすることで、記事が拡散されてより多くの訪問者を獲得する可能性が増えるためです。

近年ではこのような要因からで、費用相場の幅はかなり拡がっています。

とはいえ、対ライターとの直接的な契約であり、仲介業者等も介在しないので、他の方法に比べると費用を安く抑えられる可能性があるとも言えます。同じ金額でライターと契約したとしても、仲介業者への手数料が発生するとその分費用は上がってしまいます。そういった手数料が発生しない点は、金銭的なメリットと言えるでしょう。

 

「自らライターを探す方法」が向いているのは

3つの中で一番費用がかかりませんが、スキルと作業時間が必要な方法です。この方法が向いているのは以下の場合です。

  • できるだけライティング費用をおさえたい
  • 保有するTwitterアカウントで一定のフォロワーを持ち、信頼を獲得している
  • 記事作成を外注していること、外注の際の価格がオープンになっても支障がない
  • 人的リソースがあまっていて、ライター管理に発生する業務が膨大でも影響がない
  • コミュニケーションスキルが高い人員を担当者にできる
  • 記事の企画・編集のできるノウハウが社内にある
  • SEOに対する知識が豊富な社員がいる

以上6つのうち、4つ以上当てはまる場合は「自らライターを探す方法」が選択肢に入るでしょう。

 

クラウドソーシング型サービスを活用する

クラウドソーシング型とは、Web上のプラットフォームを利用して依頼する方法です。「Lancers(ランサーズ)」「CrowdWorks(クラウドワークス)」などが知られています。

クラウドソーシング型サービスを活用する方法の、記事が納品されるまでの流れは以下の通りです。

  1. クラウドソーシングのプラットフォームに登録
  2. 記事の詳細(記事内容や報酬など)やライティングマニュアル(※)を公開しライターの提案を待つ、またはスカウトする
  3. ライターを選定する
  4. ライターによって記事が作成される
  5. 記事に問題がないか確認
  6. 問題がなければ納品、ライターへ報酬の支払い

(※)ライティングマニュアル:

ライティングマニュアルとは、記事のライティングルールを明記したものです。ライティングマニュアルに記載したほうがいい内容は、「想定とするターゲット(ペルソナ像)」「文末表現(です・ます調かで・である調)」「統一表現(数字は全角か半角か)」「NG表現(他社サービスは紹介しない)」などです。この他にも必要であれば情報を追加するようにしましょう。ライティングマニュアルについては、下記記事の中で詳しくご紹介しています。

 

【記事制作を外注したときの費用は?】記事制作にかかる費用から外注先の選び方までご紹介!

 

依頼の単価は10万円以下が中心で、プラットフォーマーに支払う手数料は報酬の20%分が相場です。

まず利用するプラットフォームを決め、アカウント登録します。会社名を隠したアカウントを作成するのも可能なため、依頼するライター以外に記事の外注を知られることはありません。

プラットフォーム内で依頼する方法は、「スカウトする」と「提案を待つ」の2通りです。「スカウト」は、プラットフォームに登録している中から、記事を依頼したいライターを決め、メッセージ機能を使って依頼します。「提案を待つ」は、記事作成の内容や執筆の流れ、報酬を明記し、条件にあったライターの提案を待ちます。

クラウドソーシング型は、ライターを探しやすい、プラットフォーム内での実績は詐称することができない、クライアントの評価はライターのランキングに影響するため、連絡がつかなくなるなどのトラブルになりにくいメリットがあります。

デメリットは、「自らライターを探す方法」と同様のものもありますが、依頼に関する社内での作業が比較的多い点と、社内の記事の企画・編集スキルが必要になる点、そして手数料がかかる面があげられます。

また、クラウドソーシング型サービスは自らライターを探す方法と同じく、プロジェクトの最中にライターと連絡が取れなくなることや納品が期日に間に合わないといったことが稀にあります。納期が近い記事を作成する場合には、注意が必要です。

クラウドソーシング型サービスの活用が向いているのは

「クラウドソーシング型サービスの活用」が「自らライターを探す方法」より良い点は「ライターを確保する作業の簡素化」です。企画・編集のノウハウや、コミュニケーションスキルは、同様に必要です。

クラウドソーシング型サービスの活用が向いているのは、以下の場合です。

  • ライターの報酬額に、20%の手数料を上乗せできる予算がある
  • ライターの管理や、記事のフィードバックの業務が多くても対応できるリソースがある
  • 記事の企画・編集のできるノウハウが社内にある
  • 記事のクオリティはあまりこだわらない
  • 自社で扱う製品・サービスの専門性がそれほど高くない

以上5つのうち、2つ以上当てはまる場合は「クラウドソーシング型サービスの活用」が選択肢に入るでしょう。

ライティング専門型サービスを活用する

記事のライティングだけではなく、企画・編集、ライターへのフィードバックなど、付随する業務もあわせて依頼できるのがライティング専門型サービスです。記事作成のノウハウを蓄積しており、メディア運営の実績も豊富です。社内にスキルやノウハウの蓄積がない場合、メディアの認知向上やSNS対策などの成果にたどりつくことは容易ではありません。

ライティング型専門型サービスは、専門的なノウハウを駆使して、良質な記事を提供します。

メディア運営全体に関わる業務(サイトのSEO対策、テーマ設定、キーワード選定など)も任せることができるため、記事制作のみではなくメディア全体の運営を包括的に依頼するといったことも可能です。

ライティング専門型サービスの活用が向いているのは

ライティング専門型サービスは、ほかの2つの方法に比べると、費用がかかる傾向にあります。ですが、費用対効果で考えると、コストパフォーマンスは群を抜いているといえるでしょう。ライティング専門型サービスの活用が向いているのは以下の場合です。 

  • 記事のクオリティにこだわり、顧客やユーザに良質な情報を届けたい
  • メディアの成果を確実に獲得したい
  • プロのスキル・ノウハウをいかし、競合他社よりレベルの高いメディアにしたい
  • 社内のリソースは、従来の業務分を引き続き確保し、健全な運営をしたい
  • 自社で扱う製品・サービスの専門性が高い

以上5つのうち、ひとつでも譲れない項目があれば、ライティング専門型サービスが選択肢に入るでしょう。

ライティング専門型サービスであれば、他のサービスと比べて”要望を伝えるだけ”で高品質の記事を納品してもらえることができます。自社でかかる工数がほとんどないのに、高品質な記事を納品してもらえることから、十分にコストパフォーマンスがいいといえます。ライティング専門型サービスの費用相場も妥当でしょう。

 

記事作成外注の相場

記事作成の相場は、1記事○円のように単純にはあらわせません。様々な要素が絡み合い、価格が決定するからです。おもに相場を左右する要素を3つ紹介します。

記事の内容によって相場が変わる

誰でも簡単に書ける内容の記事は単価が安く、難しいものは単価が高いということは、なんとなく想像できるのではないでしょうか。ライターの単価は「文字単価」といわれ1文字いくらかで表記されることが多いです。

例えば文字単価1円なら、3,000文字で3,000円です。この文字単価は、記事の難易度によって増減します。具体的には、以下の単価が目安になります。

  • 自分の体験談など調べずに書ける…文字単価0.5円~
  • Webの調査のみで書ける…文字単価0.9円~
  • インタビューや商品レビューなど、Web調査以外の作業がある…1.3円~

これは、一般的な記事を、ライターへの直接依頼やクラウドソーシング(手数料別)で依頼した場合のイメージです。

ライターのスキルによって相場が変わる

もう一つの要素は「ライターのスキル」です。

  • 専門性のある記事が欲しい
  • 難解なテーマをわかりやすく書いて欲しい
  • 独自の見解をいれたオリジナリティのあるものにして欲しい
  • SEOに強い記事を書いて欲しい

以上のような要望がある場合、経験豊富で実績のあるライターへ依頼しなくてはなりません。相場は上記の「一般的な記事」相場の2倍から3倍以上になります。

フォロワー数の多いライターに記名記事を依頼し、フォロワーにシェアしてPVを送って欲しいなどの場合は、さらに単価があがります。

納期によって相場が変わる

記事の納期によって記事の相場が変動することがあります。
納期までの日数が少ないほうが、「一般的な記事」相場よりも高くなる傾向があります。

費用も安くなる傾向があるので、納期にはなるべく余裕を持って記事作成を発注したいですね。

 

記事作成を外注する上で気を付けたいこと

記事作成を外注する上で、注意しなくてはならないことがあります。記事外注そのものにもノウハウが必要なのです。特にこれまで記事外注の実績がない場合は、トラブルにならないよう、以下のことに気を付けて下さい。

記事作成の目的を明確にする

外注する記事の、作成目的はなんでしょうか。たとえば「オウンドメディア」のコンテンツとして使用することが目的でも、もっと具体的にする必要があります。

  • どんな人に読んで欲しいのかターゲット(ペルソナ)を明確にする
  • 記事を読んだ人が、どんなアクションにうつることが望ましいかゴールを決定する(企業や商品の認知度アップ、資料請求をして欲しいなど)

記事作成の目的を明確にし、必ずライターと共有しましょう。

 記事の内容のすり合わせはしっかりと

記事の内容のすり合わせはしっかりと行わないと、トラブルの原因になります。ライターが納品した記事が、意図するものと違った場合、それはライターのミスではなく「意図」を共有できていなかった発注側のミスです。

最初に指示がなかった部分の記事修正依頼は、断られたり、追加料金を請求されたりトラブルの元です。記事作成依頼時に、記事の意図を明確に伝えましょう。

また記事の構成(見出し作成)もライターに依頼する場合は、構成の段階で一度チェックをすると、大幅な記事修正を防ぐことできます。

費用が安ければいいわけではない

「記事作成の相場」は、様々な要素によって変わることを解説してきました。依頼方法の違いや、求める内容・スキルによって、記事単価は数倍から、時には数十倍もの違いがでます。

そうなると、できるだけ安く済ませたいと思う方もいるかもしれませんが、一番重要なのは「記事作成の目的」をその記事で達成できるのかどうかです。「安くて価値のない記事」を量産しても意味がありません。価格設定・予算設定は、目的を達成できるかどうか精査して行いましょう。

外注先の記事作成実績は確認する

記事作成の外注先を決めるときには、制作実績は必ず確認するようにしましょう。
今までの取引企業数や制作本数を確認することも大切ですが、制作記事のジャンルも確認することも必要です。過去に制作経験があるほうが、そのジャンルに詳しいライターがいる可能性も高いため、安心して記事作成を依頼することができます。

また、過去の制作記事を読みライターのレベルを確認することも重要です。せっかく記事作成を外注したのに、修正部分が多すぎるため、社内で記事修正にかける時間が増えてしまっては本末転倒です。記事作成を依頼する前に、過去の制作記事を共有してもらうようにしましょう。
その際に、誤字脱字はないかや接続詞に違和感がないかなど、ライティングの基本スキルに加えてSEO対策を意識した記事作成が行われているか確認してください。
記事作成におけるSEO対策は、下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

記事作成でできるSEO対策とは|記事の外注も検討すべき?

おすすめは『ライティング専門型』

もし、成果が得られる記事を作成したいとお考えなら、ライティング専門型サービス」がおすすめです。記事作成で成果を得るためには、「クオリティの高い記事」を「継続的」に「一定の本数」作成することが第一条件です。「ライティング専門型」ならその条件をすべて満たすことができます。

さらに、どんなテーマでサイトに統一感を出すか、ターゲットに読んでもらうためにはどんなキーワードがよいかなど、ライティング以外のさまざまな業務をあわせて依頼できるので、効果を得やすいです。

「オウンドメディア」がこれだけ盛んなのは、ほかのマーケティング施策よりも安価に成果が出るからです。ライターへの直接依頼やクラウドソーシングでの依頼に比べると、一見「ライティング専門型」は高く感じるかもしれませんが、そこから得られる成果を考えると、非常にコストパフォーマンスがよいマーケティング施策といえます。

ライティング専門型サービスの選び方

ライティング専門型サービスをおすすめする理由はお分かりいただけたかと思いますが、いざ実際にサービスを利用しようと考えたとき、どのサービスに依頼すべきか迷ってしまう方が多いと思います。そんな方のために、ライティング専門型サービスの選び方をご紹介します。

ライティング専門型サービスを選ぶときに、注目したほうがいいポイントは下記の通りです。

  1. 記事作成実績
  2. 得意としているジャンル

まず1つ目のポイントは、記事作成実績を確認することです。
記事作成実績を確認することで、どれだけサービスが利用されているかがわかります。記事作成実績が豊富であるほど安心感があります。しかし、記事制作実績だけ確認するはNGです。記事作成実績とあわせて、サービスが得意としているジャンルを確認するようにしてください。例えば、BtoB商材とCtoC商材のどちらを得意としているのか、専門性の高い商材の記事作成を得意としているのかなどです。

上記の2つは必ず確認することをおすすめします。このほかにも、価格やサービスのサポート内容などを比較し、選ぶようにしてください。

おすすめのライティング専門型サービスは?

おすすめのライティング専門型サービスを2つご紹介します。ぜひ、サービス選びの参考にしてみてください。

記事作成代行ドットコム

まずおすすめのライティング専門型サービスは「記事作成代行ドットコム」です。

記事作成代行ドットコムでは専属のライターに対し、専用のマニュアルを用意して情報漏えい対策・契約違反対策などの教育を徹底しています。情報漏えいが不安という方にはおすすめです。また、ライターそれぞれの得意ジャンルを把握しているため、商材にあったライターを選出してくれます。

記事作成代行ドットコムは、専門性の高い商材を扱う企業におすすめのライティング専門型サービスです。さまざまなジャンルを得意とするライターを保有しているため、自社の製品・サービスを得意とするライターを選定してくれます。

また、ニーズに合わせたさまざまなプランを提供してくれるため、コストの心配もなく利用することができます。

ジャックアンドビーンズ

ライティング専門型サービスで1番おすすめなのが、「ジャックアンドビーンズ」の記事制作サービスです。
ジャックアンドビーンズでは、500社以上のリスティング広告運用ノウハウを活用しながら記事制作を行っています。さらに、ライティング専門型サービスですが徹底的に無駄な工数やコストを削減し、価格を抑えたライティングを行っています。さらに、さまざまなプランを用意しているため、予算に応じた記事作成を提案することが可能です。

 

ここで、ジャックアンドビーンズが記事制作を行ったサイトの成長例をご紹介します。

<BtoB企業向けITツールを扱うA社>
A社ではさらなるリード獲得のために、コンテンツマーケティングを開始しました。
A社ではサイトを保有していなかった状態であったため、サイトの構築部分までジャックアンドビーンズが携わり、サイトの運用が開始します。
サイト運用開始時点で記事20本、その後も毎月10本ずつ公開し徐々にコンテンツを増やしていくことで、サイト運用開始から約半年で月数件のコンバージョンを獲得できるようになりました。さらに、その後も毎月10本ずつ記事を公開することで、現在では月十数件のコンバージョンを獲得できています。

<toC向けサービスを提供するB社>
B社では、提供するサービスに関する情報を発信しつつ、リードを獲得するためにメディアの運営を開始しました。
B社でも自社でメディアを保有していなかったため、構築の部分までジャックアンドビーンズが携わりました。
B社のメディアでは、毎月20本ずつ記事を公開することでメディア内でさまざまな情報を網羅することができ、現在ではメディアを通して多種多様のお問い合わせを獲得できています。
セッション数も、メディア運用開始8カ月ほどで約3倍以上に成長しています。

<BtoB企業向けITツールを扱うC社>
現在、ジャックアンドビーンズではC社メディアのさらなる成長を目指すため、既存記事への追記(※)を行っています。
既存記事への追記を行うことで、情報の網羅性が上がることや、情報を更新できるという点で掲載順位の向上を期待できます。
こちらの例のように、ジャックアンドビーンズでは新規記事作成だけでなく、既存記事への追記文作成も行っています。

(※)既存記事に足りない情報を追加すること。

上記であげた3つの例からわかるように、品質の高い記事をコツコツと公開することで成果につながるのが、コンテンツマーケティングの特徴です。

 

ジャックアンドビーンズでは、上記の事例以外にも多数のメディア成長実績をあげています。

さらに今なら、記事作成1本無料キャンペーン中です!「ジャックアンドビーンズ」の記事作成サービスが気になった方はぜひ下記フォームかサービスサイトよりお問い合わせください。

ジャックアンドビーンズへのお問い合わせはこちら

まとめ

本稿では、記事作成サービスの費用相場を中心にご紹介しました。相場といっても、記事作成費用はサービスによって大きく異なりますし、色々な要素があいまって決まるため、実際に記事作成サービスに問い合わせて見積もりを出してもらうことをおすすめします。

費用相場だけでなく記事作成は、どこにどのように依頼するかで、成果も大きく変わります。「SEO対策をして検索順位をあげたい」「新規顧客増加につなげたい」などの目にみえる成果を獲得できるよう、ぜひライティング専門型サービスに記事を外注して、結果を出して下さい。

そして、ライティング専門型サービスに依頼するなら、徹底的に無駄な工数やコストを削減することで価格の抑えたライティングを行っているジャックアンドビーンズ』がおすすめです。ご興味がある方は、ぜひお問い合わせしてみてください。


記事制作カテゴリの最新記事